ヘビーガン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘビーガン
外国語表記 Heavy Gun
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 RGM-109
全高 15.7 m
本体重量 9.1 t
全備重量 22.7 t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,870 kW
スラスター推力

21,250 kg×2
9,940 kg×4

総推力
82,260 kg
アポジモーター 59
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 地球連邦軍
主なパイロット ビルギット・ピリヨ
連邦兵
テンプレートを表示

ヘビーガンは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍量産型モビルスーツ

サナリィが提示した「モビルスーツの小型化」という指針により開発されており、ジェガンをダウンサイジングしたような機体と言える。

基本性能自体は原型機とさほど変わっていないが、小型化したことで出力に余裕ができ、機動性も向上している。

しかし、目新しい技術は特に採用されていないため、連邦軍からの要求性能には達していないことから、より高性能な小型モビルスーツが開発されるまでの埋め合わせとして制式採用されることとなった。また、後発で対策研究が施されたクロスボーン・バンガードのモビルスーツと比べると、出力や運動性、ビームシールドの未装備など様々な点で劣っていることは否めず、サナリィは本機の開発がきっかけとなって、モビルスーツの独自開発に乗り出すことになった。

劇中での様相[編集]

劇中ではスペースアークの戦力としてビルギット・ピリヨが搭乗し、クロスボーン・バンガードのモビルスーツ部隊と交戦しているが、後にバグの攻撃で撃破されている。

また、宇宙世紀0130年代にも主力機として現役で運用されている。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
この当時の地球連邦軍の主力モビルスーツ。移動後に撃てる全体攻撃のビーム・ライフル(連射)が光るも、弾数は2。機体性能も少々厳しい。ビルギットカツウモン(アイビスルートのみ)の初期搭乗機としての登場のほか、敵として出現する連邦兵やゾンダーメタルの機体、イベントでのやられメカとしても登場する。
なお『第3次α』では参戦作品の関係で、自軍に配備される量産MS(といっても、ヘビーガンだろうがジム・カスタムだろうが3機以上配備されることは稀)が本来原作では性能の劣るジェガンへと逆行している。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

頭部バルカン
頭部に2門内蔵。
シールド
防御用の実体盾。左腕部ハードポイントに装備。
ハンドグレネード
両腰に各4基をマウントしている。
ただでさえ武装が少ないのに武器に含まれていない不遇の扱い。
ビーム・サーベル
接近戦用武器。
第2次α』では袈裟懸けから、高速回転による追撃を加える。サーベルの高速回転は作品を見たファンなら思わずニヤリとするアニメーション
ビーム・ライフル
本機の主兵装。腰後部にマウントすることが出来る。
『第2次α』では量産MSの中射程ライフルは移動後可なことが多いが、連射版があるためか本機のものは移動後不可となっている。

オプション装備[編集]

下記のオプションをフル装備した姿はパワードウェポンタイプと呼称される。

短砲身ビーム・ランチャー
手持ち式ビームランチャー。腰後部にマウント可能。
連装グレネードランチャー(ダブルビームガン)
右腕ハードポイントに装備。資料によって設定が異なる。
ダブルビームガン(2連電磁レールガン)
左腕ハードポイントに装備。資料によって設定が異なる。
9連装ミサイルポッド
右肩アーマーを変更して装備。
4連マシンキャノン
左肩アーマーを変更して2門装備。Gキャノンの武装と同一。

必殺技[編集]

ビーム・ライフル(連射)
ライフルを6発連射するパターンアタック。前述の通り移動後使用可の全体攻撃なので便利だが弾数は多くない。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

人間だけを殺す機械
無数のバグを相手に奮戦するビルギット機だったが、数の暴力の前に右腕と両足を切断される。それでも残った左腕でサーベルを振り回して抵抗するが、頭部を斬り飛ばされた上にコクピットに小バグが直撃、ビルギットは死亡した。

主な関連機体[編集]

ジェガン
開発のベースとなった機体。基本的な性能は大して変わらないが、小型軽量化した分だけ機動性は向上した。
Gキャノン
一部構造規格はヘビーガンと共通。ヘビーガン用のライフルやシールドを装備した機体も存在する。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]