ミノフスキー粒子

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

ミノフスキー粒子(Minovsky Particle)とは、宇宙世紀を舞台としたガンダムシリーズに登場する物質。

概要[編集]

ロシア系のジオン人、トレノフ・Y・ミノフスキー博士によって発見された静止質量が殆ど0の正か負に帯電した素粒子。

設定上では光子と対になる粒子とされ、通常では存在せず、人為的に散布しないとその効果は現れない。一度散布されると消滅するまでの約一ヶ月間、その効果を発揮し続ける。ミノフスキー粒子はプラスかマイナスの電荷をもっており、互いの斥力により立体格子状のフィールドを形成する。これにより「空間そのものが電荷をもっている」状態になる。そのため電波や電子機器、通信機器やミサイルなどの自動追尾装置や照準装置の性能が著しく落ち、時に使用不能に陥る。ただし、この状況でもモビルスーツ同士を直接密着させた状態であれば会話は可能である(俗に「お肌のふれあい通信」と呼ばれる)。

赤外線や一部の可視光線も阻害する性質を持っており、シャアのパーソナルカラーである赤はその効果を狙ったという説が、後付けでなされた作品に存在する。

このミノフスキー粒子によって安全な小型核融合炉や重力に逆らうミノフスキークラフト、メガ粒子砲や各種ビーム兵装、Iフィールド等が生み出されている。また、モビルスーツにはミノフスキー粒子下での通信用に接触回線としてワイヤーが装備されている。

登場作品[編集]

基本的に宇宙世紀ガンダムが参戦する作品では既知の物質として扱われている。その為、他作品の登場人物も利用したり影響を受けたりすることがある。例えば『64』では梁山泊が高濃度のミノフスキー粒子に覆われており、『A』ではリョーコらがミノフスキー粒子の影響でナデシコを見失い合流に失敗し、火星極冠遺跡ではナデシコ・Yユニットが演算ユニットを木連に目視されないようにミノフスキー粒子を散布している。

第2次スーパーロボット大戦
全ての敵の命中率が1ターンの間半減するアイテム…なのだが、第2話でしか販売されないにも関わらず18000Gもするため、事実上入手不可能

関連用語[編集]

核融合炉
ミノフスキー効果により核融合炉に必要な大規模施設の敷設が必要なくなる。
モビルスーツ
通称「MS」。小型核融合炉を搭載することで、それまでに無い装甲と運動性とを兼ね備えた人型の機動兵器。ミノフスキー粒子の影響下では、この形が一番都合が良いらしい。
モビルアーマー
汎用性と運用性を求めたモビルスーツと違い、機能を特化させるために大型化させ人の形をさせていないものを指す。
ミノフスキークラフト
ミノフスキー粒子を格子状に配列することで擬似的な斥力場を作り、その上に乗って浮遊する機構。これによって、大型艦船や大型モビルアーマーの大気圏内での飛行を可能にする。
ミノフスキードライブ
ミノフスキー粒子によってエネルギーフィールドを発生させて生じる反発力を推進力とする機構。その副産物として「光の翼」が発生する。
ニュートロンジャマー
機動戦士ガンダムSEEDシリーズに登場する粒子であり、ミノフスキー粒子と同じように通信阻害効果を持つが、それは副次的な効果に過ぎない。一番の効果はその名の通り核分裂の抑制である。
GN粒子
レーダーを無効化させたり、通信障害を起こさせる点が共通している。それらの点はミノフスキー粒子のオマージュであると考えられるが、GN粒子の特性はそれだけに止まらない

余談[編集]

  • ミサイル等の遠隔操作可能な兵器を無力化してしまうミノフスキー粒子の設定は、巨大人型兵器による白兵戦を現実化させる理由付けために富野由悠季監督が考案したものである。
  • 機動戦士ガンダムUC』の原作小説では、現実の歴史において21世紀までに普及の一途を辿った携帯電話やインターネットなどの「無線通信」の文化が、ミノフスキー粒子の誕生によって大幅に廃れてしまったという歴史が明言されている。

資料リンク[編集]