宇宙戦士バルディオス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇宙戦士バルディオス
監督 広川和之
キャラクターデザイン 上條修
メカニックデザイン 佐藤元
亀垣一
音楽 羽田健太郎
制作 葦プロダクション
放送局 テレビ東京
放送期間 1980年6月30日 -
1981年1月25日
話数 全31話+未放送3話
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
テンプレートを表示

宇宙戦士バルディオス』は葦プロダクション制作のテレビアニメ作品。

概要[編集]

地球を狙い戦争を仕掛けてきた異星人の軍団、そして、その異星人の一人が地球に寝返って地球のために戦ってくれる……という、スーパーロボットものの古典的なプロットを踏襲する作品であるが、その王道ヒーロー路線と大きくかけ離れたバッドエンド作品としても知られている。

OPで「明日を救え」と歌われているのに、最終回で敵の作戦を防げず、OPの「激しい波が重なってのブルーになるんです」という言葉通り、30億人が大津波で死亡し、全く明日を救えぬまま「完」となった衝撃作。これはいわゆる打ち切りエンドであったため、後に完全版を求める声から劇場版が公開された。TV版では未解決だった伏線が解消され、物語は一応の結末を見たが、劇場版でも大洪水を防ぐことができなかったばかりか、その後に続いた戦争によって地球が核汚染されるというさらに酷い状況が描かれ、やはり全く明日を救えぬまま「完」となった。もっとも、未放映分が収録されている『TV版宇宙戦士バルディオス大百科』によれば、打ち切りにならなかった場合は劇場版よりも更に悲惨な結末が待っていたようだが……。

なお、劇場版に関してはスタッフとキャストが大幅に入れ替えられ、TV版のファンからは戸惑いの声が上がった。他にも色々な要素である意味『劇場版 機動戦士Ζガンダム』の先駆けとも言える存在。

ちなみに最終回は、同じく皆殺し&打ち切りアニメである『伝説巨神イデオン』の最終回の5日前に放送された。打ち切り→劇場版で完結という手法もまた同じなのだが、『バルディオス』のほうが『イデオン』より先に公開されている。この先を越された事に対して、『イデオン』の富野由悠季監督は少し悔しがっている。

ストーリー[編集]

放射能汚染により人の住めぬ星となったS-1星では、移住の為に他星侵攻を主張する軍部と科学力による放射能の浄化を主張する科学者グループが対立していた。そんな中、ついに親衛隊長のゼオ・ガットラー皇帝を暗殺し実権を掌握。強引に侵略と移住を開始する。

そんな中、科学者グループのリーダーだった父を殺された上、皇帝暗殺の濡れ衣まで着せられたマリン・レイガンは戦闘機パルサバーンでガットラーの亜空間要塞に戦いを挑むも、亜空間移動に巻き込まれて西暦2100年の太陽系へと流れ着いてしまう。

同じように太陽系に辿り着いていたガットラーらアルデバロン軍は、地球が居住可能であると知るや侵攻を開始。それに対し、ブルーフィクサーに救助されていたマリンはスパイの容疑をかけられながらも、ガットラーへの復讐、そして何よりも青く美しい地球を守るべくバルディオスへ乗り込む・・・。

明日を救え、バルディオス!

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

ブルーフィクサー[編集]

マリン・レイガン
主人公。(ニュー・)パルサバーンのパイロットにしてバルディオスのメインパイロット。
ジャック・オリバー
バルディ・プライズのパイロット。
北斗雷太
キャタレンジャーのパイロット。
ジェミー・星野
ブルーフィクサーの科学開発局応用物理研究室員。マリンに想いを寄せる。
月影剛士
ブルーフィクサーの司令長官。マリン達の最大の理解者。
エラ・クインシュタイン
ブルーフィクサーの科学開発局長。
デビット・ウェイン
(ニュー・)パルサバーンの予備パイロット。秘かに恩師であるクインシュタインを慕っている。

S-1星[編集]

ゼオ・ガットラー
アルデバロン軍総統。
ローザ・アフロディア
アルデバロン軍最高司令長官。ガットラーの側近。弟の仇敵であるマリンとは敵対しながらも、彼に惹かれていくようになる。
ネグロス
アルデバロン軍戦闘副司令官。
キャリン・フリック
アルデバロン軍の一員。しかし…。
トリノミアス三世
S-1星の皇帝。
アルデバロン兵

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

地球[編集]

