エクサランス・ガンストライカー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エクサランス・ガンストライカー
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 大輪充
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 人型機動兵器
機種 エクサランス
全高 21.6 m
重量 119.4 t
動力 時流エンジン
浮揚機関 テスラ・ドライブ
開発者 ミズホ・サイキ
ラージ・モントーヤ
所属 地球連邦軍鋼龍戦隊
主なパイロット ラウル・グレーデン
フィオナ・グレーデン
テンプレートを表示

エクサランス・ガンストライカーは『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』の登場メカ

概要[編集]

ラースエイレムの対抗策として時流エンジンが再び必要となったため設計された、新たなエクサランス

陸戦用フレームであるエクサランス・ストライカーの上半身と、砲撃戦用フレームであるエクサランス・ガンナーの下半身とバックパックである「ガンフェアリー」を合体したもので、ガンナーの優れた砲戦能力はもちろんのこと、ストライカーのクラッシャー・アームで格闘戦にも対応しており、近遠どちらもこなせるフレームとなっている。また、テスラ・ドライブを搭載しており、エクサランス単独での飛行も可能。ラウル・グレーデン曰く、見た目に反して結構機動性が高いらしい。

本機に搭載された時流エンジンは「可逆性タービン」を導入した新型エンジンである。戦闘能力の面ではライトニングエターナルの方が上だが、基本フレームであるストライカーのほうが時流エンジンが安定させやすく、またラースエイレムを運用するフューリーという大きな脅威を前にして時間的にも余裕が無かったこともあって、繊細な調整が要求されるライトニングやエターナルではなく、信頼性の高いストライカーに、設計図だけが存在していたガンナーのコンセプトを盛り込む形で製造された。

ラウル機とフィオナ・グレーデン機の2機が製造され、ストライカーフレームカラーの赤い機体がラウル機、ガンナーフレームカラーの緑の機体がフォオナ機となる。

バックパックである「ガンフェアリー」は分離が可能で、フローティング・タンク・モードに変形し遠隔攻撃兵器としても使用可能。 上半身はストライカーのものが基本となっているが、頭部のブレードの大型化、右手のクラッシャー・アームもバスター・アームとなり強化・大型化されている他、両胸、背中に折りたたまれたブースターなど、細部が違っている。 両肩にはガンナーのミサイルランチャーのブロックが一つカットされたもの(ガンナーは3ブロック)が装備されている。 また、プラズマビームとチェストスマッシャーを戦闘では使用しないが、使用できないのかどうかは不明。

通常時の外見はほぼガンナーであるが、最強技の際には大型のバックパックが分離し、背面に折りたたまれた本体側のブースターが上部に展開する事で一気にストライカーの印象が強くなる。 ガンナーとストライカーの特徴を併せ持ったフレームに仕上がっている。

登場作品と操縦者[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
クロガネルート第33話から登場。ラウル機・フィオナ機の2機が参入する。換装や分離は不可。
性能を一言で表すのであればストライカーの基本性能にガンナーの武装を追加した形
時流エンジンの強力なEN回復能力は健在で、気力さえ溜まればギガント・バスター・アームを撃ちたい放題できる。また、ガンナーの武装が追加された事によりストライカーの時とは違い遠距離戦も難なくこなせる。但し近距離はEN消費武器・遠距離は弾数制武器しかない為、ある程度運用方針は定めておきたいところ。能力を考慮するならばラウル機はEセーブを付けた近距離戦、フィオナ機はBセーブを付けた遠距離戦を任せると吉。
地味に気力が105になるまで移動後に使用できる武器が無いと言う欠点があるが、エースになってしまえば解決する為さほど大きな問題ではない。
本機はPVや雑誌情報では存在が伏せられており、発売直前になって、プレイステーション公式生放送『プレキャス』において情報が初公開され、大きなサプライズを与えた。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ヒートナイフ
近接戦闘用の実体剣。単体武装としては使用せず、クラッシャー・アーム使用時に使用する。
ミサイルランチャー
両肩に装備されたガンナーから継承された装備。全体攻撃。
ガイダンスマイン
ガンナーから継承された装備。『R』と違い方向指定型・味方識別有効のMAP兵器。
ガンナーの同名武器とは違い地上以外の敵も攻撃可能だが、掘り進む地面が無いと上手く飛ばないのか宇宙適応はB。
5連ガトリング・ビーム・ガン
ガンナーから継承された装備。右腕がクラッシャーユニットとなっている為左腕で扱う。ガンナーよりも砲身の数が一門減っている。
なお名称が5連となっているが、OGシリーズの戦闘アニメーションでは砲身が6本で、逆に「R」のガンナーの装備であった六連ガトリングビームガンは砲身が5本に見える。
クラッシャー・アーム
ストライカーから継承された武装。ストライカーの時とは違いロケットパンチの様に撃ち出す事が可能となった。
OGではクラッシャーユニットによる突貫⇒そのままロケットパンチ⇒ヒートナイフによる追撃の流れ。
ガンフェアリー
背部に装着されたキャノンユニット。コスモドライバーのフェアリーの機能を備えており、フローティング・タンク・モード(浮遊戦車)になることで自立行動可能。これ自体にもコクピットがあるが、基本的に無人。
ロングレンジ・プラズマ・カノン
ガンフェアリーに搭載された2門の巨大な砲塔。基本仕様はガンナーから継承されたもの。
衝撃に備える為か、太もものパーツが前側にスライドし、脚部背面に装備されたスパイク・プレートを展開する。
ギガント・バスター・アーム
ガンストライカーの必殺技。ストライカーの必殺技「ギガント・クラッシャー・アーム」の発展形とも言える技。
「ガンフェアリー」を分離させ、本体と連携攻撃を仕掛ける。クラッシャーユニットでの攻撃の影響かバリア貫通属性持ち。

特殊能力[編集]

EN回復(大)
基本的に武装が弾数制なので比較的恩恵は薄いが、最強武器のギガント・バスター・アームを気にせずバンバン撃てる。

移動タイプ[編集]

テスラ・ドライブにより、飛行可能。ただし、『第2次OG』からの恒例で空適応はB。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

移動力+1、攻撃対象の特殊能力「ラースエイレム」無効
ラウル・フィオナは共に援護攻撃に秀でるため、このカスタムボーナスを得たならフューリー戦では兄妹をフル回転させたい。
エースボーナスの都合から両人は成長速度も良好なので、厄介なラースエイレム機を完封する展開も十分可能である。

機体BGM[編集]

「OVER THE TIME FLOW」
ラウル機。
「OVER THE WORLD WALL」
フィオナ機。

関連機体[編集]

エクサランス
本体。
エクサランス・ストライカー
エクサランス・ガンナー
この2つのフレームをあわせたのが本機。