ガンダム試作1号機Fb

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム試作1号機Fb
外国語表記 Gundam GP01 Full-burnern
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 河森正治
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
コードネーム ゼフィランサス・フルバーニアン
分類 宇宙用モビルスーツ
生産形態 改修機
型式番号 RX-78GP01-Fb
全高 18.0 m
本体重量 43.2 t
全備重量 74.0 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 2,045 kw
スラスター推力

45,000 kg×4
13,500 kg×4

総推力
234,000 kg
180度姿勢変換 0.8sec
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
原型機 ガンダム試作1号機
内蔵機体 コアファイターIIFb
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 地球連邦軍
主なパイロット コウ・ウラキ
テンプレートを表示

ガンダム試作1号機Fbは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の登場メカであり、同作品の前半の主役メカの強化形態。

概要[編集]

ガンダム開発計画」によって製造されたガンダム試作1号機の宇宙戦高機動仕様。

機体概要[編集]

当初はコアファイターと脚部の換装などで仕様変更する予定であったが、試作1号機が戦闘で大破してしまったため、機体の修復と同時に大幅な設計変更が行われる事となった。変更に伴い換装機能を廃されている。

背部にはユニバーサル・ブースト・ポッドと呼ばれる装備が2基設置され、本機の運動性を飛躍的に向上させる事に成功している。このポッドは自由度が高く、UFOのような挙動を取る事も可能。また、宇宙空間では不要となる胸部のエアインテークが廃され、代わりに姿勢制御用のアポジモーターが装備された。他にも肩部など機体各部に多数のアポジモーターが装備されており、「フルバーニアン」の名称の由来ともなっている(ちなみに大破前の宇宙装備の話で「フルバーニアン」の名が出ている)。カタログスペックでは、スラスター総推力は後の時代のガンダムタイプであるΖガンダムΖΖガンダムνガンダムの倍以上の数値を誇る。本機の驚異的な加速性に翻弄されたシーマ・ガラハウは「バッタか!?」と驚愕している。

脚部にはプロペラントタンクが搭載され、稼働時間も延長されている。

劇中での活躍[編集]

本機はアナハイムのフォン・ブラウン工場にて2日で改修され、実戦に投入された。改修前から引き続きコウ・ウラキがパイロットとして搭乗し、ケリィ・レズナーヴァル・ヴァロを撃破するなどの戦果を挙げている。

その後、コンペイ島付近の宙域での戦闘でアナベル・ガトーガンダム試作2号機と交戦し、相打ちとなって大破している。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズではGP01Fb表記。SRWでは地上でもこの形態で使用できるが、本来は追加パーツが重すぎるため使用できない。そのせいか、ずっと地上面が続くのに無印に戻せず地上適正がBだったりと、コウの不遇の一因であった。しかし、『A』では長射程のロングバレルライフルが付き、『第2次α』では全体攻撃武器(ビームライフル連射)が付くなど待遇は改善されてきている。

