兜甲児 (真マジンガー)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
兜甲児
読み かぶと こうじ
外国語表記 Kouji Kabuto
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 赤羽根健治
デザイン 永井豪(原案)
竹内進二
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 16歳
所属 光子力研究所
テンプレートを表示

兜甲児は『真マジンガー 衝撃! Z編』の主人公

概要[編集]

基本設定はこれまでの各メディア版から大きく変貌していないが、性格付けは原作漫画や現在の時代背景に併せた見直しが図られている。そのためもっと繊細な面や葛藤する場面も覗かせている。

声優も一貫して兜甲児役を務めた石丸博也氏から、本作より赤羽根健治氏に交代するなど、この辺りもTV版とは違う性格付けとなっている。

料理の腕もプロの料理人並に上手い(ちなみに「家事が得意」という設定は、漫画版準拠)という一面を持つが、一番の違いは武器名の叫び方であり、例えば「ロケット・パンチ」等と途中で区切るようにして叫ぶことが多い。

幼少時に(表向きでは)両親を亡くしたために兜十蔵をかなり慕う所謂「お爺ちゃんっ子」であり、祖父を貶されると激昂し、その相手を容赦なく滅多打ちにした事も。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
スパロボ初の『真マジンガー』設定で登場。本作が声付き作品では初となる石丸博也氏が演じない兜甲児の初登場であり、同時に声優の赤羽根健治氏も本作でスパロボ初参加となった。
ストーリー再現が途中までしかないため、明かされない謎が多くある。また、スパロボではTV版同様世界平和を守るために明確な意思を持って戦うスタンスを基本としている。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
引き続き登場。今回はストーリー終盤までの原作再現がなされており、マジンガーZもゴッドスクランダー追加で強化される。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
音声が新規収録された。早乙女アルトらと共に陣代高校編入生として本編序盤から登場。また、エーストークでは彼の裏番時代を垣間見る事が出来る。今回はミケーネ帝国との戦いが独自の展開に変更されており、暗黒大将軍ではなくハーデス神と戦うことになる。
今作ではシモン共々パワーアップに際してゲッター線を照射されることになり、天獄篇予告においてもマジンガーZの真なる力が示唆されている。によって告げられるこの事実が、神をも越え悪魔を倒せる魔神を指すのか、はたまた因果の輪廻の只中にある、世界をも滅ぼす魔神を指しているのかは依然として不明である。世界観は『Z』の世界であるUCWと『第2次Z』の世界であるADWが融合した世界であるため、TV版の甲児がどこかにいた可能性もある
パイロット能力としては「精神コマンド『鉄壁+』が消費SP20で使える」という点である。早期にブロンズエンブレムを取得できれば「SP回復15回復」の恩恵が出来る上、アクエリオンメンバーのミコノ・スズシロエースボーナス「自チーム全パイロットに「繋ぐ力」の効果が及ぶ」と併せて「SP回復20回復」という効果を適用できる。これにより鉄壁の無限使用が可能となり、破壊力ある攻撃もノーダメージ同然でやり過ごすことができる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
キャラクターの立ち位置はこれまでと同様。今回は再び復活したハーデス神と決着をつけることになる。今作において、Zシリーズの光子力エネルギーはオリジナル設定の「存在しようとする力」の特性を極限まで突き詰めたものであり、真なる力を発揮する事で無から有を生み出す事が可能であることを明かされた。その後、予告で示された場面は真化融合の場面を指し、ゼウス神の写し身たるマジンガーZとの真化融合によって、高次元生命体に進化する可能性さえ示して見せた。
パイロット能力と使い勝手に関しては『時獄篇』と同様だが、「精神耐性」を習得するとより安定する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
第2話から参入し、ルート分岐以外での離脱はない。プロローグでマジンガーに乗るが、参入時には半年が経過しているためヨウタの先輩兼友人ポジションとなる。マジンカイザーSKLとの絡みも多い。今作では原作では不明だった暗黒大将軍との真の決着をつけることが出来る。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
加入は第26話と歴代のスパロボでも最遅クラス。ボイスが新規収録されている。アイアンカッターが出現した時からマジンガーに異変が起きている事を察知する。この後から、マジンガ―に妄執に近い形で強く依存するようになってしまい、終盤に入る第38話でマジンガーZEROに取り込まれてしまう。続く39話でゲッター線によりZEROと会話し、ZEROに抗うことを決意したことで未来を照らす可能性の光を生み出し、ZEROを制御することに成功した。
スーパーロボット大戦X
あしゅら男爵の儀式によって、アル・ワースに跳ばされた。ハーデス神復活のためにオリュンポスから狙われる。
音声がさらに新録された。登場時はマジンガーZだが、中盤からはバンプレストオリジナル版マジンカイザーに乗り込む。どちらにも利点があるのでプレイスタイルに合わせて乗り換えよう。
今回もZの光子力ビームが長射程非P武器なので、ヒット&アウェイが欲しくなるが、カイザーに乗り換えるとP武器で燃費の良いファイヤーブラスターがある為、養成は控えたい。
ifルート分岐後は隠し要素でZEROに乗り換えることも可能となる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了後設定で、第1章より参戦。エルドランチームの小学生達とは既知の関係であり、兄貴分の立場に収まっている。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
今作は別世界の兜甲児と共演することとなる。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

