2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

バルディオス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
バルディオス
外国語表記 Baldios
登場作品 宇宙戦士バルディオス
デザイン 佐藤元
分類 スーパーロボット
全高 100 m
重量 900 t
動力 重水素核融合エンジン
反重力エンジン
亜空間推進エンジン
開発者 エラ・クインシュタイン
所属 ブルーフィクサー
パイロット
【メイン】
マリン・レイガン
【アシスト】
ジャック・オリバー
北斗雷太
テンプレートを表示

概要[編集]

S-1星からマリン・レイガンが持ち込んだパルサバーンを改造したニュー・パルサバーンと、地球製のバルディ・プライズとキャタレンジャーの3機のメカがチャージ・アップして完成する、地球とS-1星の科学力が生み出したスーパーロボット

と戦う場所を選ばず、アルデバロン軍アルデバロンメカと同様に亜空間への突入が可能である。

ジャック・オリバーはパルサバーンというベースがあったとはいえ、地球とS-1星のメカを組み合わせたロボットが短期間で生みだされたことに疑問を抱いていたが、これは地球とS-1星をめぐる終盤の展開への重要な伏線となっている。

ソノラマ文庫から刊行された小説版(未放映に終わったTV版終盤のプロットに基づいている)では、終盤でキャタレンジャーが大破。雷太が戦死し、最終決戦を目前にして合体不可能になる。

構成機体[編集]

パルサバーン、キャタレンジャー、バルディプライズ
合体元である3大メカ。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
機体サイズが2Lという事もあって、数値以上に攻撃力は高い。特に、攻撃力と命中率が高いサンダーフラッシュが強力。だが、高い攻撃力の反面、燃費は極端に悪いのでEN改造とEセーブは必須。P武器は全体的に射程が短かったり、燃費が悪い大技だったりと癖が強いので、長射程の亜空間ビームやサンダーフラッシュ主体ならヒット&アウェイも欲しい。また、バルディロイザーが追加される事を考えると、再攻撃も選択肢に入る。
その他の特徴として、移動に適応があり、機体やマリンの地形適応も海Aなので、単機なら海に沈めて戦う事も可能。なお、原作のTVアニメ版のバッドエンドを反映してなのか、パイロットの3人は誰一人幸運を覚えない上に、精神コマンドの分担にも難がある。
しかしながら、『Z』でも特に派手な戦闘アニメが多い。
第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
物語中盤からゴッドシグマと共に加入。前作の最大武装のバルディロイザーが削られている以外は特に変化はないので、前作同様に使用すれば良い。小隊制でなくなった分、海適応が活かしやすくなった。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
やはり使い勝手は変わらない。中盤からはバルディロイザーが解放されるので、ボスキラーにもなり得る火力を持つ。
以降のZシリーズには未参戦だが、『第3次Z天獄篇』ではZ-BLUEに参加していない旧ZEUTHZEXISのメンバーと共に、翠の地球サイデリアルと戦っている設定となっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年3月より実装。SSRアタッカー。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ショルダーキャノン
両肩に備えられたキャノン砲。
PLA武器だが射程が3しかなく、威力が低いため小隊員としての運用には向かない。
バルディミサイル
脚部に装填されたミサイルを発射する。
『Z』ではトライチャージ武器。『第2次Z』ではシステムの変更を受けて通常武器になり、マリンのカットインが追加された。
パルサーベル
胸部エムブレムの下部に収められた剣で攻撃。非常に紛らわしいが、「バル」ではなく「パル」サーベルである。
P武器だが射程が1~2と短い。
『Z』では、戦闘アニメが対空・対地で変化することに併せ、原作の様々なシーンを再現した戦闘アニメが豊富に用意されている。
パルサーベル・ドリンギング
パルサーベルを伸ばし、二刀流で攻撃。パワーアップ時に追加される。
威力は高いが消費ENは高く、なおかつ射程1。
亜空間ビーム
額から亜空間エネルギーを応用したビームを放つ。別名「バル・ビーム」。こちらはパルではない。
格闘系の長射程武器。美麗なリアルカットインが拝める。
サンダーフラッシュ
亜空間移動後、敵の至近距離でワープアウトし、胸部から膨大なエネルギーを放出する格闘系の必殺武器。反動が大きいのか、バルディオスの巨体が大きく吹っ飛ぶのが印象深い。
『Z』では全体攻撃。その攻撃方法故か命中率補正が+50%と非常に高い。燃費はかなり悪くEN対策は必須。

必殺技[編集]

