ガイメレフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガイメレフ(Guymelef)とは、『天空のエスカフローネ』に登場する兵器。

概要[編集]

惑星ガイアの機動兵器。動力源はエナジスト

パイロットが操演宮(そうえんきゅう)と呼ばれるコクピットに固定される形で乗り込み、自分の体の動作で連動させて動かす形で操縦する為、ある種のパワードスーツとも言える(他作品だとモビルトレースシステムに近いか)。

元々は退治の為に作られた「メレフ」であったが、現在は兵器として軍事利用されている。そしてその上位機種として作られたのがガイメレフである。

ガイメレフは通常のメレフに比べて2倍以上の大きさを誇り、エナジストを複数搭載している。職人による手作業で生産される為、その製作には数十年から百年前後かかる。

なお、パイロットの視界は操演宮からの僅かな隙間のみで、背後を目視することは出来ない。これについては監督曰く、ガイメレフは一流の騎士にのみ与えられるのを許されるものであるため「気配で感じ取るんです!」と説明していた。

スパロボに登場したガイメレフ[編集]

エスカフローネ
ファーネリア王家に代々受け継がれてきたガイメレフ。飛竜形態に変形可能。
シェラザード
アストリア王国のロイヤルガード「天空の12騎士」に代々与えられてきたガイメレフ。 軽量でオーソドックスな機体。
アルセイデス
ザイバッハ帝国の主力ガイメレフ。ガイアにおいて初めて大量生産に成功した。
オレアデス
アルセイデスの発展型。
テイリング
エリヤナリアの専用機体。
ファーネリアガイメレフ
COMPACT3』ではガイメレフ表記だが、ファーネリア王国のガイメレフはエスカフローネ一体のみなので、正確にはメレフに分類される機体である。