ザンボエース

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザンボエース
外国語表記 Zambo Ace
登場作品 無敵超人ザンボット3
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 人型ロボット
頭頂高 30 m
重量 250 t
動力 イオンエンジン
合体形態 ザンボット3
開発 ビアル星人
所属 神ファミリー
乗員人数 最大2名
パイロット
【メイン】
神勝平
【同乗】
千代錦
テンプレートを表示

ザンボエースは『無敵超人ザンボット3』の登場メカ

概要[編集]

高速戦闘機・ザンバードが変形したロボット形態。変形時の掛け声は「エース・チェンジ!」。

構造上、ロボット形態になるとコクピットが足首に位置するという変り種の機体という解釈もされるが、左足の勝平の操縦席は頭部まで移動する(千代錦や救出した被災者などが乗り込む右足首のコクピットはそのまま)。

携行武装は拳銃型のザンボ・マグナムで、ザンベースより射出されるアタッチメントを装着することでライフルやグレネードランチャーとしても使用できる。

ちなみに「グレート・マジンガー」同様、「ザンボ・エース」と・(ナカグロ)を付けるのが正式らしく、第1話のサブタイトルも前述の名称で表記されている。

ザンバード[編集]

基本形態である高速戦闘機形態。

登場作品と操縦者[編集]

合体後はザンボット3を参照。

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
初登場時にドミラと戦うが、すぐに合体イベントが起きるため活躍の機会は少ない。分離・変形は可能だが、恐らくザンボット3のままで戦う人が殆どと思われる。
本作ではザンバードの方がメイン形態扱いなので、マップ上で一度は変形させるか、インターミッション画面で変形させてユニット性能をチェックするかしないとザンボエースはロボット大図鑑に登録されない。とはいえザンボットチーム初登場マップで変形して戦うように指示されるので、それを敢えて無視しない限りは登録できているだろう。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
久々に登場する。とはいえ、セツコルート序盤と一部ステージのみでの登場でやっぱり出番は少ないのだが。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
中盤の日本ルートで追加される分離攻撃フォーメーション「コンビネーション・アタック」の戦闘アニメで姿を見せる。シナリオ的には梅本の証言により、ザンボエースの変形データを参考にしてトライダーG7が設計されたという衝撃的なクロスオーバーが果たされている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
リンクバトラー』とのリンクでザンボット3を登場させることで使用可能。以降のシリーズではザンボット3分離機能はオミットされている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ザンボエース[編集]

格闘
ザンボエース時に使用。唯一の格闘属性。
ハンドミサイル
拳を発射する、所謂ロケットパンチ系の武器。設定のみの装備。
SRW未実装。
ホルスタージェット[編集]

ビアルI世もしくはザンベースから射出される武装ユニット。
下記マグナム及びオプションパーツを搭載し、ザンボエースの腰にガンベルトとして装着される。

ザンボ・マグナム
ザンボエースの主力武器である拳銃。ロボットアニメの銃器としては珍しくサイレンサー(消音装置)を装着できる。
P属性の有射程武器。
ザンボ・ライフル
ザンボ・マグナムに延長銃身と銃床、スコープを取り付けた長射程のライフル。
ザンボ・ライフル(連射)
『Z』にてTRY属性武器として実装。通常版と異なりドラムマガジンも取り付けて連射する。
グレネードランチャー
アンダーバレルに装備可能。単機で最も攻撃力が高い武器。
『Z』では実装されなかった。

ザンバード[編集]

バード・ガン
コクピット上部に収納されている50mmバルカン砲。
SRWではザンバード時に使用。P属性。『Z』ではP属性がなくなり有射程となった。
トレンブル・ホーン
尾翼に収納されている音波砲。原作では第6話のみの使用。
こちらも『Z』ではP属性がなくなり有射程となった。またEN消費型になった。
トレンブル・ホーン(連射)
『Z』にてTRY属性武器として実装。
バードミサイル
ザンバード翼下に懸架する大型ミサイル。設定のみの装備。
第4次(S)』ではザンバード唯一の有射程武器であった。『Z』では未実装。
クラスターロケットランチャー
ザンバード翼下に懸架する七連装ロケットランチャー。設定のみの装備。
SRW未実装。

特殊能力[編集]

変形
ザンボエース⇔ザンバードへと変形可能。
合体
ザンブルザンベースと合体しザンボット3となる。

移動タイプ[編集]

ザンボエース

ザンバード

飛行可能。

サイズ[編集]

L、M
分離形態であるが30mという大きさ(人型部分のみに限ればダンクーガよりも大きい)の為、『第4次』ではLサイズであった。以降のシリーズではMサイズ。

対決・名場面[編集]

vsコンピュータドール第8号
ザンボエースの涙
ボロボロの状態で地球に落ちていったザンボエースは勝平の故郷の駿河湾に不時着。朝日が照らしたザンボエースの目には海水が被り、涙を流しているように見えた。

関連機体[編集]

ザンブルザンベース
合体してザンボット3となる。

他作品の関連機体[編集]

トライダーG7
第2次Z再世篇』では、ナバロンがザンボ・エースを参考に作り上げた機体。

余談[編集]