試作2号機との戦闘でコウは至近距離から胸部のアポジモーターを最大出力で噴射し、その熱で攻撃するという、マジンガーZのブレストファイヤーの様な攻撃を行っているが、スパロボでは武装として採用された事は無い。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。GP01から強化されこのMSになる。ちなみにルートによってはGP01が入手できない場合もあるが、その状態でも入手できる。MSとしては破格の移動力を持つが、主力として使っていくのは厳しい。
なおデータ上はGP01とは別ユニットであり、この形態になるとユニット改造は初期化される。PS版では改造は引き継がれるようになった。
スーパーロボット大戦EX
マサキの章に登場。武装が貧弱で使い物にならないため、コウを育てたい方は同時に仲間になるGP-02サイサリスに乗せかえるのが賢明。
第4次スーパーロボット大戦S
第1話からコウが乗って登場。なんと移動力が12もある。移動力だけなら全ユニット中トップクラス。戦力としては並のMS程度だが、移動力を生かしてアイテム回収担当として使える。
本来なら宇宙用機体で地上適応Bなのだが、宇宙にいく前にGP03ステイメン入手と同時に廃棄されてしまう。しかも、改造がGP03に引継がれないので無駄になってしまう。幸い売却できるのでステイメン入手前に換金してしまうといい(手に入るシナリオはマジンガーチームしか出撃できないので、アイテム回収役にしていたプレイヤーでも安心である)。
ちなみに、ビームライフルとビームガンの両方が武装にあるが、どちらもP兵器でないので、両方存在する意義がよくわからない。射程も同じ1~6で、攻撃力も20違うだけ…他の機体よりライフルの弾数が倍あるという感覚で使えという事か?(リメイクの『F』では差別化が図られた)
スーパーロボット大戦F
序盤の味方ユニットの中ではガンダムMk-IIと並んで運動性が高い。ズバ抜けた移動力を活かし、マップを駆け回る戦い方ができる。移動後に攻撃可能なビームガン(射程3)の使い勝手が良い。機動性が魅力のこのユニットだが、武装がビーム兵器に偏っており、威力が弱くかつ機体の地上適応がBのため、ビーム耐性を持つ敵に対しては無力に等しい。このユニットを中盤以降も使い続けるには、ミノフスキークラフトを装備し、かなりの改造を施す必要がある。特別な愛着がなければ、倉庫行きは避けられないだろう。
スーパーロボット大戦F完結編
戦力外。倉庫で眠る。ウォン・ユンファに不要な機体を下取りしてもらうイベントで、下取りに出される候補。残しておきたいなら誰か乗せておこう。ただし、この時、コウはGP03のほうに強制乗り換えしているので注意。
スーパーロボット大戦コンプリートボックス
カラオケモードでは背後で戦火が輝いているオリジナル背景の宇宙空間でガーベラ・テトラを倒している。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
宇宙に出て早々に強化される[1]。宇宙適応は機体も武器も良くなるが、機体と2つのビーム兵器が空陸Bになってしまうのが痛い。中盤以降の運用は難しい性能だが、ある程度は改造しておかないと試作2号機ガトー絡みのフラグを満たすのが難しくなる。
分離、撃墜でコアファイターIIFbに変化。バグによりパーツスロット2以下に装備したものはコアファイターIIFbでは一部しか機能しないので、装備するものに注意したい。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
全ての武器攻撃力が底上げされたが相変わらず厳しい性能。密かにビームサーベルに空適応が付いた。
スーパーロボット大戦α外伝
現代では機体のみ、未来ではコウが搭乗した状態で復帰する。前作『α』からライフルの射程が1-5、空陸Aに強化され、CT補正も+20で相変わらず少し高めと他機のものより良い。地形適応バグも合わさり今作では地上戦でも十分戦えるのがウレシイ。火力はフル改造でも少し物足りないレベルだが、未来でも早々に復帰するため戦力が充実するまでは役に立つ。
前作『α』と同様、分離か撃墜でコアファイターIIFbに変化。
第2次スーパーロボット大戦α
全体攻撃「ビームライフル(連射)」が追加されたため意外と便利になり、移動力は7と高めなので小隊員としても使いやすい。だが、宇宙Sという以外これといった長所が無いにも関わらず、パーツスロットは2というのが少し厳しいところ。
なぜか本機だけHPの改造段階が低い。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
全体的に性能が多少底上げされたが『第2次α』と大きく変わらないため、強力な機体の多い本作では影が薄めか。小隊長には力不足なので小隊員として活用していこう。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
第4話の開始直後に増援で登場。このステージの敵はオーラバトラーが多いので、ジオン軍MSを相手にするといい。
ちなみに4段階改造済み(バルカン除く)のため、このステージでの全滅プレイ回数が2回以上になると……!? 
なお、地上の適応はAになっている。ビームサーベルが最強武器なので、バーナード・ワイズマン好きには意外とお勧め。
相変わらず移動力は素晴らしいので、入手ステージクリア時のランダムボーナスのミノフスキークラフトを積むと、次ステージ以降の低ターン数クリアに役立ってくれる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
パーツ数3とこの頃の作品では珍しいP属性のビームライフルにより、序盤から終盤まで主力になる。おそらくクワトロ・バジーナあたりが乗るだろう。援護Lvが上昇するコウには射程の長い機体への乗り換えがよい。攻撃力不足はV-UPユニットで補強。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
敵の命中回避が大幅に強化されるので、使うならフル改造推奨。
スーパーロボット大戦IMPACT
今回から陸A、宇宙Sになった。改造段階が高い上、強化パーツスロットも4と第2部の要になりえる。フル改造しV-UPユニットを満載したビームライフルはサン・アタックをも超える大ダメージを叩き出すため、こうなると必然的に第3部でも使うことになるだろう。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
初登場のロングバレルライフルが途中追加される。この時点のMSとしては悪くない火力を持つものの、本作ではパーツスロットが4のMSにV-UPを装備させて運用するのが定番なので、パーツスロットが3の本機はやや厳しい。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
本作では武装が一括改造式となり、またロングバレルライフルの威力の上昇が優秀なため、最後まで使って行ける性能になった。序盤ではディストーションフィールドを貫通できるMSとして重宝する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2019年4月のイベント「スターダスト・ネビュラ」の期間限定ユニットとして登場。SRおよび大器型SSRシューター。
2019年11月のイベント「宇宙に揺らぐ陽炎」ではSSRシューターが復刻。なんと今回はイベント報酬として入手が可能。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

