プレイステーション

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

1994年12月3日にソニー・コンピュータエンタテインメント(現SCEI)が発売した、ソニー初のコンシューマー用据え置き型ゲーム機。略称は『PS』『プレステ』で、公式な略称は前者である。本稿でも略称はPSと記載する。また後継機のプレイステーション2との差別化から『PS1』と呼ばれる事もある。

概要[編集]

CMを効果的に使った巧みな広告戦略や、敷居の低い開発環境の提供、豊富なソフト(これは80年代のビデオ市場に於いて、ソニーのベータがVHSにしてやられた戦略である)などが功を奏し、任天堂に代わり据え置き型ハードにおける国民機としての地位を確立した。また、ゲーム畑ではないメーカーが家庭用ゲーム機の主流の座を勝ち取った初めての例でもある(過去にも家電メーカーがゲーム機をリリースしているが、主流にまでは至らなかった)。

プレイステーションの名称は、元々はソニーと任天堂が共同開発を進めていたスーパーファミコンのCD-ROMドライブ(開発中止に終わる)を搭載したSFC互換機の名称でもあった。

ゲームソフトの供給媒体はCD-ROM XAを採用。裏面が黒く塗られている。外部記憶媒体は、全15ブロックに保存領域が分けられたメモリーカード(128KB)。3Dポリゴンの描画に特化したハードで、スプライト描画機能を持たず2Dは苦手とされているが、後にある程度の改善が見られるようになった。

第5世代に当たる据え置き型ハードで、PS・セガサターン(SS)・NINTENDO64(N64)の三機種の中では唯一、電話回線接続型インターネット接続システムが存在していない。ただし、携帯電話と接続するタイプの通信システムはある。

スパロボがスーパーファミコンから次世代機に移行する際、最初にスパロボ作品が発売されたハードで、同時にシリーズ初のディスクメディア(CD-ROM)対応が成された。この移行によりROMが大容量化され、戦闘アニメにおけるキャラクターボイスが採用されている。初期の作品ではディスクメディアハードの特性に加え、開発のノウハウが不足していたためか、戦闘開始時のロード時間や、メモリーカードへのセーブ時間が極端に長く、この頃のシリーズからプレイのテンポが指摘されるようになった。開発サイドも気を使ったらしくインタビューにおいて、ロード時間をいかに短縮するかに苦労していることを語っていた。また同時期にセガサターンで発売された『F』が移植される際には音源とドライバの仕様の違いにより、「音質が劣化している」「アレンジが酷い」といった不満もプレイヤーからは挙がっている。

シリーズ最大のヒットとなった『α』が生まれ、開発がウィンキーソフトからバンプレストに移った事でシステム、難易度、戦闘アニメのオン・オフなどシリーズが大きな変化を迎えたのもこのハードである。

バリエーション[編集]

PSone
低価格化及び小型化されたPS。別売の専用液晶ディスプレイを本体に直接装着して、省スペースでゲームを楽しむことができる。発売されたのはPS2発売後であった。ちなみにPS2に搭載されたプレイステーションの機能をワンチップ化したものを組み込んだ仕様ではなく、プレイステーションの最終モデルSCPH-9000をベースとした設計となっている。

周辺機器[編集]

ポケットステーション
メモリーカードに簡易携帯ゲームとしての機能が追加されたもの。一般の略称はポケステ。対応PSソフトでは、PS本体にポケステを接続してソフト起動中に専用ゲームをダウンロードしたり、そのゲームプレイの内容を本体に読み込ませることができる。スパロボでは、『スーパーロボット大戦α』がポケステ用ミニゲームに対応している。なおポケステ用ゲームを遊ぶにはコイン型リチウム電池が1個必要だが、電池切れが非常に早いのが難点だった(ただし電池が切れてもダウンロードしたゲームやセーブデータは保存されている)。

互換性を持つ後継機[編集]

プレイステーション2
PSの後継機で、PSのゲームも遊ぶことができる。メモリーカードの読み込みにはPS用のものが必要(PS2用メモリーカードでは、システム画面からのデータコピーしかできない)。なおPSソフトの読み込みの高速化やテクスチャ補完機能が搭載されているが、これらの機能は動作の保証外。
プレイステーション3
PS2の後継機。初期型はPSとPS2両方との互換性を持っていたが、現在発売されている機種はPS互換のみとなっている。また、PSNのゲームアーカイブスによってPSのゲームをダウンロード購入可能で、現在ではスパロボシリーズもラインナップに入っている。

関連機種[編集]

プレイステーション・ポータブル
ソニー初の携帯型ゲーム機。PSのCD-ROMは物理的に直接起動できないが、PS3同様にPSNへ対応しているためPSソフトのゲームアーカイブスが利用可能。
プレイステーション4
PS3の後継機。PSとの互換性はないが、2017年現在もスパロボシリーズのタイトルは発売されている。

商品情報[編集]

歴代家庭用ハード中でもかなり多くのスパロボシリーズやその関連作品が発売された。ただし全体で見ると移植作品の比率が高い。『スーパーロボット大戦α』は、後にセガ系ハードのドリームキャストへ『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』として移植された。

(GA)表記は、PS3やPSPのゲームアーカイブスでダウンロード購入可能な作品を表している。

関連作品[編集]

資料リンク[編集]