サウス・バニング

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
サウス・バニング
外国語表記 South Burning
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 菅原正志
デザイン 川元利浩
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 39歳
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 不死身の第4小隊アルビオン隊
軍階級 大尉
テンプレートを表示

サウス・バニングは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場人物。

概要[編集]

地球連邦軍大尉。

一年戦争当時から、ベルナルド・モンシア中尉、アルファ・A・ベイト中尉、チャップ・アデル少尉の3人を率いて戦ったベテランパイロットで、戦後はトリントン基地モビルスーツ隊の隊長になり、新型装備の性能評価試験を行っていた。同時に、コウ・ウラキ少尉やチャック・キース少尉の様な新米パイロットの教官も務めていた。

ガンダム試作2号機強奪事件後は、連邦軍の追撃部隊の旗艦アルビオンのモビルスーツ隊の指揮を執った。

しかし、宇宙空間での訓練中に、コンペイ島の観艦式に向かうデラーズ・フリートのシーマ艦隊と遭遇し、これを退けるものの、その戦闘終了後アルビオンに帰還中に乗機の被弾箇所が爆発して非業の死を遂げた。

このバニングの戦死は第8話での出来事だが、その中盤において、エイパー・シナプス艦長と飲み交わしながら、“主人公を含め後輩達の成長を認める”地球にいる別居中の妻の話題”“「デラーズとの戦いがパイロットとしての最後になっても悔いの無い様にしたいだけです」発言” と、かなり明確な死亡フラグを立てている。しかし、何と言っても極めつけは“今回から変わった新OPに姿が無い”事だろう。この為、OPの時点で彼の死を予想した視聴者も少なくなかった。

厳しくも情に厚い人物であり、アルビオン所属のパイロット全員に慕われていた。なお、地球にいる別居中の奥さんだが、別居の原因は女にだらしがない所にある模様。トリントン基地のMS小隊長のカレントからは「バニングのスケベ野郎」と陰口を叩かれており、アルビオンがフォン・ブラウンに寄航した時には、両手に花で店に来た所をモンシアに見られ引き返していた。この辺りは流石にモンシアの上官であっただけはあるという事か。

登場作品と役柄[編集]

SRWではスパロボ補正により死亡する事はなく、アムロと共にベテランとして部隊のまとめ役となる。MSパイロット以外を含めた若手を指導・「修正」する役回りも多い。

参戦当初の『COMPACT』ではオールドタイプであるという事だけで活躍は厳しかったが、それ以降では援護能力や指揮官能力に長けていたり、『α』では強力なガッツを所持する等、能力ではオールドタイプ最強クラスの実力を持つ。

