ジム・カスタム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ジム・カスタム
外国語表記 GM Custom
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 RGM-79N
頭頂高 18.0 m
本体重量 42.0 t
全備重量 57.6 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 1,420 kW
スラスター推力

30,000 kg×4(背部)
1,870 kg×4(足部裏側)

総推力
67,480 kg
180度姿勢変換 1.6 sec
装甲材質 チタン・セラミック複合材
開発 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット サウス・バニング
アルファ・A・ベイト
ベルナルド・モンシア
テンプレートを表示

ジム・カスタムは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

地球連邦軍が開発した量産型モビルスーツ

ガンダムNT-1を基にして開発されており、当時としては屈指の高性能量産機である。特にジェネレーターやスラスター出力では既に初代ガンダムを圧倒する性能を獲得しており、不死身の第四小隊のような腕利きパイロットにかかればゲルググの相手も朝飯前であるらしい。

反面、製造コストも高騰しており、生産数は少ない。コウ・ウラキ曰く「特長がないのが特徴」。これは「凡庸」という意味ではなく、「バランスに優れ、いかなる状況にも対応可能」という事を表している。

主にエースパイロット向けに配備され、サウス・バニングらが搭乗している。後にバリエーション機体であるジム・クゥエルティターンズに配備された。

劇場版 機動戦士Ζガンダム』にもエゥーゴカラーに塗装し直された本機が登場している。

登場作品と操縦者[編集]

SRWでは主にサウス・バニングが搭乗する。MSが登場して間もない頃の作品の為、高性能量産機という設定に反してゲーム上の性能は全体的に低く、特に見るべき所は無い。悪い意味で「特長が無いのが特徴」という機体になってしまっており、大抵の場合二軍に送られる。スーパーロボットガンダムタイプの前で「高性能量産機」という設定が霞んでしまうのは仕方がないのかもしれない。

一応強化パーツスロット数は多く、改造段階や改造効率は優れているものの、この機体を改造する資金で他の強力な機体を改造した方が攻略上の効率が良いというジレンマを抱えている。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
原作通りバニングやモンシアが乗る。ライフルにビーム属性がないため序盤の対オーラバトラー戦に重宝する。攻撃力が低く中盤以降の使用は厳しい。
スーパーロボット大戦α外伝
他の量産型同様、武器改造費用が安く大幅に攻撃力が上昇するが、基本攻撃力が低く弾数も頼りない。とはいえジムライフルは移動後攻撃可能で射程5あり、空陸Aと優れているので、戦力が揃わない段階ではそれなりに活躍できる。未来でのルート選択によっては使わざるを得ない場面が出てくるので多少の改造は有りだが、量産機としては弱い部類なので本腰を入れての改造は勿体無い。一応フル改造時にはガンダム試作1号機Fbに火力で勝る。
難易度『難』の時は上位互換と言ってもいいジム・クゥエルが入手できるため、ますます存在価値が薄れてしまう。
第2次スーパーロボット大戦α
地味に全体攻撃があるが弱い。他に強力な機体が幾らでもある為、わざわざ改造するほどではない。複数機手に入るが、バニング機だけ武器の命中率がちょっと高かったりする。
第3次スーパーロボット大戦α
前作と比べて全体攻撃の重要性が上がったため、前作よりは使いやすい。やはり弱いが、それでも戦力が整わない序盤はそれなりに出番がある。強化パーツスロットが4なので、それを活かして運用すると良い。最強武器が全体攻撃のため、不死身の第4小隊の撃墜数を稼いでガンダム試作2号機を入手したい場合は序盤では役に立つ。無論より強力な機体が揃ってきたらそちらに乗り換えさせた方が無難ではある。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
第2部でバニングが乗る。改造段階が高めで将来性はなくもないが、第3部に入ると何故か行方知れずになるので改造はやめておくのが吉。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
バニングが乗ってくる。が、弱い。修理費が100とボスボロットに次いで低い為、気力を早く上げたい際の囮としてなら活躍の場はある。ロンド・ベル以外でも連邦兵が搭乗してソロモンに多数配備されていたりランタオ島ドラグーンと共にデビルガンダムの回収を行ったりしている。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
相変わらず基本性能は低いが、フル改造ボーナスが「ダメージを与えた相手の気力-10」、つまり脱力援護攻撃で繰り返し攻撃を当てる事で敵をどんどん弱体化出来るので、タフ且つ避ける終盤のボス戦では猛威を振るう。入手時で既に各1段階改造されているゆえ、フル改造費用も実質30万足らずという格安仕様。
推奨される事が多いパイロットは、援護攻撃Lvが高くて必中の消費SPが10のコウ。もしくはエースボーナスで周囲にいる味方の命中も高められるクワトロ・バジーナ
終盤で木連ルートを選択する場合は本機も同行するので、34話のドン・ザウサー戦に備えてフル改造しておきたい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
味方ユニットとして登場。サウス・バニングが搭乗する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。
XB-G-1019H ビームサーベル
背部に1本マウントされている。
HFW-GR・MR82-90mm ジム・ライフル
本機の主兵装である実弾銃。
ビーム兵器ではないので、SRWではたまに出番が回ってくる事も。
RGM・M-Sh-ABT/S-0019S シールド
防御用の実体盾。耐ビームコーティング処理が施されており、数度のビーム攻撃なら防御可能。

オプション装備[編集]

BAUWA・BR-S-85-C2 ビームライフル
ジムIIと同型の物を装備。しかし作中では兵器として高い信頼性を誇っていた実弾兵器を装備していた為に出番は少なめ。
劇場版 機動戦士Ζガンダム』ではエゥーゴカラーの機体が装備している事が確認できる。

必殺技[編集]

ジム・ライフル(連射)
ジム・ライフルを連射するパターンアタック。『第2次α』、『第3次α』で全体攻撃として採用されている。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

攻撃が命中した相手の気力を10下げる。
A PORTABLE』にて採用。
非常に強力なカスタムボーナスであり、これの有無で難易度が激変するといってもいいレベル。援護攻撃にも効果は乗るで効率的に気力を下げていきたい。

機体BGM[編集]

「THE WINNER」
前期OP。『α』、『A』にて採用。
「MEN OF DESTINY」
後期OP。『第2次α』、『第3次α』にて採用。

関連機体[編集]

ジム・クゥエル
ジム・カスタムをベースに開発された。
ジム・カスタム (強行偵察隊仕様)
スーパーロボット大戦IMPACTコミック 衝撃騎士団に登場した、偵察任務用に改造した機体。
ジム
ジム系の大元。
NT-1アレックス
別名「ガンダムNT-1」。本機の元となった機体。
ジム・キャノンII
パーツを多く共有している。手持ちの武装も同じ。
ワグテイルII
小説『ADVANCE OF Z 刻に抗いし者』(SRW未参戦)に登場する機体。ジム改[ワグテイル]をベースにジム・カスタムなどのパーツを使用して完成した機体。

余談[編集]

  • コウは本機をもって「とくちょうがないのが特徴」と発言したが、よく特徴と誤記される。正しくは特長
    • 特長:他よりも特に優れた点。長所
    • 特徴:他よりも目立つ点。特筆すべきこと

商品情報[編集]

資料リンク[編集]