バルディオス
主役ロボ。ガンダムに顔が似ているのはプラモの金型の都合。
フィクサー1
ガニメド破壊用ロケット。

アルデバロン軍S-1星側)[編集]

アルデバロンメカ[編集]

ビッグオクト
アクーダイカン
ジョラー

その他[編集]

透明円盤
戦闘空母
人工太陽
スピリットガットラー

用語[編集]

S-1星
ソウル太陽系第一惑星で、マリンの故郷。過去の放射能汚染により人が住めない星と化しており、人々は地下での生活を余儀なくされている。しかし、それも限界に達しており、S-1星人の死滅も時間の問題となっている。
アルデバロン軍
アルデバロンメカ
アルデバロン軍の機動兵器。分類はSRWでの呼称。
ブルーフィクサー
情け無用の掟
詳しくはアルデバロン軍の項で。
地球洪水作戦
アルデバロン軍がTV版最終回で発動させた作戦。人工太陽によって北極南極の氷が解け、津波によって30億の人々が死亡、地球の地形はS-1星そっくりとなってしまった。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「あしたに生きろバルディオス」
歌:伊勢功一 作詞:保富康午 作曲・編曲:羽田健太郎
本曲では「明日を救え」と歌われているのに、肝心の本編劇中ではそれが実現せず、スパロボにてようやく文字通り「明日を救えた」。
歌詞のほとんどが「~なるんです」等の「敬体」で作られている。
Z』『第2次Z』での基本戦闘BGM。
エンディングテーマ
「マリン・いのちの旅」
歌:伊勢功一 作詞:保富康午 作曲・編曲:羽田健太郎
哀切を帯びたムード歌謡調のエンディングテーマで、主人公であるマリンの心情を歌った名曲である。
テレビ版最終話にて、洪水で街が水没していき、マリン達が何も出来ぬまま指を咥えて見ているシーンに合わせて本曲が流れ、最後の「男だーーからー」と共に「完」となる展開が視聴者に与えた衝撃と植え付けたトラウマは想像に難くない。
『Z』でイベント時に挿入される。

登場作と扱われ方[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
初参戦作品。声優代役を除いて劇場版準拠となっている。TV版でナレーションを担当していた石森達幸氏が別口で出演していたため、中断メッセージでは次回予告の再現が行われており、そのためナレーションのみTV版となっている。
無敵超人ザンボット3』や『伝説巨神イデオン』などと同じく、スパロボで救われた作品の一つ。伝説として語られているTV版最終回が特殊ゲームオーバーとして再現されている他、幻の必殺技「バルディロイザー」が映像化され、ほぼ未完だった作品を完結させるなど歴代参戦作品の中では、最上級の待遇を受けている
クロスオーバー要素として、ブルーフィクサーの基地が『宇宙大帝ゴッドシグマ』から登場のトリニティシティとなっている。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
携帯機初参戦。中盤からゴッドシグマとともに加入。
前作の戦いの後、S-1星の人々と和解し、(ある意味では随分と呆気なく)新天地を見つけ、明日を救ってハッピーエンドになったことがマリンの口から語られた。ブルーフィクサーの面々は明神タケルと絡む。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
今回は日本ルート序盤から登場。『破界篇』でのタケルとの絡みの影響からか、金田正太郎との絡みもよく見られる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
第3期参戦作品の第11弾として、2018年4月より追加参戦。

余談[編集]

  • 元ネタは映画『猿の惑星』である。終盤明らかとなる地球S-1星の関係に、それが垣間見える。
  • 庵野秀明監督の妻・安野モヨコ氏は「南極で何かが起きて氷が融解、多くの被害を出して地球の地形が変わってしまうという『宇宙戦士バルディオス』の衝撃的な結末は『新世紀エヴァンゲリオン』のセカンドインパクトの元ネタになった」と、漫画『監督不行届』にて語られている。
  • バラエティ番組『決定!これが日本のベスト100』(2002年5月26日放送)のアニメ特集の際にミニコーナーで紹介され、その衝撃的な結末は番組のスタジオのレギュラー・ゲスト陣と全国のお茶の間の視聴者に衝撃と失笑を与えた。

商品情報[編集]

Blu-ray[編集]

DVD[編集]

  • DVD-BOX

  • 単巻

書籍[編集]

レンタル・動画配信[編集]

TVシリーズ
サイト名 取扱いの有無 備考
GYAO!ストア ×
ユーネクスト 配信期限あり
dアニメストア
劇場版
サイト名 取扱いの有無 備考
ユーネクスト 配信期限あり
dアニメストア