式部雅人

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
式部雅人
読み しきぶ まさと
登場作品 超獣機神ダンクーガOVA
声優 中原茂
種族 地球人日本人
性別
生年月日 1968年12月31日
年齢 17歳
出身 日本・岩手県
血液型 B型
所属 獣戦機隊
デザイン いんどり小屋(只野和子
テンプレートを表示

概要[編集]

獣戦機隊のムードメーカー。明るく、ノリの軽い少年。ランドライガーのパイロット。

一見線が細くて気が弱そうではあるが、いざランドライガーに乗り込むと人が変わったかのように性格が一変する(特にアグレッシブビースト)など熱さを秘めている。獣戦機隊3人目のメンバーだが、士官学校時代は後輩だった。

実は軍需企業・式部重工の御曹司であるが、家業を継ぐことに反発して軍に入った。

OVA『白熱の終章』に於いてはディラドが罠を仕込んでいた異星人の少女マルテをナンパしてしまい、彼女諸共氷漬けにされてしまったため、ランドライガーには彼の野獣の本能を再現する機械が組み込まれた。その機械も戦闘で破損してしまったが、シャピロ・キーツ野生の力を発揮し、事なきを得た。

後日談の小説作品『獣機神曲』では無事復活し、式部重工の若きオーナーとして軍需産業を切り盛りする姿が描かれた。

登場作品と役柄[編集]

SRWでは今現在まで前述のOVAでの離脱イベントの再現はされていない。

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
初参戦作品。原作で登場していたローラがアイドルになって相手にしてくれなくなったと愚痴るシーンがある。レベルアップにより激励を習得するが、SFC版ではダンクーガが抜ける可能性が高い為、その方面での活躍は少ないかもしれない。
第4次スーパーロボット大戦S
離脱する事がなくなり、最後まで参戦してくれる。ローラに関する会話に変更が入った。
スーパーロボット大戦F
声が入った。分離状態で戦いを強いられるマップもあるが、回避系精神コマンドを持たず。単独戦闘に向かない。
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパーロボット大戦α外伝
α』と違い、熱血と気合を覚えなくなったので今作初登場の祝福再動を使う事になる。
第3次スーパーロボット大戦α
』以来の台詞の新規収録が行われた。精神コマンド要員。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
ムゲとの激戦後、他の獣戦機隊メンバーと共に「第2次Z」の世界に転移、怪我の治癒の為に数年間の眠りを経て復活を果たした。他の女性にナンパするシーンはないものの、会ったばかりのオズマ「有害」扱いされてしまう
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
忍と沙羅の仲をからかうシーンが目立つほか、桂達と共にマルグリットにセクハラまがいの行為をするシーンがある。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
精神コマンド要員。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
必ず幸運を覚えるが、そこまで育てる前に離脱する。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
シーン3からずっといるので安定して稼げる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
ディラドのエピソード再現があるが、前述の戦線離脱はなし。
スーパーロボット大戦IMPACT
COMPACT2』と同じだが、声がある。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
父の雅男が登場するなど、これまでの作品に比べて出番が多くなっている。声は無し。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
他の獣戦機隊メンバーと共にミスリルに所属。テッサをナンパするイベントがあるが、マデューカス中佐に怒られる。…が、これに懲りずクルツとともにシャナ・ミアにアプローチしている。精神コマンド要員で努力幸運を覚えるが必中担当でもある為、SPが不足しがち。ファイナルダンクーガになれば必中持ちのアラン・イゴールが加わるため、問題は解消される。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
今作にて音声を収録。今回はダンクーガ分離しないので精神コマンド要員だが、能力値が設定されている。
スーパーロボット大戦64
沙羅、亮と共に忍より一足早く参戦。インターミッションでは度々、女性キャラを口説くが、相手にされなかったり沙羅に突っ込まれたりと散々。
スーパーロボット大戦GCXO
精神コマンド要員。今回は幸運ではなく祝福を持っている。また、ひらめきも覚えるのでの分が尽きたらこちらの番となる。
スーパーロボット大戦Operation Extend
精神コマンド要員。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

