ガンダムサンドロック

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムサンドロック
外国語表記 Gundam Sandrock
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 大河原邦男
初登場SRW スーパーロボット大戦F
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 特殊作戦用モビルスーツ
生産形態 ワンオフ機
型式番号 XXXG-01SR
頭頂高 16.5 m
重量 7.5 t
装甲材質 ガンダニュウム合金
アビリティレベル
ファイティングアビリティ
レベル120
ウエポンズアビリティ
レベル120
スピードアビリティ
レベル110
パワーアビリティ
レベル150
アーマードアビリティ
レベル160
開発者 H教授
パイロット カトル・ラバーバ・ウィナー
テンプレートを表示

ガンダムサンドロックは『新機動戦記ガンダムW』の登場メカ

概要[編集]

オペレーション・メテオによって地球に降下した5機のガンダムの1機。OZ側のコードネームは「ガンダム04」。パイロットはカトル・ラバーバ・ウィナー

L4コロニーのH教授が開発。アラブ系を反映したデザインで機体色は白と黒を基調としている。重装甲と高出力を兼ね備え、砂漠での運用を想定した局地戦型のMSで高いサバイバビリティを有する。単機での運用が多い他のガンダムと違ってマグアナックとの連携を想定している為、指揮官機として高い索敵・分析処理能力を持っている。なお、本機にはビーム兵器は標準装備されてない。

戦闘での基本スタイルは、高出力で実体剣二刀流を奮い、重装甲による防御力の高さも活かしての格闘戦。これはパイロットが敵部隊と遭遇した際に降伏勧告を行うため、あえて身を晒すことも兼ねている。

劇中での様相[編集]

ガンダムパイロットが宇宙へ撤退する際に打ち上げの時間を稼ぎ、敵の攻撃を阻止する為、カトル自身の手によって自爆させられた。カトルはこの機体に並々ならぬ愛情を注いでいたため、自爆させた時は涙を流していた。この自爆の際にコックピットハッチが開き、自動で敵を追尾する演出が劇中に見られるが、これはH教授が事前に施した措置であり、後のモビルドールの先進的なシステムと言える。後に爆破した本機はOZの手により修理され、サリィ・ポォの仲介によってマグアナック隊に引き渡される事となり、カトルはサンドロックと再会を果たすことになる。

本来は宇宙戦闘を想定した設計ではないが、カトル自身の高い技量によって一応可能。コロニーを巻き込む形でホワイトファングと戦闘を行おうとするOZのデルマイユ派に対し、単独で戦いを挑み撃破した事もある。

後に、ハワードによって空間戦闘用のガンダムサンドロック改に改修された。

EW版[編集]

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の世界観における本機の役割の機体として、カトキハジメ氏によってデザインされた。漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』(SRW未参戦)に登場する以前は「アーリータイプ」「Ver.Ka」と呼ばれていた。SRWには未登場。

基本的なコンセプトや性能に変更はないが、外見はサンドロック改(EW版)とほぼ同デザインなので、かなりスマートになっている。機体色は他の機体と同様にTV版のような色(サンドロックの場合は白を基調したもの)となっている。武装はバルカン、ヒートショーテル、クロスクラッシャーシールド。『敗者たちの栄光』では「アルマディロ装備」と呼ばれる高高度跳躍用ブースターを内蔵した増加装甲で、両肩にシールド、バックパックにはブースターが増設されている新装備が登場している。

登場作品と操縦者[編集]

序盤は敵として登場して味方ユニットして使用できる期間はごく短く、ほとんど使用できないままサンドロック改に改修されてしまうことがほとんど。一方で、第2次Z破界篇では本機のまま最後まで運用することになる。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
初登場作品。敵中立として登場する。今回W系ガンダム5機の装甲は同値にされてしまい、重装甲設定が全く活かされていない。
また、最強武器のクロスクラッシャーが射程:1飛び道具のため、空中ユニットでも迂闊に接近されないようにしたい(同様にバスターシールド偏重のガンダムデスサイズの方が圧倒的に厄介だが)。
スーパーロボット大戦F完結編
隠し要素アムロ・レイまたはカミーユ・ビダン説得することで味方に加わる。また、カトル自爆イベントがある。
移動力運動性共に低く、武装も他のW系の機体と比べても貧相で戦力としては考えるのは難しい。他のW系同様、中盤で離脱する。
なお、カトルを仲間に加えなかった場合、「ソラと大地のケモノ」にて原作同様の自爆イベントが用意されている。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
はじめは敵として登場する。使える期間はごくわずか。クロスクラッシャーを強化したいとこだが、なくなってしまう武器なので改造するならヒートショーテルにしよう。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版では、低威力だったヒートショーテルの攻撃力が一気に上昇し、本機の最も高威力の武器となった。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
久々に改修前のサンドロックの参戦。装甲は高いが、決め手に欠ける点は原作と同様。今回は「改」でなくとも宇宙で行動可能。
旧シリーズにあったシールドフラッシュはなくなっている。最も威力のあるクロスクラッシャーは、原作ではエアリーズに使用していたにも関わらず空B。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
序盤から参戦し、援護防御役として役立つ。ただし、カトルが序盤必中を覚えないため、小さい相手に攻撃が当て辛い。中盤にサンドロック改にパワーアップする。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
今回クロスクラッシャーが格闘武器になった。…が、の敵を攻撃できること以外は完全にヒートショーテル以下の性能。装甲も相変わらず他のW系ガンダムと同値。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
カトルが乗り中ボスとして登場し、やがて味方となる。カトルが味方になった後も本機に乗っている珍しい作品。
彼が一時離脱し、再加入した際には「改」になっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