ただし、シリーズを通して強力な専用機がない欠点が悩み所。乗り手がいなくなってしまった前半の主役MSガンダム試作1号機Fbリ・ガズィ)がデフォルトの搭乗機となっている事も多い。ΖIIフルアーマー百式改等の強力な機体に優先して乗せたいところ。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
声が収録されている。担当声優の菅原正志氏はPS版EXのナレーションを経て今作が版権キャラ役として初のスパロボ出演となる。ガッツ、魂持ちなので充分に強いが、絶望的に2回行動レベルが遅い。多分後半は余った1号機か条件次第で手に入る2号機に乗っていると思われる。各原作の男女ペアを哨戒任務に出撃させるという少々下世話な一面も……(しかもタイミング悪く、直後にエアロゲイターが襲撃を仕掛けて来た)。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版では劣悪だった2回行動可能Lvが引き下げられLv63で可能となった。能力的にはPS版より若干能力が上がっているがα外伝同様に魂を習得しなくなってしまった。
スーパーロボット大戦α外伝
当初はアムロ達と共にティターンズに監禁されており、ルート問わず6話で救出される。選択ルート、作戦中の行動、熟練度によっては同シナリオでリ・ガズィに登場して出撃する。未来での部隊分断後もコウ達でなくアムロ達と共に行動しており、コウの代わりにガンダム試作3号機に乗っている。作中ではフォッカー、アムロ等と並ぶ部隊の首脳で、問題行動を起こして弁慶を負傷させてしまった竜馬鉄也達を叱る場面がある。
攻撃時のカットインが用意された。『α』から引き続きガッツを覚えており、格闘射撃技量が上がったため、より攻撃的になった。さらに指揮官も持つなど強力なキャラクターだが、エース級ニュータイプ以外で援護を持たない唯一の味方MS乗りと残念な特徴がある。また熱血は現代でも狙えるほど覚えるのが早くなり、が削除された。その代わり必中気合が枠に入ったため、元々のてかげん熱血と合わせて、「百式系列に乗って味方にマップ兵器を撃ち、味方の底力ガッツを発動させる」という役に非常に適している。
第2次スーパーロボット大戦α
小隊長能力が「消費EN-20%」のため中々便利。Eセーブと効果が重複するため、習得させれば消費ENを60%程度にまで落とせる。オールドタイプでも扱える優秀なMSが豊富にあり、乗機に困ることもない。今回は不死身の第4小隊が勢揃いするため、ジム・カスタム3機とジム・キャノンII1機の小隊を組むのも良い(勿論、相当な改造が必要だが)。さりげなく、味方MSパイロットとしては非常に珍しい指揮官の技能持ちである(味方MSパイロットでバニング以外に指揮官技能を持つのはハリソンドレルハマーンだけである)。カットインが他のMSパイロットと違い、画面後方から前方へ出てくるようなカットインとなっている。
オールドタイプではあるものの、アムロに匹敵する高い能力値と小隊長効果の恩恵で継戦能力が高く、百式や量産型F91、コウから試作3号機を借りてもいい働きをしてくれる。
第3次スーパーロボット大戦α
基本的な使い勝手は第2次αと同じで、こそ無いが小隊長として非常に強力である反面、小隊員として小隊に貢献できる精神コマンドがほぼ無いので、小隊長として運用するのが基本。撃墜数がガンダム試作2号機の入手フラグに関わる。他の3人が小隊長向けではない為、彼の撃墜数が重要になる。
序盤から手に入る機体ならば、3号機百式が小隊長能力との相性が良く、ニュータイプ技能も必要としないのでお勧め。中盤以降はGP02や、ノイエ・ジールドーベン・ウルフなどの強力かつ相性の良いMSが隠し機体で次々と手に入るので、そちらに乗っても良い。
新録のないコウに対し、彼にはラスボス戦の特殊台詞が存在している(おそらくレイ・ラブロックのついでに収録したものと思われる)。
ついでにカットインも書き直され他のMSパイロットと同様の横向きのものに変わったが、あまり出来もよくないため、特徴的だった前作に比べて評判はいまいち。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
初登場作品。リ・ガズィに乗ってくるが大抵アムロに奪われてしまう。能力自体は高いのだがNT勢には敵わない。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
援護Lvが高いため序盤の援護攻撃要員として活躍する。相性的には地上に降ろし地形効果を受けられるΖガンダムがよい。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
機体に恵まれないのが難点だが、コウ以上の能力と高い援護Lvで援護攻撃主体で活躍する。Ζガンダム等の長射程武器を持つ機体を優先して乗せたい。熱血集中を必ず覚え5パターン中4パターンでを覚える為、パンチ力も高い。また、面倒見がよい事から激励鼓舞といったサポート系の精神コマンドも覚える。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
魂を一切覚えなくなってしまったのが痛いが、相変わらず援護が強力。ガンダム試作1号機Fbがデフォルトの搭乗機。
スーパーロボット大戦IMPACT
魂+統率技能を持っている為、シローに並ぶ本作最強のオールドタイプの一角。今作は魂の習得レベルが跳ね上がっている中、クリアまでに現実的なレベルで覚える逸材。(一例として前記のシローが63、バニングは51)通常攻略の範疇であれば、実質的にMS乗り最良の魂持ちと言ってよい。α外伝で用意されていたカットインが本作では非採用の他、αシリーズに比べて顔グラの出来があまり宜しくない。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
三輪長官がトリントン基地で手配したロンド・ベル隊への補充要員として、第6話でコウと共に仲間に加わる。その際に、ノインからケーン達Dチームの教官を引き継ぐ。そのため、ケーン達との絡みが非常に多い。が、代わりにコウとの絡みが薄くなってしまっている。本来はガンダム試作1号機に搭乗する予定だったが、ジオン残党の奇襲を受けた際にジム・カスタムで出撃し、以後もそのまま搭乗する。
パイロットとしては、を持つものの、非ニュータイプパイロットであるのに必中を持たないのが痛い。敵が限界反応値をオーバーしていれば気にならないが、それでも限界値の高いオリジナル系のゲシュペンストなどを相手にすると、とたんに必中が欲しくなる。その代わりと言ってはなんだが、実は精神ポイントがやけに多かったりする。なお、同じ階級のアムロに合わせたのか、ブライトにタメ口で話している。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
命中率に難があるのは相変わらず。底力をスキルパーツ付きのLv9で発動させても、100%に及ばないことも。主力にしたいのなら感応持ちパイロットの出撃が必須。援護攻撃、援護防御共にLv4まで成長し、エースボーナスは援護行動時に与ダメージが20%増え、被ダメージが20%減るという援護のスペシャリスト。MSで援護防御にボーナスが付いても……と思うが、シールド防御L1さえ修得させれば、援護防御時のダメージを3桁台にまで落とせる。ブライトには敬語を使用するようになった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2019年4月の期間限定イベント「スターダスト・ネビュラ」にて名前のみ登場。イベント開始前に原作をなぞる形で戦死しており、SRW初の死亡例となった。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

