北斗雷太

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
北斗雷太
読み ほくと らいた
外国語表記 Raita Hokuto
登場作品 宇宙戦士バルディオス
声優 玄田哲章
デザイン 上條修
初登場SRW スーパーロボット大戦Z
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
出身 リトルジャパン
所属組織 ブルーフィクサー
所属部隊 特務戦闘隊
軍階級 軍曹
テンプレートを表示

北斗雷太は『宇宙戦士バルディオス』の登場人物。

概要[編集]

ブルーフィクサーの一員で、体格の大きい典型的な3号機パイロット。

戦闘ではバルディオスの左脚を構成するメカ・キャタレンジャーのパイロットを務める。同僚であるジャック・オリバー以上にマリン・レイガンを敵のスパイと疑い、激しく衝突するが次第に信頼してゆくようになる。

日系人の面移民都市であるリトルジャパンの出身だが、そこの住民が都市を捨て金星に旅立った直後に隕石に衝突、赤ん坊だった頃の雷太だけ逃がされて一人生き残った過去を持つ。

なお、本来予定されていたシナリオではアルデバロン軍との死闘の最中に命を散らす予定であったが、番組が打ち切りになってしまった為に死亡エピソードが製作される事は無く、後の劇場版でも死ぬことはなかった。映像化されなかったTV版のエピソードを基としたソノラマ文庫の小説版宇宙戦士バルディオス』においては、上記のシナリオに基づいて彼の死亡エピソードが描かれている。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
序盤のマリンとの確執がかなり濃く描かれており、他のキャラから「そのやり取りは飽きた」と呆れられる場面も。セツコルートを選択した場合は再合流時に和解済みとなっている為、雷太達がチームとして纏まる過程が省かれた形になる。他にも、士官学校で教官を務めているという設定を活かし、ZEUTHのメンバーのトレーニングのコーチを剣鉄也と共に務めるというシーンも。
また、『宇宙大帝ゴッドシグマ』の面子との絡みが多く、序盤はゴッドシグマの合体時間を稼ぐためにオリバーと共に奮闘する場面も。さらに、吉良謙作とは声・外見・ポジションが全て似ているためによくネタにされていた。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
『真マジンガー』関連のシナリオでは、キラケンと共に中の人ネタでナレーションを披露する。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年4月のイベント「時代を継ぐ者」で初登場。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

実に3号ロボらしいコマンドを習得する。メインパイロットのマリンが熱血を覚えないので、自然と熱血担当になるだろう。

Z
ド根性努力鉄壁熱血気迫
第2次Z
ド根性努力信頼鉄壁熱血気迫
『Z』で紆余曲折あった後では信頼を習得している。

人間関係[編集]

マリン・レイガン
当初はスパイと見なし対立した。世界沈没計画の際には、共に「失う家族がいないのは幸せなことかもしれない」と呟いた。
ジャック・オリバー
同僚。
月影剛士エラ・クインシュタイン
上官。
大作
雷太の故郷であるリトルジャパンに残留していた老人のリーダー。リトルジャパンを訪れた雷太を拘束するも、最後は下記のアンドロイドに彼を開放するよう命じ、旧式戦闘機でアルデバロンメカ・ガニムに特攻し戦死する。
名前は本編では未呼称。劇場版には未登場だが、雷太の「故郷の爺さん達を殺された」という台詞はある。SRW未登場。
リトルジャパンのアンドロイド
雷太の両親と、赤ん坊時代の雷太自身に似せて造られたアンドロイドの一家。両親のアンドロイドは、ロボットに過ぎない赤ん坊がいつか大人になってくれたらと、叶うはずのない夢を見続けていた。故に大人になった本物の雷太に会えて幸せだと告げ、大作達の元に向かおうとするが、崩れてきた天井に押し潰されて破壊された。SRW未登場。
ジル・オブライエン
ブルーフィクサーの同期。雷太曰くトップの秀才だった。彼女に憧れていたようだがアルデバロンにアメーダスという四次元生物を寄生させられ干からびて変わり果てた姿を発見することになる。汚染された宇宙船を持ち帰ることに反対するクインシュタイン博士を押し切って彼女の遺体をブルーフィクサー基地に持ち帰ったことから基地が大混乱に陥る。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

吉良謙作
声、外見、ポジションとかなり似ている。性格的にはやや対照的だが、『Z』では非常によく絡む。
剣鉄也
『Z』では彼と共にトレーニングのコーチを務めた。

バンプレストオリジナル[編集]

セツコ・オハラ
Z』での初対面時、彼女にキラケンと間違われてしまう。
レーベン・ゲネラール
『Z』第47話で本性を現した彼を「裏切り者」と呼んだ。

名台詞[編集]

「よおし俺に任せとけ、いい考えがある!」
第26話「謎の宇宙生命体」より。声が声だけにコンボイ司令官を連想してしまうが、バルディオスの機関部に潜り込んだアメーダスをうまくおびき出し、腹部のミサイルに取り付かせミサイルごと敵に発射した。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

キラケン! お前が相手なら、手加減はなしだ!」
Z』中盤におけるゴッドシグマとの戦闘時に発生する特殊戦闘台詞の一つ。サブパイロットの敵サブパイロットに対する戦闘台詞というのはシリーズ史上初。
「知るか!腹が減り過ぎて考える気にもならん!」
ZSPD』ビーター・サービス業務日誌第1話「食べたくて合体」より。極限状態の飢餓感に見舞われ絶体絶命のアウトサイダー組へ、「空腹」についての謎掛けを述べる不動司令にイラ付いて発した尤もなリアクション。
「うんうん。アースWILLの言っていた調和と共存ってやつだな」
第2次Z破界篇』第43話宇宙ルート「ロゼの決意」より。タケル説得に応じ、共にZEXISの一員として戦う事を誓ったロゼを見て満足げに頷くが、すかさずキラケンから「それが一番欠けてたのはお前らじゃろうが」とのツッコミを貰う事に。
「だから、甲児は行く! あしゅらと決着をつけるため!」
第2次Z再世篇』第47話「死線!総攻撃Dr.ヘル!」より。一騎打ちを申し込んできたあしゅら男爵に向かっていく甲児に、キラケンと雷太は原作のナレーション(一部改変)を披露する。

搭乗機体[編集]

キャタレンジャー
上から突き出た体操競技の吊り輪のような一風変わった操縦桿で操縦する。
バルディオス
上に同じ。