御曹司という設定を反映したのか、幸運を持っている事が多い。

第4次S
根性気合熱血集中激励
根性熱血気合かく乱集中
FF完結編
熱血気合偵察幸運隠れ身
α
ひらめき熱血幸運気合友情隠れ身
α外伝
根性信頼集中祝福ひらめき再動
第3次α
偵察集中加速熱血友情幸運
IMPACT
努力かく乱必中ひらめき幸運補給
GCXO
根性信頼集中祝福ひらめき再動
J
努力必中幸運ひらめきかく乱補給
第2次Z
努力信頼気合幸運
OE
信頼幸運

特殊技能(特殊スキル)[編集]

野生化

パイロットBGM[編集]

「バーニング・ラヴ」

人間関係[編集]

藤原忍結城沙羅司馬亮
同僚。忍と沙羅がコンビを組むことが多かったことから、自身は亮とコンビを組むことが多かった。
ロス・イゴール葉月考太郎
上官。
ローラ・サリバン
戦場で拾われた少女。ロリコンかと思われそうな雰囲気があったほど親しくしていた(実際の所、雅人自身のストライクゾーンは広そうだが)。
第4次』では「GGガールズ」というアイドルグループに入ったらしい(声を務めた藤原理恵氏が所属していた「CCガールズ」が元ネタ……実はSRW初の声優ネタである)。
シャピロ・キーツ
元先輩。雅人曰く「生徒たちのマドンナだった沙羅先輩への想いを諦めざる得ない程、シャピロ先輩と沙羅先輩の仲は良かった」とのこと。『白熱の終章』での最終決戦では、シャピロがランドライガーに乗ることに。
式部雅男
父。『GOD BLESS』で死別する。
マルテ
SRW未登場。ディラドから地球へ逃げ延びてきた異星人の少女で、偶々知り合った雅人と親しくなるが、最終的には彼女自身に仕込まれていた罠によって雅人共々生命停止状態に陥ってしまう。
小説『獣機神曲』にて雅人が復活した時には、既に彼女は息を引き取っていた。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

グッドサンダーチーム北条真吾キリー・ギャグレーレミー島田
F完結編』では、DCの本拠地であるアクシズを叩くべく、陽動部隊として彼らと行動を共にする。
破嵐万丈
α外伝』では、未来世界に飛ばされた際にブレーカーとして彼と行動を共にしていた。

ガンダムシリーズ[編集]

アムロ・レイ
殆どのシリーズでは上官。『GCXO)』では、珍しく彼が一年戦争時の設定なので後輩にあたる。ガンダムを無断で持ち出して脱走し、自分達に多大な迷惑をかけただけでなく、謝意すら見せず子供の屁理屈をこね回す彼に、一定の理解を示しながらも咎めた。
シャア・アズナブルクワトロ・バジーナ
殆どのシリーズでは上官。『IMPACT』の隠しルートでは、彼がネオ・ジオンの総帥となりアクシズを落して地球つぶしをしようとした時には、後述の台詞を発しショックを隠しきれずにいた。
マチルダ・アジャン
F』では、ロンド・ベル隊への補給物資を運んでいた彼女のミデア隊が、DCの部隊に襲撃されているのを知り、急行する。
クリスチーナ・マッケンジーバーナード・ワイズマン
COMPACT2第1部』or『IMPACT』では、序盤から自分達の獣戦機隊基地に配属になった彼らと共に戦っていく事に。
『F』のスーパー系ルートでは、ロンド・ベルに合流して早々にクリスをナンパしている。
コウ・ウラキチャック・キース
αシリーズ』では、『α』の頃からトリントン基地の同僚。
アナベル・ガトー
『α』では、トリントン基地で自分達の眼前で彼にガンダム試作2号機を奪われる。
サウス・バニング
『αシリーズ』では、『α』の頃からトリントン基地の上官。
シーマ・ガラハウ
『F』では、ロンド・ベル隊への補給物資を積んだミデア隊が、彼女の率いるDCの部隊に急襲されていたところに駆けつけ、ダンクーガに合体し戦う事に。

リアル系[編集]

