ミノフスキードライブ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

機動戦士クロスボーン・ガンダム』及び『機動戦士Vガンダム』などを始めとする宇宙世紀ガンダムシリーズで登場する、浮上・推進技術の一種。

概要[編集]

ユニットの内部でエネルギーフィールドを発生させ、それによって生じる反発力を推進力とする。従来のロケットエンジンと異なり、加速の際に推進剤を必要としないため、エネルギーの供給が続く限り、無制限に加速する事ができる。理論上は亜光速まで加速が可能。未完成な技術なため、供給されたエネルギーの全てを推進力に変換しきれず、副産物として「光の翼」が発生する。これは本来は欠陥とも言えるのだが、作中では敵を切り裂く武器としたり、敵のビームを防ぐ盾としたりと攻防に優れた武器として活用された。ビームシールドと一体化させて機体を覆った事もある。

宇宙世紀0128年に建造されたマザー・バンガードバビロニア・バンガード)で初めて採用された。この技術は隠匿されていたらしく、マザー・バンガードのみに搭載され(同型艦ですら搭載されていなかった)、通常時は従来の熱核ロケットエンジンで航行していた。その後、月面のサナリィの研究施設にて、小型化に成功したミノフスキードライブを搭載した実験用モビルスーツ、F99レコードブレイカーが開発されていたが、木星帝国の攻撃によって研究データと機体が破壊されてしまった。その時データは持ち去られており、後年に木星圏独自のミノフスキー・ドライブ搭載型MS、ファントムが造られた。また、撃沈したマザー・バンガードの残骸をアナハイム・エレクトロニクス社が回収し、それを利用して造った実験用モビルスーツ「スピードキング(サナリィ内でのコードネームは『イカロス』)」が存在していたが、実験中に地球に墜落。艦の残骸にモビルスーツをくっつけただけの簡易的なものだったため、量産もされなかった。それから後の宇宙世紀0153に再度の開発に成功。V2ガンダムに搭載された。なお、本システムの開発にはオーティスとミューラ・ミゲルという人物が関与しているとされる。

SRWでは強化パーツとして登場することがあり、ミノフスキークラフトの効果に加え移動力も増える。『V』では『戦作』内に登場するが、ゲーム内に登場する機体には一切搭載されていないのに関わらず強化パーツとして採用されている。メディアワークスの書籍『MS回顧録』にて「F91には試験型ミノフスキードライブも搭載されている」という記述があった為そのせいかもしれないが、生憎『V』で出ているのは見た目は同じであるものの量産型である。『X』では『鋼鉄の7人』が続投し、量産型ではないF91も登場しているためか、引き続き採用されている。『T』でも採用されている。

主なユニット[編集]

マザー・バンガード
初のミノフスキードライブ搭載機であり、現時点唯一のミノフスキードライブ搭載艦。
後に撃沈されるが、残骸として残されたMDユニットは紆余曲折の果てに地球圏最後の希望となる。
V2ガンダム
歴史上、および現実の年代順では初のミノフスキードライブ搭載型モビルスーツ。

関連用語[編集]

ミノフスキークラフト
ミノフスキードライブ以前から存在する宇宙世紀の飛行技術。ただしドライブとは全く構造が異なる。SRWでは大体ドライブの下位互換の強化パーツだが、登場回数は(ドライブは採用作品が限られるので)圧倒的にこちらが多い古参の強化パーツのひとつである。
リフターモジュール
宇宙世紀ガンダムシリーズが登場しない版権SRWにおいての代替パーツ。

余談[編集]

  • ミノフスキー・ドライブという単語の初出は、富野由悠季が書いた作品『ガイア・ギア』(SRW未登場)のザ・テレビジョン92年6月12号における解説。小説やラジオ・ドラマには登場しない。後にメカデザイナーのカトキハジメがその力強い語感を気に入ってV2ガンダムに『ガイア・ギア』へのオマージュとして使ったという経緯がある。

資料リンク[編集]