南極条約

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ここでは『機動戦士ガンダム』において、一年戦争時に南極にて地球連邦政府ジオン公国の間で結ばれた戦時条約について説明する

概要[編集]

南極条約は一年戦争序盤で南極で行われた地球連邦政府とジオン公国の会談にて、当初は開戦からルウム戦役で大勝したジオン側の要求に沿った休戦条約として締結されるはずであった。しかし、その会談中にジオン公国軍の捕虜になっていた地球連邦軍の将校・レビル将軍がジオン公国から脱出。彼がジオンの内情を暴露した演説「ジオンに兵なし」によって、事態は一変する。その結果、連邦政府は態度を豹変させ、ジオン側が休戦を諦めて戦時条約が結ばれるだけに至った。

南極条約の主な内容としては、「核兵器コロニー落としをはじめとした大量殺戮兵器の使用禁止」「サイド6をはじめとした中立地域、グラナダ以外の月面都市、木星船団への戦闘行為の禁止」「捕虜の扱い」について取り決めている。[1]

だが、一年戦争中のオデッサ作戦にてジオン公国軍のマ・クベ大佐が水爆を使用する等、条約違反も見受けられた。

南極条約はあくまでも戦時条約であり、一年戦争が終結した宇宙世紀0080年1月1日の時点で失効している。その為、『0083』の時代に地球連邦軍が開発したガンダム試作2号機は、厳密に言うと条約違反という訳ではない。[2]ただし、「一年戦争の終戦は、ジオン公国とは無関係の政権であるジオン共和国が勝手に行ったもので、未だに一年戦争は継続中である」と勝手に主張するデラーズ・フリートは条約違反を指摘し、地球連邦政府を糾弾する演説を行っている。その上、デラーズ・フリートは明確な条約違反である核兵器の使用およびコロニー落としを行っている。

しかしながら、南極条約の内容は後の時代にも暗黙の了解(慣習法)として広く認識されており、核兵器の使用等についても禁忌扱いされているらしく、『0083』の時代から50年近く経過した『機動戦士クロスボーン・ガンダム』においても、核兵器を持ちだした木星帝国に対して連邦軍の軍人が「南極条約違反だ」と非難する場面がある。

登場作品[編集]

第3次スーパーロボット大戦
ロンド・ベル隊の捕虜となったキャラ・スーンが口にした。内容は原作におけるコズンの台詞と同様のもの。
スーパーロボット大戦A
ガンダム試作2号機が核を装備している事について、ブライトが南極条約を理由に三輪を非難している。
第3次スーパーロボット大戦α
ナタルが大気圏突入時のザフトとの戦闘において、「手を出せば南極条約に抵触する」として避難民を乗せたシャトルを射出するが、ザフトによって撃墜されてしまう。
また、ムルタ・アズラエルプラントへの核兵器の無差別投入を命じた時は、三輪防人が南極条約で禁止されていることを指摘して止めようとしたが、核攻撃は実行されてしまう。
スーパーロボット大戦V

余談[編集]

  • 現実世界における「南極条約」とは、南極大陸の平和的利用を目的として制定された「軍事利用の禁止」や「領有権主張の凍結」等を定めた条約の事を指す。

脚注[編集]

  1. ちなみに、南極条約が『機動戦士ガンダム』劇中で初めて言及されたのは、第16話「セイラ出撃」におけるブライト・ノアコズン・グラハムの会話においてであり、この時点では捕虜に対する扱いについての話題だった。
  2. なお、南極条約では核兵器の「使用」は明確に禁止されているものの、「保持」および「開発」についてはあまり言及されていない。