コウよりも能力が高くオールドタイプトップクラスの実力を持つ。特に技量はベテランらしく非常に高い。

精神コマンド[編集]

集中など戦闘用の精神コマンドを覚え、新米パイロットに喝を入れるかの如く激励などサポート用のものまで覚える。

α
てかげん集中信頼熱血狙撃
α外伝
てかげん集中信頼熱血必中気合
第2次α
集中てかげん気合熱血必中不屈
第3次α
集中てかげん士気熱血必中不屈
IMPACT
誘爆てかげん熱血集中激励
AA PORTABLE
てかげん集中信頼激励熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

αα外伝にてガッツを覚えるため、命中回避、クリティカル率が非常に高かった。近年ではガッツが廃止されレベル性の底力になってからは、αの時ほど力はない。また、援護に特化しており、良い機体に乗せることで援護攻撃でも活躍できる。

α
ガッツシールド防御L9切り払いL9
α外伝
ガッツ指揮官L2シールド防御L4切り払いL2
第2次α第3次α
指揮官L3援護攻撃L2シールド防御L4
COMPACT
シールド防御L5切り払いL6
IMPACT
統率L3防御L7援護攻撃L5援護防御L5
A PORTABLE
底力L5切り払いL5援護攻撃L4援護防御L4

小隊長能力(隊長効果)[編集]

武器消費EN-20%
第2次α』、『第3次α』で採用。

エースボーナス[編集]

援護攻撃時のダメージ+20%、援護防御時のダメージ-20%
A PORTABLE』で採用。

パイロットBGM[編集]

「BACK TO PARADISE」
挿入歌。『IMPACT』にて採用。
「MEN OF DESTINY」
後期OP。『第2次α』にて採用。

人間関係[編集]

コウ・ウラキ
部下。
チャック・キース
部下。
アルファ・A・ベイト
部下。
ベルナルド・モンシア
部下。
チャップ・アデル
部下。
エイパー・シナプス
上官。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

アムロ・レイ
同階級で、共に自軍の上官ポジションを担い、互いに信頼している。
シャア・アズナブルクワトロ・バジーナ
アムロと同じく同階級で、自軍の上官ポジションとして会話は多く、互いに信頼関係にあるが、シャアとして対峙した際は軍人として彼に立ち向かうことになる。
ブライト・ノア
上官。互いに信頼が厚い。
カミーユ・ビダン
SRWでは部下。『α』では、ラビアンローズにおいてΖΖを盗もうとしたジュドーの行為を容認したため、けじめをつけさせるべくシャングリラ・チルドレンの目の前で彼を修正した(この件はカミーユも了解の上で修正を受けている)。
ロベルト・ゴメス
『α』中盤の宇宙ルートでは彼の副官的ポジションに就き、共にリガ・ミリティアを纏める。新兵少年パイロットらが引き起こす諸問題を臨機応変に解決する彼の采配振りに、バニング自身も指揮官として感ずるものが有った様子。

その他ガンダムシリーズ[編集]

ハリー・オード
α外伝』で競演。彼も同じ大尉であるが、ハリーは離婚歴があり、バニングは妻と別居状態という意外な共通点があり、作中においてそれに関連した会話も登場する。
キラ・ヤマトフレイ・アルスターサイ・アーガイル
第3次α』では、フレイの謀略が原因でいざこざが起こった際に、彼らを「まだ娑婆っ気が抜け切れていない野戦任官の小僧達」と皮肉と哀れみを込めて評していた。
アンドリュー・バルトフェルド
『第3次α』ではお互いの指揮官としての器を認め合っていた。

