時流エンジン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

時流エンジンとは、『スーパーロボット大戦R』に登場する動力炉。

概要[編集]

フェル・グレーデンと、ラージの父が開発した、エクサランスの動力源となっているエンジン。時粒子(時の流れ)を動力源として稼動する、燃料を必要としないいわゆる「永久機関」である。ただし、時の流れが一定である以上生産できるエネルギーは常に一定であり、消費に供給が追いつかなかった場合、エネルギー不足に陥る。これを克服するにはエネルギーの変換効率を上げるしか方法はない。

本来はタイムマシンの動力源として開発されたものであり、臨界点を越えるとタイムスリップを引き起こす性質がある。

特殊な動力機関でありながら『R』では量産されているEDも存在し、『OG』でも一旦は全て破棄したにもかかわらずあっさりと再生産できたことから、データさえあればエクサランス同様に普通に調達できる構成部材で作れるもののようである。特殊な動力機関と言うと生産性や危険性など種々の問題が付き物だが、動力機関の性質上の危険性は兎も角として生産性の問題が無いという点は、別の意味での危険性の存在を示唆している。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
ラー・カイラムの核エンジンまたはナデシコCの相転移エンジンの爆破に巻き込まれタービンが臨界点を突破し過去にタイムスリップ、ここから本編が始まる。
元々このエンジンはタイムマシン用に設計された物であるため、時間転移を引き起こす性質がある。そこに目をつけたデュミナス一派に狙われる。
スーパーロボット大戦K
物語には関係しない。Wスロットシステムによる強化パーツとして登場。ENを1ターンに30%回復させる。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
設定が少し変更され、時間だけでなく空間・次元間の転移もできるようになった。ただし、これは時間転移と同様、イレギュラーで非常に危険な現象として扱われている。
OG外伝』のEDでは前述の理由により、次元転移の危険性と時流エンジンの悪用を恐れたラウル達によって、エクサランスごと解体されてしまった。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
ラースエイレムの対抗策として復活。『OG外伝』以前の時流エンジンは全て解体され、関連データも全て削除されていたため、「実はこっそりバックアップを取っていたのか」と作中と問われるが、ラージは「自身とミズホの頭の中の設計図を基に(つまり記憶を頼りに)再作成した」と答えている。
完全に前と同型ではなく、「可逆性タービン」という機構を組み込んだ新型のエンジンとなっている。このエンジンでは、従来の時流子でタイムタービンを駆動することによってエネルギーを得ることに加え、エネルギーを注入することによって時粒子を加速させることが可能である[1]
これによってラースエイレムの「システムを持たない機体の時粒子の運動速度を極限まで低減する」という性質に対抗することが可能となったが、同時に多少ながら暴走のリスクを孕んでいる。時粒子を意図的に加速できるということは、時間の流れを意図的に加速できるということを意味するため、使い方によっては極めて危険な、今後のOGシリーズにも大きな影響を及ぼし得る要素となった。
また、ゾヴォークゴライクンル)からも目を付けられており、グランゾンサイバスターらと同様に鹵獲対象の筆頭に数えられている。

関連用語[編集]

時粒子
どの空間にも存在し得る粒子。
システムXN
ギリアム・イェーガーが開発した「空間・次元転移装置」。ギリアムは存在を知った時点で、システムXNのエネルギー供給源としての可能性を見出していた。
ラースエイレム
J』などに登場する時の流れを止める装置。『OG』ではこの装置への対抗策として再び日の目を見ることになる。時粒子の研究についてはラースエイレムを保有するフューリーが一歩先んじている。
ボソンジャンプ
タイムスリップの一種。共演した『R』ではボソンジャンプ中の機体をエクサランスで連れ戻した他、ボソンジャンプの演算ユニットを用いて時流エンジンの調整が行われたこともあった。

関連人物[編集]

デュミナス
『R』では過去に跳ぶための、『OG外伝』では転移の手段として利用価値を見出した。
ギリアム・イェーガー
前述のシステムXNに転用できると可能性を見出していた。
シャドウミラー
時流エンジンをあくまで転移能力に利用価値を見出していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. これは磁場と電流の相互作用を応用した発電機と電動機(モーター)に例えられる。発電機では火力や水力等によって磁場中の導体を動かし、電磁誘導によって生じた電気エネルギーを得ることができる。電動機はその逆で、磁場中の導体に電流を流すことで電磁力を得る。従来の時流エンジンは発電機に相当し、新型で可能となった機能は電動機に相当する。