エスカフローネ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
エスカフローネ
外国語表記 Escaflowne
登場作品 天空のエスカフローネ
デザイン 山根公利
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT3
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ガイメレフ
全長 8.2コースタ(1コースタ=0.987m)
重量 7.5ペーゾ(1ペーゾ=1.014t)
動力 ドラグエナジスト
開発 イスパーノ一族
パイロット バァン・ファーネル
テンプレートを表示

エスカフローネは『天空のエスカフローネ』の登場メカ

概要[編集]

ファーネリア王家に代々受け継がれてきたガイメレフ。ファーネリア王の専用機体として、巨大な竜や他国の侵略から国を守ってきた守護神である。

アトランティスの技術を有する「イスパーノ一族」が約150年の歳月をかけて作り上げた機体。飛竜形態に変形することで、飛行する事も可能。こちらの状態になるとマントが竜の翼に変化する。この形態の時にはコクピットはなく、バァンは手綱を持って竜の背に乗るという形になる。

ドラグエナジスト」と呼ばれる希少な鉱石を動力源としており、これと「血の契約」をしなければ操縦することができない。作中では、若き王位継承者バァンが「血の契約」を結び、操縦者となった。

その性質上、生身の戦闘能力が要求される機体であり、また搭乗者には機体の負ったダメージが伝わるように出来ている。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT3
初登場作品。射撃武器は一切持たないが、射程の長い格闘武器が揃っており、全ての武器がP属性(このため、バァンが覚える突撃は完全に無駄になってしまっている)。格闘重視、高CT率、高攻撃力と攻撃面では万全。しかし防御面はというと、機体能力はサイズS、高運動性なのだが、バァンの回避力が思ったほど高くない為、運動性をかなり改造しないと避けられない。一方飛竜形態は飛行可能になり、移動力が高くなるため移動時に使用される。しかし、武器性能が下がるため戦闘には向かない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2019年3月のイベント「約束のツバサ」の報酬ユニット。SSRディフェンダー。
コクピットの気密性がなく、飛竜形態ではバァンが剥き出しになる構造になっているのだが、今作ではC止まりとはいえ、宇宙適性持ちである。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

唯一の武装。
『COMPACT3』では斬り方などで差別化されたものが武装として登録されている。また、全ての武装がCT率+25%以上という点は見逃せない。
『X-Ω』では通常攻撃で使用。

[編集]

突き
本機の武装で威力は最も低いが、命中率が高く射程が最も長い。しかし飛竜形態となると射程1しかないのがネック。
斬り
突きより威力が高いが射程で劣る。
必殺斬り
必要気力120。EN消費型。射程1しかないがCT率、威力共に高い。
高速形態突撃
飛竜形態の攻撃でEN消費型。P属性で射程1-2だが、威力の割りに消費ENが大きく、命中率-20%とやや使いにくい。
剣(乱舞)
『X-Ω』での必殺スキル。目の前一体への連続攻撃を行う。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。ただし、バァンが自力で防御を修得しないため、切り払いを有効にしたい場合は養成で付加する必要がある。
変形
飛竜形態へ変形。

移動タイプ[編集]

飛竜形態時のみ飛行可能。

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「約束はいらない」

商品情報[編集]