エクサランス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
エクサランス
外国語表記 EXCELLENCE
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 大輪充
分類 万能型人型機動兵器
型式番号
  • EXF-01(フィオナ機)
  • EXF-02(ラウル機)
動力 時流エンジン
内蔵機体 アージェント・ファイター
開発者 ミズホ・サイキ
ラージ・モントーヤ
所属 ラウンドナイツ(R)
L&Eコーポレーション(OGシリーズ)
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

スーパーロボット大戦R』の主人公機。

時流エンジンを搭載した人型機動兵器。

コアブロックシステムを採用し、「地形に合わせてフレームを使い分ける」というコンセプトによりフレーム換装システムを擁する。

フレーム開発担当はミズホ・サイキ。エンジン部分はラージ・モントーヤが担当している。

元々は人命救助=レスキューを目的に設計されていたものだったが、研究資金援助を軍から受ける必要があった故に止むなく機動兵器として、それぞれのレスキューフレームを元に再設計された機体。

名称のエクサランス(Excellence)は、英語で「優秀」を意味する。

換装形態[編集]

エクサランス・ストライカー
ストライカーフレーム。接近戦・地上戦用。
エクサランス・ガンナー
ガンナーフレーム。砲撃戦用。
エクサランス・コスモドライバー
コスモドライバーフレーム。宇宙戦用。
エクサランス・フライヤー
フライヤーフレーム。空中戦用。
エクサランス・ダイバー
ダイバーフレーム。水中戦用。
エクサランス・ガンストライカー
「ストライカー」と「ガンナー」を組みあわせたフレーム。『OGMD』で登場。
  • 以下2種はデュミナス戦用に作られた全地形対応最強フレーム。
エクサランス・ライトニング
ライトニングフレーム。『OG外伝』では近接格闘戦用に特化している。
エクサランス・エターナル
エターナルフレーム。『OG外伝』では長射程射撃戦用に特化している。

原典の『R』ではゲームシステムの関係上、強化パーツミノフスキークラフト等)で地形適応を簡単に補える為、「地形に合わせてフレームを使い分ける」というこの機体の特色は損なわれがちである。イベントで敢行される一回を除けば、マップ内での換装は不可能で、通常時はアージェントファイターへの分離のみがマップ内で可能という仕様になっており、その事が一層拍車をかけている。

これらの問題は『OGS』『OG外伝』にて解決しており、母艦の近くならマップ内でも自由に換装することが可能となった。

エクサランス・レスキュー[編集]

『第2次OG』で初登場した新規開発のエクサランス。エクサランスの本来の姿といっても過言ではない。

Rのラストにてテキストでのみ出てくるレスキュー用機体ネオ・エクサランスとは別の機体である。

登場作品と操縦者[編集]

全作共通でラウルとフィオナ専用機。ただし、ガンナーとダイバーはOGシリーズには登場せず。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
改造段階は全フレーム共有。ある程度改造しておけば2周目以降の序盤は単機でクリアも可能。ライトニングないしエターナルを入手した後も、各地形対応フレームは使用可能(合計全6種)。
また、主人公がラウルでナデシコルートの場合、レスキューが開発されることが示唆されている(ラー・カイラムルートの場合は「ネオ・エクサランス」という新型機が登場する)。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
OG2編冒頭から登場するが、本格参戦は終盤になってから。ストライカー、コスモドライバー、フライヤーの3種類のフレームだけが登場する。先述した通り原典のRから改良され、本機の特徴である換装を最大限に活かせるシステムとなっている。強化パーツで地形適応を補いつつ、各フレームの武装の特徴の違いを活かして換装すると良い。ただし戦艦が出撃できないマップでエクサランスが強制出撃する場合、インターミッションで装着したフレームだけで戦う事になるので注意。
スーパーロボット大戦OG外伝
ガンナー、ダイバーの登場が期待されたが、残念ながら未登場に終わった。終盤ではライトニング、エターナルの2種類の最強フレームが使用可能になる。前作に登場した3種類のフレームは、ラウル機とフィオナ機の一方が使用しているともう一方が換装できない仕様になっている(とは言え、フィオナ復帰と同時に最強フレームが解禁されるので、その事に気づいてないプレイヤーも多かったと思われる)。終盤ではラウル機にミズホとラージも搭乗し、三人分の精神が使用可能になる。
第2次スーパーロボット大戦OG
レスキューが初登場。水上マップが多いためダイバーの出番もあっただろうが、残念ながら他のフレームへの換装は不可能。しかしレスキューの性能はなかなかのもの。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
ガン・ストライカーが初登場。また、ガンナーも設計だけはされていた。

関連機体[編集]

ネオ・エクサランス
『R』のエンディングで名前が出てきたフレーム換装型のレスキュー用新型エクサランス。ラウルはラー・カイラムルート、フィオナはナデシコルートで言及されている。国際救急隊の所属であり、ラウルルートの描写では「耐圧ストライカー」というフレームが登場している。混同される事があるがエクサランス・レスキューとこの機体は全く別のものである。