スペシャルズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

スペシャルズ(Specials)とは、『新機動戦記ガンダムW』に登場する組織。

概要[編集]

正式名称「スペシャルモビルスーツ部隊」。

OZの隠れ蓑となった組織。地球圏統一連合内におけるロームフェラ財団の私兵部隊。連合内ではリーオーなどモビルスーツを提供し、軍事力による支配を後押しした。なお、ロームフェラ財団の圧力により独自の行動権を確立している。そのため連合内部、特に軍歴の長い歴戦の老将兵達からの評判は悪い[1]

しかし、スペシャルズの真の正体は『OZ』という軍事組織であり、オペレーション・メテオガンダムの混乱に乗じて、オペレーション・デイブレイクを発動。地球圏統一連合の首脳陣を壊滅させ、OZとして歴史の表舞台へと登場した。

小説版では地球圏統一連合軍と軍事比較を行った場合、総合的には統一連合軍の方が規模は巨大だが、モビルスーツ及び運用面に限定した場合はスペシャルズの方が年々巨大化しているという統計が記述されており、全体から見ても非常に大規模な軍事組織であることが窺える。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
『Ζガンダム』のティターンズの設定を内包しており、ジェリドらが「ティターンズ」を「スペシャルズ」に丸々置き換えた台詞を発したりしている。また一般兵の名前にもなっており、OZになった後も一般兵はずっとこの名前で登場する。
一般兵としてのスペシャルズはティターンズやOZのモビルスーツに搭乗し、地上と宇宙でグラフィックが異なっている。

人物[編集]

トレーズ・クシュリナーダ
代表。連合時は上級特佐。

関連用語[編集]

OZ
スペシャルズの真の組織。
ロームフェラ財団
OZ兵
作品によっては、一般兵はこちらの名称。

脚注[編集]

  1. この様な関係は機動戦士Zガンダムのティターンズや機動戦士ガンダムSEED DESTINYのファントムペイン、機動戦士ガンダム00のアロウズ類似しており、優位性のある独自権限による指揮権強奪という強権を持つため正規軍から厄介者扱いされている。ただし、露骨に介入している彼らと違い、スペシャルズが連合軍の指揮権を侵犯した事例は本編中では少ない。もっとも作中では既にスペシャルズは統一連合軍に対するクーデターを計画している状態であり、総帥トレーズからも統一連合軍を刺激すること避けるように指示が出ている描写もある