ショウ・ザマチャム・ファウ
『F完結編』では、DCの本拠地であるアクシズを叩くべく陽動部隊として彼らと行動を共にする。ちなみに、ショウとは中の人が同じ。
シーラ・ラパーナエレ・ハンム
『F』では、ロンド・ベル隊に戦艦ごと入った2人の女王様を口説いて、逆玉の輿・左団扇を狙っていた。恋愛は個人の自由というが、沙羅からは「動機が不純」と突っ込まれる。ちなみに何気なく声優ネタでもある。
デビッド・ラザフォード
64』にて、なぜか彼の「太陽のキ…」を止める役回りを演じることに。
ミスマル・ユリカ
『IMPACT』では、シリーズ初のDVEでの彼女恒例の挨拶を受け、ノリが良いと感じ好印象を持つ。
クルツ・ウェーバー
J』では同じミスリル所属。共に女性に目がない為、マオからは「似たようなの」と評されている。
テレサ・テスタロッサ
『J』ではミスリル所属の為、彼女は上官にあたるが当然アプローチしており、マデューカスに睨まれる事に。

名台詞[編集]

「まかせて!僕は本番に強い雅ちゃんなんだ!」

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

旧シリーズ[編集]

「ローラは変わったよ。今じゃGGガールズとかってグループに入って、色っぽくなったのはいいけど、オレの事なんか、見向きもしてくれなくなっちゃったんだ」
第4次S)』第5話(『S』では第6話)「ブライトの帰還」or第4話(『S』では第5話)「新たな敵」より。ローラと別れた理由を説明した時の台詞。上記の通り声優ネタでもある。
「どれどれ‥‥へえ、忍は四暗刻ねらいか。あいかわらずでかい手狙うなあ‥‥他の三人は‥‥げっ!? ‥‥忍、警報に助けられたみたいね‥‥」
F』「ドクーガの野望」より。早乙女研究所に向かう途中で、葦プロ繋がりなのかグッドサンダーチームに混ざって麻雀をしていたや他の面々の手駒を見て。途中で出撃命令が出たため中断する事となったが、全員がいなくなった後で、一応それぞれのメンバーの手の内を見てみたが、危うく忍がカモにされるところだったので、結果的にはこれで良かったと安堵する。これにより、忍はあまり麻雀が強くない事がわかる。
付け加えると、忍がこのメンツに参加しようとしたのを見た雅人は、以前に獣戦機隊のメンツで麻雀をした時にも忍が沙羅にハコテンにされた事を挙げて、やめておいたほうがいいと忠告している。これに対し忍は「あれは、運が悪かっただけだ!」と言っているが、雅人は「見え見えの清一色に振り込んでおいてよく言うよ…」と呆れていた。

αシリーズ[編集]

(ひえ~…せっかくロンド=ベル隊に配属になって、イゴール准将のスパルタ教育から逃げられると思ったのに…)
αDC) 』第21話極東地区に残るルート「獣を超え、人を超え、いでよ神の戦士」より。行方不明の岡防衛長官に代わってイゴール准将が極東支部長官に就任した事を知り、絶句する。
「ルーもエルもファもフォウもプルもプルツーもエマ中尉も元気そうで安心したよ」
第3次α』セレーナ編第11話「「パワー・ジャンクション」より。戦闘終了後、αナンバーズの面々に再会した際の軽口。彼がどういうキャラなのかが『ダンクーガ』未見のプレイヤーにも、物凄く良く分かるようになっている。当然、キラから「女の人の名前ばっかりだ…」と指摘され、亮からは「軽口は男の値打ちを下げるぞ」と注意される。
「あんたが神だろうが何だろうが、知ったこっちゃない!」
『第3次α』最終話に於けるケイサル・エフェスへの特殊戦闘台詞。忍の特殊台詞への前フリである。

Zシリーズ[編集]