リアル系[編集]

ロイ・フォッカー
アムロと同様に上官ポジションとして絡む場面が多い。剛のバニングに対する柔のフォッカーというような好対照でもある。
年齢は上だが自分は大尉、フォッカーは少佐という事もあって、常に敬語を使って接している。
ケーン・ワカバタップ・オセアノライト・ニューマン
A』では彼らの教官を務めた。

スーパー系[編集]

デューク・フリード
IMPACT』では彼が異星人である事を事前に知らされてはいたが、実際に対面した際には地球人と変わらぬ風貌を具えていた事に驚愕し、思わず繁々と眺めてしまった。
獣戦機隊藤原忍結城沙羅式部雅人司馬亮
『α』では共にトリントン基地所属という設定で始まり、彼らとモンシアとの喧嘩を仲裁した事も。
ロム・ストール
『IMPACT』で植物惑星へと突入する直前、あまりの無茶振りな作戦に珍しく愚痴を漏らした際、彼から激励の言葉を掛けられる。
デビルサターン6
『IMPACT』では何かと撤退してばかりの彼らを指して「長生きするタイプ」と評し、引き際の潔さ(?)に苦笑していた。
コズモレンジャーJ9木戸丈太郎スティーブン・ボウィーマチコ・ヴァレンシアアイザック・ゴドノフ
『α外伝』では、ティターンズによってアレグ基地にアムロやブライトと共に幽閉されていたところを、レディの依頼を受けた彼らによって救出された。

バンプレストオリジナル[編集]

アイビス・ダグラス
第2次α』序盤、様々なデータから「心因性の問題を抱えたまま、戦闘を続けるのは危険」と判断し、アルテリオンへの搭乗禁止を彼女に通告する。

名台詞[編集]

OVA版[編集]

「あの馬鹿どもめ!いつまでガキの遊びをしてやがる!」
アルビオン左舷MSデッキの揉め事を止めに行くときに発した台詞。ちなみに小説版ではわざと大声を上げながら出て行こうとしたのは、デッキのもめ事が映っているモニターを無言で眺めるシナプス艦長が恐ろしかったからと説明されている。当然、直後にシナプスからは激しい口調で叱責されてしまう。
「ハッ! 申し訳ありません。パイロットの管理は責任を持って私が………誰が一番暴れたいのか分かってんのか……バカヤローーッ!!」
アルビオン左舷MSデッキの揉め事をシナプスに叱責された後の台詞。前半はシナプスに対しての釈明であり、この言葉の後、そのままブリッジを出ていく。
後半はブリッジの自動ドアが閉まった後に、溜まった不満を小声で洩らした後、大声でここにいない相手へ不満を叫ぶ。
「無駄弾が多すぎる!」
キース「そ、そんなこと言ったって…」
「無駄口もだ!」
模擬戦にて。容赦なくキースをしごく。
「そういう時は身を隠すんだ!」
見失った敵を探すのに気を取られて無防備になったゲルググMを撃墜して。SRWでは戦闘中によく聞く台詞である。
「戦いはお前達がいつまでもピーピーやかましいヒヨッコかどうかで決まる!」
「ん?そうだ、着艦の前に……『回礼に基づく星の屑作戦・ソロモン海域実施要綱』…これはすごい!敵の配置が一目瞭然だ!…ん!?ガンダム2号機!」
死亡直前の台詞。撃墜した敵から星の屑作戦に関する機密文書を手に入れ、帰還している最中に機体が爆発した。

小説版[編集]

「狂ってやがる……」
小説版より。連邦に対して既に失効したはずの戦時条約を口実に宣戦布告したデラーズ・フリートに吐き捨てた言葉。
大義という言葉やジオン贔屓の演出で過度に美化されがちなデラーズ・フリートが、所詮詭弁を弄する凶悪なテロリストに過ぎないという「本質」をついた一言である。

漫画版[編集]