基本装備[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。
ビームサーベル
ブラッシュ社が開発した接近戦用の武装。背部に2本マウントしている。劇中ではガトーが乗るガンダム試作2号機とのビームサーベルでの対決が印象的。
ビームガン
ビームサーベルをマウントしたままの状態では、ビームガンとして機能する。基本的にはコアファイター時の武装だが、モビルスーツの武装としても使用可能。ジェネレーター出力が上がったため、実用性も向上している。
一部作品ではビームライフルより威力が高くP属性も有していたが、『αシリーズ』を境にビームライフルがP属性になったためか以降の作品では登場していない。
BAUVA・XBR-M-82-05H ビームライフル
ボウワ社が開発した携行兵装で、以前より若干ではあるが出力が強化された。エネルギーパック方式を採用している。また、「ジュッテ」と呼ばれる小型ビームサーベル(9話で使用)を内蔵しており、ビームライフルを持ったまま敵のビームサーベルを受け止める事が出来る。
SRWでも『第3次α』にて切り払いの際に再現されている。『αシリーズ』より前は非P属性であった為、ビームガンの方が重宝された。
『X-Ω』では通常攻撃に使用。
RX・Vsh-023F/S-04712 シールド
ルナ・チタニウム合金製の実体盾。耐ビームコーティング処理が施され、数度のビーム攻撃を防げるようになっている。原作のヴァル・ヴァロ戦で表面が沸騰する描写がある。
また、伸縮が自在であり、取り回しも良い。

オプション装備[編集]

Blash・XBR-L-83d 大型ビームライフル
「ロングバレルライフル」とも表記される。元々は本機の専用装備でないため、照準精度を高めるための苦肉の策としてアルビオンの主砲のスタビライザーを移している。CDシネマ『ルンガ沖砲撃戦』で使用した。
劇中で使用したのは1度だけだが、それにも拘らずSRWに登場するのは、火力の強化とファンサービスの為だと思われる。
A』ではアルビオンが登場しないため、アーガマの主砲のスタビライザーを移した事になっている。『第2次α』『第3次α』ではガンダム・ステイメンの武器になっている。

必殺技[編集]

ビームライフル(連射)
背部のユニバーサル・ブースト・ポッドによる高い加速性を活かした素早い動きを交えつつ、ビームライフルを連射する攻撃パターン。
「αシリーズ」にて全体攻撃として採用。
『X-Ω』では「ビームライフル(連射)(範囲)」という名称で必殺スキルに採用。攻撃モーションは「αシリーズ」でのものとほぼ同様。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。
分離
コアファイターIIFbに分離する。

移動タイプ[編集]

本来は陸戦は不可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

シールド防御時のダメージが80%減になる
A PORTABLE』で採用。

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
第3次』『EX』にて。
「THE WINNER」
前期OP。『第4次』『α』にて採用。
「MEN OF DESTINY」
後期OP。『第2次α』『第3次α』にて採用。

対決・名場面[編集]

ガンダム試作2号機
核攻撃を完遂し、退却する2号機を強襲する1号機。ここまでの戦いで戦士として成長したコウ、そして2号機の不調が合わさってもガトーは強敵であった。互いにバルカンとビームサーベルを駆使した激戦により傷ついていく2機のガンダム。ガトーは最大出力のサーベルで1号機の肩口を捕らえるが、コウも胸部バーニアの噴射炎で反撃、最後の一刺しを撃ち返す。ダメージが限界を超えた2機は寄り添ったまま爆煙に包まれていった。
この対決はガンダムシリーズの中でも緊迫感ある白兵戦闘を描ききっただけに高い評価が得られている。

関連機体・人物[編集]

ガンダム試作2号機ガンダム試作3号機ステイメン
同じくガンダム開発計画により生まれた兄弟機。
ガンダム試作4号機(SRW未登場)
コンセプトに重複する面が多かったために開発中止となった兄弟機。SRW未登場。
ガーベラ・テトラ
ガンダム試作4号機がジオンに流れた末の姿。
ゲルググ・ウェルテクス
『ジョニー・ライデンの帰還』に登場するキマイラ隊専用のゲルググ。バックパックの可動式ウィングバインダーの制御に技術が流用されたと言われている。SRW未登場。

他作品の関連機[編集]

バーサル騎士ガンダムGP01
本機をモチーフとしたSDガンダムシリーズのキャラクター。

余談 [編集]

近年になってガンダムエース誌で連載のコミカライズ『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』では、一年戦争中に使用されたガンダム7号機(SRW未登場)のセカンド・アーマーを流用してフルバーニアン用に再調整した重装フルアーマー・バーニアンが登場している。

脚注[編集]

  1. シナリオ上では換装と言っているが、ガンダム試作1号機に換装で戻れるわけではない。

商品情報[編集]

  • プラモデル

  • フィギュア・書籍

資料リンク[編集]