「これだから新人類って奴は…!」
第2次Z破界篇』第44話宇宙ルート「未来への飛翔」より。ムーンWILLとの決戦を前にしながらも、全く緊張感を抱かないチームDに絶句する。自分も10代(数年間療養していたことを考慮しても20代)なのに妙に年寄り臭い発言で、亮にも突っ込まれている。
「過去形にすんなよ! ダンクーガは今も人類の希望だ!」
同話に於ける忍とムーンWILLとの戦闘前会話より。自身にとってもダンクーガの存在は希望「だった」と述べる彼の言葉尻を捉え、これを否定する。
「あいつの大嫌いな愛の力でね!」
第2次Z再世篇』第48話「ゴッドブレス・ユニバース」より。復活したムゲ・ゾルバドスと戦うべく立て続けに言った。が、この台詞のせいで忍と沙羅が結ばれた事をZEXISZEUTHのメンバーにバレてしまう。

COMPACTシリーズ[編集]

「言っとくけど、馬鹿やるのは忍だけだかんね! そこんとこよろしく」
IMPACT』第2部宇宙激震篇第13話「孤独の戦士」より。 ロンド・ベル隊と合流した際、噂に違わぬ忍の問題児ぶりに呆れ返る彼らへ向けて「自分達は違う」事をアピールするも、殆ど信じてもらえなかった様子。
「残念だね。結構目の保養になってたのになあ」
『IMPACT』エンディングより。ダンガイオーチームとの別れで、最後の最後にボロを出しランバから顰蹙を買う。
「みんなで頑張って…変えていくことはできないのかよぉ!」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇隠しシナリオ最終話「メビウスの宇宙を越えて」より。サザビーを駆り戦場に現れた事で徹底抗戦の態度を示すシャアへ、普段おちゃらけた発言が目立つ雅人も悲痛な思いで叫ぶ。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

沙羅「上から飛び降りるか大砲か何かで打ち出すならともかくさ」
「人間大砲って奴? ハハ、白亜紀まで行っちゃいそうだね」
SC』第6話、ソーディアン要塞を巡っての会議中「生身の人間ならエネルギー遮断能力に影響されないかもしれないが、そこまで行くろくな手段が無い」という流れを受けての会話。元ネタは特撮作品『恐竜戦隊コセイドン』。
「薔薇を咥えて現れるような奴にならなきゃいいけどね…」
SC2』のEDにて甲児と共に南アタリア島を訪れて、Aフォースの教官として新人の指導にあたる亮と鉄也を訪ねて、甲児が「(新人達は)二人に鍛えられれば立派な戦士になる」と言った直後の台詞。SRWにおいてはあまり描写されない亮の「そういった一面」を示唆する貴重な台詞。

単独作品[編集]

GCXO[編集]

「アムロの気持ち、俺、わかるつもりだよ。俺も時たまシャピロ教官のシゴキから逃げ出したくなるしね」
第10話「脱走」の『XO』における追加台詞。ガンダムを無断で持ち出して脱走した挙句、自分達に多大な迷惑をかけ、部隊を危機に陥れただけでなく、助けに来ても謝意すら見せず子供の屁理屈をこね回すアムロを叱責した台詞。しかし、厳しく咎めた沙羅と違ってある程度彼の行動に理解を示していた事から、高圧的な上司を持つ者の苦労を知っているから、彼の気持ちが理解できたのであろう。
「顔でも隠して、こっちに戻って来りゃいいのに。…誰かさんみたいにさ」
第42話「野望の崩壊」にて、シャピロが地球を離脱するムゲ帝国に置き去りにされたのを察知した際の台詞(シャピロが撤退した次のターンにならないと見られない)。忍には「悪い冗談はやめろ!」と怒られた。しかし「誰かさん」とはおなじみののことだろうが、やっぱりバレているようだ…。
「イモコンだとダサいから、妹って字を分解して…にょみコンとか?」
第48話「オリビー・クライシス」の『XO』における追加台詞。妹が多いという話になってミスコンでもするかという運びになりかけた際の台詞。
知っている人にはアニメ『ぺとぺとさん』が元ネタとわかるが、何故このネタを持ってきたのかは不明(中原氏は『ぺとぺとさん』に出演していないので声優ネタではない)。

搭乗機体[編集]

ランドライガー
ダンクーガ

SRWでの搭乗機体[編集]

ファイナルダンクーガ

商品情報[編集]