プレイステーション・ポータブル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

プレイステーション・ポータブルは、2004年12月12日にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)が発売した携帯型ゲーム機。略称はPSPで、特に断りがない場合「PSP」とは本ハードウェアを指しており、本項もそれに倣う。

概要

ソニーグループおよびSCEIが初めて発売した携帯ゲーム機で第6世代に相当する。ゲームだけでなく動画鑑賞・テキストファイル閲覧・音楽再生・ワンセグ放送視聴・Wi-Fi接続・ブラウザによるweb閲覧などが可能なマルチメディア機で、海外ではメディアプレーヤーとして人気を博した。

ソフト供給用メディアとして、「UMD(ユニバーサル・メディア・ディスク)」と呼ばれる独自規格の光ディスクを採用しており、携帯機ながらギガバイト単位のデータを扱うことが出来る。容量は片面2層式で1枚あたり1.8GB。演算・描画性能などはPS1を大きく上回りPS2に匹敵するが、メディアの容量だけは劣っている。UMDはゲーム以外にも映像ソフト・音楽ソフトのリリースも行われたが、既に普及していたDVDとの競合や低価格・大容量化するフラッシュメモリ型ストレージメディアとそれに対応したメディアプレーヤーの台頭もあり、デファクト・スタンダード化には至らなかった。画面解像度が480x272(4.3インチ)と2004年発売の携帯ゲーム機としては格段に高く、アスペクト比が16:9となっているため、後年発売される多くのゲームや映像媒体との親和性が高い。液晶はSHARP製ワイドスクリーンASV液晶を採用している。

ゲーム以外の用途に幅広く対応させる目的もあり、データ保存用ストレージにはこちらもソニーの専用規格で同社製のデジタルカメラや音楽プレーヤー等にも使用される「メモリースティック Duo/メモリースティック PRO Duo/M2」を採用。一部のゲームはメモリースティックにデータをインストールすることでディスクメディアの弱点である読み込み速度を向上させる「データインストール機能」に対応しており、スパロボシリーズにおいては『第2次Z破界篇/再世篇』と『魔装機神I&II』がこれに対応している。

2014年6月をもって出荷を完了し、後継機であるプレイステーション・ヴィータへ移行された。また2016年をもってPS Storeでのサービス終了が行われ、更に2021年7月をもって、PS Store内での検索やゲーム内購入も終了した(過去購入商品については、再ダウンロードは可能)。

スパロボシリーズではZシリーズ本編が2作発売されたほか、移植やリメイク作品、アーカイブス対応作品が発売されている。

システムソフトウェア

PSPは「システムソフトウェア」と呼ばれる本体制御用のファームウェアをネットワークもしくはUMD経由でアップデートすることが可能で、これによりシステム面の新規追加や不具合の修正を行うことができる。最終バージョンは6.61(2015年1月15日提供開始)。

機種

PSP-1000
ファーストモデル。2004年12月発売。メモリ容量など若干性能が後続機に劣る。
PSP-2000
2007年9月発売。大幅に軽量化し(280g→189g)、小型化したセカンドモデル。メインメモリが64MBと2倍になった。またD端子接続ケーブルによってTVやモニタへの画面の外部出力が可能。
PSP-3000
2008年10月発売。基本仕様は2000と同一。マイクを内蔵し、液晶画面を高性能化したサードモデル。

PSP go

PSP-N1000
2009年11月発売。UMDドライブを廃し、16GBの内蔵メモリを搭載したDL専用機。画面がやや小さくなったことと、UMDが使用できない点以外は3000とほぼ同じ。

次世代型携帯機

プレイステーション・ヴィータ((PSV)
2011年12月17日発売。ソニー系ゲームハード及びプレイステーションシリーズとして初めて、ソフト媒体に専用カートリッジ(フラッシュカード)を採用。このため、従来のPSPソフトの使用は物理的にできなくなっている。一応、内蔵エミュレータによってダウンロード版PSPソフトのプレイはできるが、対応するのは「PS Vita互換」のソフトのみとなっている。
スパロボではDL版『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD』が初のPSV互換タイトルとなった。

商品情報 

スーパーロボット大戦シリーズ 

UMD

ダウンロード

PSP専用
ゲームアーカイブス

参戦作品

サクラ大戦
『1』と『2』のカップリング移植が発売。

スパロボ関連の周辺機器

資料リンク