サンダーフラッシュ・フルパワー
亜空間ビーム・バルディミサイル・ショルダーキャノン・パルサーベル・サンダーフラッシュを使った一斉攻撃。
X-Ω』で採用された他、『破界篇』のOPムービーにてそれらしき技を放っているシーンがある。
バルディロイザー
全身からエネルギーを放出しながら敵機めがけて特攻、さらに敵の内部でチャージ・オフ、離脱しつつ引き裂くというバルディオス本体にとっても危険な技。いわゆる、バルディオスの破壊と引き換えに攻撃力を得る自爆技である。
実は原作が打ち切られた為に映像化されず、ソノラマ文庫の小説版でのみ登場した幻の技であり、映像化されるのは『Z』が初となる。
射程1~3のP武器で止めにも援護にも扱いやすいが、燃費が非常に悪い。イベントで追加される隠し武装。再攻撃に使用した日には戦艦でも大破は確実。挿入されるニュー・パルサバーン、バルディプライズ、キャタレンジャーのカットインはDVD-BOX版パッケージも担当した大張正己氏が担当している。
再世篇』では最大射程が2に下がって若干使いづらくなっているが、攻撃力は健在。また、シメとなる花の演出アフロディアのカットインが追加。なお、Sサイズのムゲ帝王はまだしも、SSサイズのピグマン子爵の内部にも突入出来てしまう
3D-バルディ
ゲーム未登場。第26話でドリンギングと共に追加された新攻撃で、亜空間突入の応用で分身しながら攻撃する(イメージ的にはラインバレルのオーバーライドに近い)。

その他[編集]

バースト・ソーサー、バルディ・カッター
宇宙戦士バルディオス」挿入歌「立て!バルディオス」内で言及されている武装。詳細不明。

特殊能力[編集]

剣装備
パルサーベルで切り払いを発動。
亜空間突入
気力130以上で発動。移動時に地形や敵の影響を無視し、敵の攻撃を25%の確率で完全に回避

移動タイプ[編集]

飛行可能。
貴重な水中移動が可能なスーパーロボットでもあり、S-アダプターとの相性が完璧。

サイズ[編集]

2L

カスタムボーナス[編集]

特殊能力「亜空間突入」の気力制限解除
第2次Z』で実装。地形の影響と分身能力が使い放題になるため、立ち回りがしやすくなる。

機体BGM[編集]

「あしたに生きろバルディオス」
OPテーマ。
「マリン、いのちの旅」
EDテーマ。パルサーベル・ドリンギングのイベント戦闘で流れる。

スパロボシリーズの名場面[編集]

VS人工太陽
Z』第44話「舞い降りる太陽」にて。原作では実現しなかった対決。亜空間フィールドで身を守る人工太陽に為すすべがないZEUTHソルグラヴィオンの攻撃でフィールドの除去には成功したものの、修復能力を備えた人工太陽を稼働開始までに撃破することは不可能だった。
窮地でマリンが選択したのは、バルディオスの最終兵器「バルディロイザー」の使用。失敗すれば人工太陽を撃破しても自らの命がないというその攻撃を、マリン達は躊躇なく敢行する。亜空間突入の一瞬の後、再合体したバルディオスのコクピットで彼等が見たものは、爆炎を上げて砕け散る人工太陽、そして救うことのできた明日だった。
スピリットガットラー
『Z』第54話「魂の凱歌」にて。総統ガットラーの座する、アルデバロン旗艦との決戦。地球に生きる人々の怒りを力に、バルディオスはアルデバロン軍との最終決戦に臨む。

関連機体[編集]

キャタレンジャー2号機、バルディプライズ2号機
建設中のBFS第2基地に配備されていたが、第18話でアルデバロン軍の攻撃により基地ごと破壊された。SRW未登場。
ガムジャード
バルディオスの能力を元に、世界連盟軍が開発した巨大戦闘ロボット。長剣が主武装で、2体の敵ロボットをあっさりと破壊して見せたが、それはアルデバロン軍の作戦に過ぎず、用済みと見なされた後は戦闘空母の体当たりによって叩き潰された。
月影長官曰く「性能は高いが、乗りこなせる者がいない」。SRW未登場。

余談[編集]

  • バルディオスの顔は玩具の金型の都合でガンダムによく似ている。
    • 寺田Pは「当時大流行だったガンプラが品薄で買えず、仕方なくバルディオスのプラモを買っていった」という苦い思い出があることを明かしている。
    • バルディオスの顔がガンダムに似ているためか、漫画『プラモ狂四郎』にもバルディオスのプラモが出てきたことがある。
  • 佐藤元氏がキャラクターデザインを担当したプレイステーション用ゲームソフト『THE 銭湯』には、同じく佐藤氏がデザインした作品のパロディキャラが複数登場するが、その中にダムガンという名のロボットがいる。その名とは裏腹に、外見はどう見てもバルディオスである

商品情報[編集]