オイ・ニュング

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
オイ・ニュング
外国語表記 Oi Nyungu
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 掛川裕彦
デザイン 逢坂浩司
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 70歳
所属 リガ・ミリティア
テンプレートを表示

オイ・ニュングは『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

概要[編集]

リガ・ミリティアのヨーロッパ抵抗組のリーダーで、「伯爵」と呼ばれている。

人望も厚く、信頼できる人物。元々は人狩り(マンハンター)局の重役(地球の不法居住取締り)であった。ウッソの戦い方を「スペシャル」と呼んだ。

活動拠点に潜入したザンスカール帝国クロノクル・アシャーによって、カテジナ共々連れ去られる。拷問の挙句、ギロチン使いのファラ・グリフォンに自らギロチンにかけろと唆し、そしてギロチンで公開処刑される。

物語上、序盤においての最重要人物であり、彼がギロチンにかけられたことで様々な事象が揺れ動くこととなる。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
登場するが、ギロチンにはかけられない。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
主人公と面識がある設定で登場。やはりギロチンにかけられてしまう。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
ほぼ、原作通りの役回りで、ギロチンにかけられる。セリフ部分は「伯爵」名義。

人間関係[編集]

レオニード・アルモドバル
同志。
ロメロ・マラベル
同志。
オーティス・アーキンズ
同志。
エステル・チャバリ
同志。
ウッソ・エヴィン
彼を「スペシャル」と呼び、卓越した技量に驚いていた。そして、ギロチンにかけられた瞬間を目撃したウッソはトラウマに悩まされる。
クロノクル・アシャー
彼に連れ去られた。
ファラ・グリフォン
彼を処刑したのだが、このことが敵味方の歯車を狂わせ、ファラ自身にも不幸が降りかかった。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

シャア・アズナブルクワトロ・バジーナ)、ブレックス・フォーラ
α』では、リガ・ミリティアエゥーゴと協力関係を結んでいるため、物語開始以前からの旧知の仲である。

スーパー系[編集]

兜甲児、ボルテスチーム(剛健一峰一平剛大次郎剛日吉岡めぐみ
』において協力者となる。

迷台詞[編集]

「そうか・・ウッソくんが・・もしかしたらあの少年・・ほんとーはリガ・ミリティアにはいりたいんだがいえないんだな!!」
「んーん! シャイな奴め!」
「マーベットくん すぐにウッソくんをむかえにいきたまえ」
『コミックボンボン』版第2章「ウッソの旅立ち」より。リガ・ミリティア加入を一度断るも、ついVの操縦マニュアルを持ち出してしまったウッソへの都合のいい解釈。横にいるマーベットも「ハッ! 伯爵」と妙に嬉々としている。