オーティス・アーキンズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーティス・アーキンズ
外国語表記 Otis Akinzu
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 坂東尚樹
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 高齢
所属 リガ・ミリティア
テンプレートを表示

オーティス・アーキンズは『機動戦士Vガンダム』の登場人物。

概要[編集]

リガ・ミリティアのヨーロッパ抵抗組の人物。

極めて温厚な人物で、牧師をしていた。その後、リーンホースJr.の専属乗員となり、ロベルト・ゴメス艦長の元でナビゲーターを担当。戦艦ガウンランドの自爆装置を働かせるなど随所に活躍。最期はリーンホースで特攻、壮絶な死を遂げる。

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』にも登場(同一人物かどうかは不明)。サナリィのスタッフで、ミノフスキードライブ搭載型モビルスーツ「F99 レコードブレイカー」の開発を担当していたが、F99は存在抹消される。『Vガンダム』とは逆に性格は極めて短気で、感情浮沈の目立つ人物となっていた。

…まあ試験のつもりで貸し出したF97連邦軍と大立ち回りをやらかし、連邦軍に売り込む筈だったF97Eは持ち逃げされ、その上で新型であるF99まで貸してくれと言われた(しかも戻ってくる可能性はほぼ無い)のだから、いくら温厚でも無理は無いという物であろう。それでもトビア・アロナクス達の事情を汲んで協力を約束したのだから大したものである。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
宇宙編序盤から登場する。宇宙に行った当初はリーンホースJr.の乗員だが、ラー・カイラムに移る。ブライトに報告するなど出番はある。

人間関係[編集]

オイ・ニュング
リーダー。
レオニード・アルモドバル
同志。
ロメロ・マラベル
同志。
ロベルト・ゴメス
連邦軍からの同志。
エステル・チャバリ
同志。
ミューラ・ミゲル
サナリィ時代の同僚で、「光の翼」開発の同志。

他作品との人間関係[編集]

リュウセイ・ダテ
α』序盤のリアル系ルートでは、はしゃぎ過ぎて熱を保ったままのライディーンの脚に抱きつき火傷を負った彼の治療に当たり、その迂闊さに呆れていた。