アイシャ・リッジモンド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイシャ・リッジモンド
外国語表記 Aisha Ridgemond
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 河野さちこ
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 17歳
所属 ロームフェラ財団スペシャルズOZ)→マーチウィンド
テンプレートを表示

アイシャ・リッジモンドは『スーパーロボット大戦64』の登場人物。

概要[編集]

マナミ・ハミルの従姉妹。自尊心が高く尊大な性格。

ロームフェラ財団に所属。マナミが財団を脱退し、レジスタンスと行動するようになり、リッジモンドの家までもあらぬ疑いをかけられるはめになったため、執拗に狙う。 ロームフェラ財団が新たな時代を開けると妄信し、マナミを追い、バスクの部隊に入るが、バスクやヤザンといった野蛮な人間を見て、トレーズの目指したものとの違いを持ち始め、OZに正義はないことを悟り始める。そしてOZがロームフェラ派とトレーズ派に分裂したことでマーチウィンドに合流する。

なお、仲間にする手順はマナミで彼女を2回説得するだけであり、比較的簡単なものである。プライドの高さから、加入直後に乗機のエルブルスが、スイームルグからスイームルグSのパワーアップのために、スイームルグの背中に取り付いたままでパイロット不要になるということに拒否するが、マナミの執事ローレンスの主人を思う心に感服し、サブパイロットになる。

周囲の人物にはわがままとも取れる言動で周囲を悩ませているが、マナミ曰く内心は優しい性格で、演技で周りの反応を見て、どういう風に接するのがいいのか、見ているのだという。1人称は「わたくし」で、少女に近い口調のマナミより丁寧な口調である。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
前半は敵として登場。フラグを立てておけば後半スイームルグSのサブパイロットになってくれる。システムの関係から、全主人公・ライバルを含めてただ一人リンクバトラーに登場しない。命中やダメージアップ系精神コマンドを持たないが、加速による高速移動、挑発で相手を引き寄せたり、鉄壁で凌ぐなど、使い方は多様。
OZルートは説得だけでよいが、独立軍ルートと完全平和ルートはアイシャが増援として登場するシナリオで、マナミがアイシャ登場まで残っている必要がある。独立軍ルートなら強制出撃だが、完全平和ルートでは任意出撃なので注意。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

スーパー系主人公らしく格闘が高いが、実際はマナミと同じ数値である。

精神コマンド[編集]

64
挑発加速鉄壁努力かく乱友情

特殊技能[編集]

64
底力L7

パイロットBGM[編集]

「花散る嵐の如く」

人間関係[編集]

マナミ・ハミル
従兄弟。一方的に付け狙うが、彼女の説得により共に戦うことを決意する。
ローレンス・ジェファーソン
ハミル家の執事。従兄弟の執事でありながら、好意的に接している。

版権作品との人間関係[編集]

バスク・オム
ロームフェラ派に所属する上官。指揮下に入る。
ヤザン・ゲーブル
マーチウィンド追撃のために指揮下に入るが、内心で野蛮な人物と評した。
トレーズ・クシュリナーダ
尊敬の対象。
兜甲児
彼曰く「ガサツ、無教養、短絡バカ」(恐らく要約)と言ったらしい。
弓さやか
たまに彼女も怒り狂わせている。
ボス
声をかけられても、無視した。
式部雅人
美人に目がない彼は彼女のことを「可愛いから許せる」と評した。
シモーヌ・ルフラン
彼女からは根っこの部分はマナミと同じと評された。

名台詞[編集]

「やはりここにいらしたのね、マナミさん ずいぶんと探しましたわよ」
初登場の台詞。
「くっ、ア、アナタ、本気でわたくしを亡き者にしようというのね!? もう許しませんわ! 覚えておきなさい わたくしは、必ずアナタを倒してご覧にいれますわ!」
「苛烈!猛攻のエルブルス」にてマナミに撃墜された際の台詞。恐らく、多くのプレイヤーが幸運持ちのマナミで撃墜し、この台詞を目撃したに違いない。
「失礼な。わたくしとマナミさんを一緒にしないでいただきたいわ」

搭乗機体[編集]

エルブルス
スイームルグS