ガイメレフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガイメレフ(Guymelef)とは、『天空のエスカフローネ』に登場する兵器。

概要[編集]

惑星ガイアの機動兵器。動力源はエナジスト

パイロットが操演宮(そうえんきゅう)と呼ばれるコクピットに固定される形で乗り込み、自分の体の動作で連動させて動かす形で操縦する為、ある種のパワードスーツとも言える(他作品だとモビルトレースシステムに近いか)。

元々は退治の為に作られた「メレフ」であったが、現在は兵器として軍事利用されている。そしてその上位機種として作られたのがガイメレフである。

ガイメレフは通常のメレフに比べて2倍以上の大きさを誇り、エナジストを複数搭載している。職人による手作業で生産される為、その製作には数十年から百年前後かかる。

スパロボに登場したガイメレフ[編集]

エスカフローネ
飛竜形態に変形可能。
シェラザード
アルセイデス
ディランドゥ専用機の他、一般用とその飛行形態も登場。
オレアデス
一般用とその飛行形態が登場。
テイリング
エリヤ機とナリア機が登場。
ファーネリアガイメレフ
COMPACT3』ではガイメレフ表記だが、ファーネリア王国のガイメレフはエスカフローネ一体のみなので、正確にはメレフに分類される機体である。