バルカン
頭部に二門内蔵された近距離戦用の機関砲。
ミサイル
胸部上肩側に二発装備されたホーミングミサイル。弾薬の必要な遠距離武器を削った中で最低限装備されている対空武装。
クロスクラッシャーシールド
シールドフラッシュ機能を持つ実体盾。表面のデザインはコブラの意匠(目の部分にフラッシュ機能を内蔵)である。通常時は左腕に装着。バックパックにマウント可能。
シールドフラッシュ
シールドに描かれたコブラの目の部分にある発光器から閃光を発する。
この装備自体に攻撃力はなく原作では撤退時に使われた程度だが、『F』/『F完結編』では発光による目くらましの後、タックルするところまで含めて本武装として扱われている。
ヒートショーテル
高熱化することで威力を高める二振りの重曲刀。重量と熱溶断で斬る仕組みなので投擲武器として使用することも可能。バックパックにマウント可能。
SRWでは赤熱化している事が多いが、劇中ではEW含め赤熱化しているのはショーテルを投げた時のみである。

合体武器[編集]

クロスクラッシャー
バックパックとヒートショーテルとシールドを合体させた武器。
見た目はクワガタムシの大顎の様な物で、(腕に付けたまま)飛びかかり、刃で相手を挟み込んで(挟み込む仕掛け自体はバックパック側にある)バーニアの加速度も加えて攻撃する。
バックパックが推進器としては使えなくなるため扱い難い武装だが、唯一の使用例ではエアリーズを破壊してみせた。そのためかSRWではミサイルのような飛び道具扱いされるケースが多い。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

装甲値+300
第2次Z

機体BGM[編集]

「JUST COMMUNICATION」
前期オープニングテーマ。『α』に於ける選曲。

対決・名場面[編集]

ガンダムヘビーアームズ
地上でトロワヘビーアームズと激突。劇中最初のガンダム対決であったが、カトルが自身の身をさらけ出したことにより、トロワも戦闘を中断する。
宇宙へ
デュオ五飛と共に宇宙に上がろうとした時、カトルは二人だけでも行かせようと自爆しようとする。だが、その時勝手にコックピットのハッチが開いた。まるで愛機が主人を逃がそうとするかのように…。
なお、小説版EW』にて、「実はH教授はカトルに知らせずに『サンドロックの自爆装置が作動すると、コックピットが開いて(かつシールドでコクピットを防御する)パイロットを脱出させ、自動で敵の下へ向かってから爆発する』というモビルドールの原型的なシステムが組み込んでいた」ことが明らかになっている。

関連機体[編集]

ガンダムサンドロック改 / ガンダムサンドロック改(EW)
本機の空間戦用改修機。
ウイングガンダムガンダムデスサイズガンダムヘビーアームズシェンロンガンダム
兄弟機。
ウイングガンダムゼロ / ウイングガンダムゼロ(EW)
全ての「ガンダム」の母体となった機体。
シェヘラザード
小説『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』(SRW未参戦)に登場。接近戦に特化している本機の系列機。
「ジャンビーア」と呼ばれているアラビア風の短剣が装備されており、「シャムシール」という長い新月刀も装備されるはずだが、ソフトウェアの誤作動で持たせることが出来ないとの事。パイロットはトロワ・フォボス。

余談[編集]

  • ショーテルとはエチオピア発祥の刀剣であり、その独特の形に湾曲した刀身は盾を持つ敵と戦う事を想定してのものである。すなわち、「敵が構えた盾を迂回して剣先で横殴りに斬り付けて攻撃する」のであるが、相手の方も特にシールドを用いてガードする場面は無かったりする(ショーテルの固有特性によって虚を突かれ損傷するような場面もない)。劇中では内側で斬る事が多いが円弧の方で斬る事もあるので両刃である事が確認出来る。EW版の改だと常に円弧側で斬ってる為、たまにこちらのアニメーションで内側を使うと原作と違って正しい使い方をしていると言われる事があるが、こちらの方が再現的には合っており、厳密にはどちら向きで斬っても構わない武装である。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]