ローレンス・ジェファーソン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローレンス・ジェファーソン
外国語表記 Lawrence Jefferson
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 河野さち子
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属 ハミル家
役職 執事
テンプレートを表示

ローレンス・ジェファーソンは『スーパーロボット大戦64』の登場人物。

概要[編集]

マナミ・ハミルの執事。かつて軍人であった経歴を持ち、マナミと共にスイームルグに搭乗し操縦をサポートする。

思慮深く、インターミッションでは他のキャラと共に分析なども担当している。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
スイームルグのサブパイロット。アイシャ・リッジモンドが仲間になった場合のみ、彼女にスイームルグSの席を譲ってパイロットから離脱する。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

64
信頼加速隠れ身みがわり激励補給

人間関係[編集]

マナミ・ハミル
主。
アイシャ・リッジモンド
アイシャの従姉妹。マナミと共に彼女のことを案じていた。

版権作品との人間関係[編集]

破嵐万丈
彼と密かに通信をとっていた。
アムロ・レイ
ル・カインの侵攻に対して不安になる彼を激励する。

名台詞[編集]

「お嬢様、そのようなことは後でお考えなさいませ!敵が参りますぞ!」
第1話「出撃!スイームルグ」より。万丈の前口上に触発されたマナミへの注意かつツッコミ。
「さようです。彼の言葉通り、あれから3年たった今も私どもがこうして再び戦っています。希望は常にあるのです」
第17話「理想、潰えて」より。ル・カイン率いるグラドス軍との戦いに不安を見せるアムロらに対して、かつて一年戦争の頃処刑された名もなき青年の話を持ちかけて激励する。

搭乗機体[編集]

スイームルグ
サブパイロット
スイームルグS
サブパイロット