エクサランス・コスモドライバー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
エクサランス・コスモドライバー
外国語表記 EXELLENCE COSMO-DRIVER
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 大輪充
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 万能型人型機動兵器
機種 エクサランス
全高 30.2 m
重量 25.1 t
動力 時流エンジン
内蔵機体 アージェント・ファイター
開発者 ミズホ・サイキ
ラージ・モントーヤ
所属 ラウンドナイツ
主なパイロット ラウル・グレーデン
フィオナ・グレーデン
テンプレートを表示
スペック
(OG)
分類 万能型人型機動兵器
機種 エクサランス
型式番号 EXF-01C
EXF-02C
全高 21.8 m
重量 72.6 t
動力 時流エンジン
内蔵機体 アージェント・ファイター
開発者 ミズホ・サイキ
ラージ・モントーヤ
主なパイロット ラウル・グレーデン
フィオナ・グレーデン
テンプレートを表示

エクサランス・コスモドライバーは『バンプレストオリジナル』の登場メカであり、『スーパーロボット大戦R』の主役メカの一形態。

概要[編集]

エクサランス』の宇宙戦用のフレーム。

高速による集団戦に特化したフレームで、無人誘導兵器の「フェアリー」によるオールレンジ攻撃が可能。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
第1話時点でのエクサランス。その後暫くは使えなくなるが、中盤以降に再度使用可能になる。地上での適正は低いが宇宙戦はお手の物。中盤以降は宇宙マップも多いので、最も活躍頻度が高いだろう。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
後半に登場、本作では加入時点でこの形態に換装。終盤は宇宙マップが多いので、この形態の活躍する場面は多い。
スーパーロボット大戦OG外伝
今回は地上戦が多いので、宇宙用のエクサランス・Cの活躍できる場面は少ない。強化パーツで地形適応を補えば、移動後に比較的射程の長い『フェアリー』の使い勝手が良く、積極的に攻め込める。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

マシンキャノン
胸部から発射する牽制用の武装。
ハイコートマグナム
腰にマウントしている2丁拳銃。
高周波ソード
肘に内蔵された高周波の剣。
フェアリー
通称「破壊の妖精」。無人誘導兵器で、8基装備。OGシリーズではリフレクターによる反射機能も追加されている。さながらサイコガンダムMk-IIである。ラウル曰く『この妖精は、性格悪いぞ!』との事。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。
EN回復(中~大)

移動タイプ[編集]

地上でも使えないことはないが、極端に性能が落ちる。

サイズ[編集]

M