「この前の補給の時に自分宛の手紙が…3年前から別居中だった……妻からの手紙が届きまして」
「また…二人でやり直せるなら…と、除隊はその為です」
『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』より。シナプスに除隊の理由を尋ねられ、やや微笑みながら上記の返答を返す。
シナプスやシモンに応援されバニングも照れていたのだが、完全に死亡フラグとなってしまっていた…

スパロボシリーズの名台詞[編集]

αシリーズ[編集]

α

「まだ若い彼らが前向きになっているんだ。軍人である貴様らが弱気になってどうする!」
第20話「決戦、第2新東京市」より、第5使徒ラミエルへの対応を巡ってウッソ大作ら年少組が前向きに打開策を論じているのに対し、弱気な発言を繰り返す雅人へ渇を入れる。

α外伝

「貴様ら! 自分達のしたことがわかっているのか!」
「貴様らのつまらん意地の張り合いがベンケイの負傷を招いた…」
「幸い大事には至らなかったが次にこんなことが起きれば、今度は誰かが死ぬかも知れんぞ」
第26話高熟練度ルート「果てしなき大空に誓う」で上述にある通り、弁慶を負傷させた竜馬達を叱っていた時の台詞。
「演習のみを繰り返して来た軍隊が…実戦をくぐり抜けて来た俺達に勝てると思うな!」
第34話月ルート「時を超えた対決」にて、ターンXを起動させたギンガナムに対する戦闘前会話一年戦争を潜り抜けた「不死身の第4小隊」ならではの台詞であり、実戦経験が薄い点を突かれると弱いのか、常に強気で高飛車な物言いをするギンガナムも微妙に歯切れの悪い答えを返している。

第2次α

「お前がまだ戦うつもりなら、心を鍛えろ。戦場では精神が弱った奴から死んでいく」
アイビス編第13話「彗星の来襲」より。アルテリオン搭乗禁止命令に反発するアイビスへ向けて。心を閉ざした状態である当の本人には、彼女の身を案じるが故の忠告も届きはしなかった。
「クマゾー、ウラキがニンジンを食べたら、お前もピーマンを食べるんだぞ」
第30話「コロスは殺せない」or「華麗なるかな二流」より、珍しい幼児キャラとの会話。軍属ではなく、父親目線で語っている事にも注目。この台詞にクマゾーは素直に頷き、コウは地獄を見る羽目に。
「お前が未来を創ると言うなら俺達は未来を守る。それが軍人である俺の任務だ!」
第54話「逆襲のシャア」に於けるシャアとの戦闘前会話。最初の対決時こそクワトロ大尉と呼びながらも最終的には地球連邦軍の軍人としてシャアと戦う覚悟が見える。

第3次α

「ここまで来れば勝敗を分けるのは、それぞれの精神力だろう」
「死ぬなよ、みんな。俺達が生き残るという事は、それは人類の勝利でもあるんだからな」
第59話「果てしなき流れの果てに」に於ける『神壱号作戦』発動前日の雑談風景で、第4小隊大空魔竜戦隊の面々に送った激励。各人ともにバニングの言葉を噛み締め、作戦の成功を誓う。
「この世界の平和を願い、死してなお戦いを続けるか…」
最終話で、ザ・パワーの中に宿る散っていった戦士達の魂に触れ、感慨深げに呟く。
「世迷い言はあの世で言え!ケイサル・エフェス!」
「亡霊は、ジオンだけで充分だ!」
「俺達は軍人だ!相手が何者であろうと、任務は果たす!」
最終話のケイサル・エフェスへの特殊戦闘台詞。新規収録の無い部下に代わって、指揮官が吼える。

携帯機シリーズ[編集]

「パイロットの補充が終わっていない。本当のパイロットのな」
AA PORTABLE)』第21話「決められた道をただ歩くよりも」or「ボソン・ジャンプ」より。ケーン達が登録解除にて除隊した後に敵の襲撃を受けた際、カスタム化したドラグナーを不慣れな兵士で出撃させるかと問題になった時にケーン達が戻ってくると信じて言った台詞。

搭乗機体[編集]

ジム改
ジム・カスタム
メイン搭乗機。

スパロボでの搭乗機体[編集]

ガンダム試作1号機Fb
COMPACT2第3部IMPACT
ガンダム試作3号機
α外伝
リ・ガズィ
COMPACTα外伝

余談[編集]

  • 漫画版では扱いが異なりコミックボンボン版、『機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄』共に死亡する事はない。

資料リンク[編集]