ロームフェラ財団

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ロームフェラ財団(Romefeller Foundation)とは、『新機動戦記ガンダムW』に登場する財団。

概要[編集]

欧州の特権階級の貴族らによって設立され、作中に置いてはOZを全面的に支援したが、トレーズ・クシュリナーダデルマイユの派閥に二分される。

名前の由来は、石油王となったアメリカの大富豪ジョン・ロックフェラー氏が1913年に設立した、世界最大規模の慈善事業団体である民間財団・ロックフェラー財団である。

登場作品[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
破嵐財閥の乗っ取りを図り、破嵐万丈の参戦を完結編にもちこさせる原因となる。
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
後半ではティターンズにも肩入れする。
スーパーロボット大戦α外伝
ティターンズの復興に手を貸した事が語られているが、以降のαシリーズにおいての動向は不明。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64

人物[編集]

トレーズ・クシュリナーダ
デルマイユ

関連用語[編集]

OZプライズ
『G-UNIT』(SRW未参戦)に登場するロームフェラ財団直属の戦闘部隊、デルマイユの私兵でもある。

資料リンク[編集]