アルトロンガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルトロンガンダム
外国語表記 Altron Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦F完結編
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
異名 ナタク
分類 特殊作戦用モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 XXXG-01S2
頭頂高 16.4m
重量 7.5t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル
ファイティングアビリティ
レベル170
ウエポンズアビリティ
レベル140
スピードアビリティ
レベル130
パワーアビリティ
レベル140
アーマードアビリティ
レベル120
原型機 シェンロンガンダム
改修 老師O
ドクターJ
プロフェッサーG
ドクトルS
H教授
パイロット 張五飛
テンプレートを表示

アルトロンガンダムは『新機動戦記ガンダムW』の登場メカ。

概要[編集 | ソースを編集]

五飛OZを利用するためにワザと捕獲され、同様に捕虜になっていたガンダム開発者チームの手で損傷中のシェンロンガンダムを改修させた機体。

地上用のシェンロンを宇宙での戦闘に対応させたことで空間戦闘能力が強化され、背部にはランダムバインダー、両足にはサブスラスターが追加された。機体色も青の部分が緑に変更。

武装面に関しては、主武装のドラゴンハングが両腕に装備され、従来以上の延長が可能となった。ビームグレイブもツインビームトライデントに変更。短所だった射撃面も改善され、空間戦と対ガンダニュウム機戦を想定して、遠距離火力を向上させるために背面に2連装ビームキャノンが装備された。

改良前のシェンロンガンダムと同様の汎用性はそのままに、特に格闘性能はウイングガンダムゼロに対しても優位に立てるほど強化されている。ウイングゼロに搭乗して対決したゼクスも当初は格闘戦でアルトロンに勝利するつもりでいたが、その性能を目の当たりにして「これ(ツインバスターライフル)に頼らなければ勝利はない」と評し、EWにおいてもヒイロが五飛と対決した際はツインバスターライフルを使おうとしなかったため、ゼロシステムからツインバスターライフルの使用を指示されている。

尚、アルトロンとは「双頭龍」を指す。ただし、「双」は中国語で「アル」とは発音しない(発音通りに書くならば「二頭龍」となる)。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

原作での影響もあり自軍に参入するのは中盤から後半である。『D』では珍しく序盤から使用可能。

旧シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦F完結編
初参戦作品。どのルートを通っても必ず自軍に参加する。ただし加入が最終面の間際であり、倉庫の肥やしが定位置。五飛必中集中を持ち、もっと早く仲間になっていれば、こうはならなかったかもしれない。バグか仕様か不明だが、五飛以外のパイロットが本機に乗り換えると五飛は乗り換えが不可能で、二度とパイロットとして使用できなくなるので注意。

αシリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦α
中盤で一時的に運用できるが、やはりアルトロンガンダムカスタムへの強化後が本番。シェンロンガンダムの頃と同様の移動力:5がネック。なお、カスタムと本機は別機体だが、五飛からは「こいつ(カスタム)にもナタクが宿っている」の一言で乗り換えられてしまい、以後αシリーズでは二度と登場しない。あっさり捨てられた形になった妹蘭が可哀想である。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版と同じく移動力:5が痛い。ブースター系は必須。

Zシリーズ[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
『D』以来の久々の参戦。中盤、シェンロンガンダムからパワーアップし本機になる。シェンロンに比べ、全体的に能力が向上し、火炎放射がビームキャノンに代わっている。火炎放射自体はドラゴンハングのアニメーションに組み込まれている。

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦D
本作は初めて序盤から自軍に参戦する。HPがUC系MS並みなので従来のような硬さはない。また、ビームキャノンがオミットされ、ドラゴンハングがENを消費し、移動後に使えないという下方修正が入った。突撃持ちのゼクスを乗せる手もある。基本的にはツインビームトライデントが主力武器となる。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦64
中盤に加入。この状態でもそこそこ戦えるが、本格的に運用するなら機体をフル改造してアルトロンカスタムにランクアップさせたい。

関連作品[編集 | ソースを編集]

スーパーヒーロー作戦
ゲーム後半における五飛の戦闘時の姿。仲間になるのは本機に乗り換えてからとなる。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

ドラゴンハング
龍の頭部の様な形状の打突武器。右腕一本から両腕に強化されている。また、ただでさえ伸びていた腕が更に延長された。
旧シリーズより、P属性有射程の兵装。『第2次Z』ではクリティカル率が非常に高くなっている。
バルカン
頭部に二門内蔵された近距離戦用の機関砲。
火炎放射 / ドラゴンファイヤー
両腕のドラゴンハング脇から、モビルスーツを融解させる高熱の火炎を放つ。
旧シリーズでは、シェンロン同様に無消費で高威力なドラゴンハングを持つため、EN消費型で射程の短い本兵装は無用の兵装だった。『第2次Z』では武器としてではなく、ドラゴンハングのアニメーションに組み込まれている。
ビームキャノン
背部に設置された二連装ビームキャノン。龍の尾のようなフレキシブルアームを前方に向けて発射する。不得意だった遠距離を克服している。ヴァイエイトのビームキャノンの技術が応用されている。
『D』では使用不能。
シェンロンシールド
ガンダニュウム合金製の小型シールド。左腕もドラゴンハングになったため左肩に装着している。アルトロンになってもシールドはシェンロンと同形状のままである。
ツインビームトライデント
両柄に三刃のビーム刃を形成するトライデントを装備。メリクリウスのクラッシュシールドの技術を流用している。シェンロンのビームグレイブと違って、使わない時は物理的にありえないほど縮んで背中の翼にくっつけている。劇中ではこれをぐるぐる回す姿がよく見られる。指先だけで回しているか、手首が回転しているのかは不明。
旧シリーズでは使用されることはほぼ無い。

特殊能力[編集 | ソースを編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動する。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

サイズ[編集 | ソースを編集]

M

カスタムボーナス[編集 | ソースを編集]

『ドラゴンハング』の射程+2
第2次Z再世篇

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「RHYTHM EMOTION」
後期オープニングテーマ。『α(DC)』『D』『第2次Z再世篇』に於ける選曲。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

ビルゴ
デスサイズヘルと組んでの初戦闘。それまで、その戦闘力と数の暴力で視聴者に絶望を与えたであろうビルゴを相手に、未完成ながらも無双とも言うべき戦い振りを披露して殲滅した。
ウイングガンダムゼロ
ゼクス駆るウイングゼロを接近戦で優位に持ち込む。最終的にゼクスがゼロシステムに翻弄されてしまう。
トールギスII
アルトロンの背部ビームキャノンを難なくかわされ、ツイン・ビームトライデントとビーム・サーベルでの接近戦が繰り広げられる。最後は、トールギスIIの一刀をアルトロンがかわし、それと同時にトライデントのビームの刃がトールギスIIの胴体を貫き勝負がついた。

関連機体[編集 | ソースを編集]

ウイングガンダムゼロ
全ての「ガンダム」の母体となった機体。

商品情報[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]