真マジンガー』版の甲児も典型的なスーパー系の能力値で、回避は低いが格闘と防御が高い。しかし、『BX』においては射撃が非常に低いのにブレストファイヤーも光子力ビームも射撃属性という大問題が発生する。

精神コマンド[編集]

『第2次Z』では加速があるので早く前線に出られる。またOEを除き根性等のHP回復精神コマンドを習得しない。

第2次Z破界篇
必中加速不屈鉄壁熱血突撃
光子力ビームを使う時に突撃が役に立つだろう。
第2次Z再世篇
必中加速不屈鉄壁熱血勇気
突撃が勇気に差し替えられ、P射程は下がったが武器が増えたので火力は上がった。
第3次Z
必中不屈鉄壁+、熱血勇気
「鉄壁+」はパートナー全員に適用可能で、SP消費は20。
加速を忘れてしまったが、低コストの「鉄壁+」によって壁役としては理想的。
OE
根性加速鉄壁熱血
必中も集中も持っておらず、命中に強化パーツなどでのフォローが求められる。
BX
必中不屈鉄壁正義熱血
加速や勇気の代わりに正義を覚え、機体の特性上敵フェイズ時の反撃戦法を最も活かしやすい。
VX
必中不屈鉄壁気合熱血勇気

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z破界篇
底力L6、戦意高揚気力+ (ダメージ)
戦って当たっていると自然に気力が上がるのでエースボーナスを生かせるだろう。次元獣の気力低下に対し精神耐性をつけたい。再世篇ではP系特殊武器が増えたのでなおさら欲しい。
第2次Z再世篇第3次Z
底力L6、戦意高揚ガード
ガードを取得したため、鉄壁の効果をより発揮できる。
OE
底力闘争心戦意高揚無頼
無頼習得後は、敵陣へ単騎突入しても生存しやすくなる。
V(味方時)、X
底力L6、ガードL2、気力+(DEF)サイズ差補正無視L1
V(敵対時)
底力L6、闘争心L3、気力限界突破L3、気力+ボーナスサイズ差補正無視L3、ガードL3、2回行動
マジンガーZEROに取り込まれた際のもの。ZEROの超装甲と底力の相乗効果は苦戦必至の内容である。

固有エースボーナス[編集]

気力130以上で、与ダメージ1.2倍
第2次Z』、『第3次Z』で採用。要するにアタッカーマジンパワーと同じと考えればいい。
『V』や『X』においても同様の内容であり、何とアタッカーとの相乗効果を狙える。本作のZEROやカイザーの異常なまでの強さの一端がここにある。
撃墜エース:気力(初期気力+5、気力上限+10)
OE』でのもの。『NEO』の旧TV版の方と同じものになり、マジンパワー相当でなくなっているが、『OE』では気力によるダメージの上昇幅が大きいのでこれも十分有用。

人間関係[編集]

兜シロー
弟。
兜剣造
父。幼少時の事故によって亡くなったと思われたが、生存していた。
兜十蔵
祖父。マジンガーZの製作者。風貌は漫画版準拠の怪異なものだが、それと相反するお茶目でファンキーな性格。孫達からは深く敬愛されている。
弓弥之助
光子力研究所の所長。
弓さやか
弓教授の一人娘。好意を寄せられているが鈍いので気づかない。
錦織つばさ
真マジンガー』では彼女が経営する温泉宿『くろがね屋』に居候する。
中盤では彼女が死んだはずの母である事、そして父を殺害した張本人と知り、関係は悪化。しかし、つばさの過去の記憶を知った事で和解した。
ボス
日本全国の番長を牛耳る不良少年。学生日本征服を掲げ、「影番」である甲児を狙って熱海に訪れる。
原作漫画版や旧TVシリーズと異なり、甲児への仲間意識を抱くのは中盤以降とかなり遅い。
ヌケムチャ
ボスの子分として熱海に訪れ甲児を狙うが、後に彼の協力者となる。
剣鉄也
父・剣造の友人にして故人。彼の卓越したロボット操縦技術に敬意を払っていた。実は血縁関係にある。
スパロボでは『V』『X』で共にマジンガーを駆って戦う。
ゼウス神
ケドラの力で邂逅した太古の神。『第3次Z』では現代に現れた彼と共演する。
『X』では彼の導きで魔神皇帝を授かる。
ハーデス神
ケドラの力で邂逅した太古の神。『第3次Z』では現代に蘇った彼らと激突する。
『V』ではマジンガーに対して「非力」と言ってしまったばかりに…。
Dr.ヘル
祖父である兜十蔵以来の仇敵。
あしゅら男爵
敵。祖父を殺した張本人である。自分の命をあらゆる作品で狙ってくる。外見も言動も原作通りだが…。
ブロッケン伯爵
あしゅらが失敗続きの為、甲児を倒す為に来た幹部。
ピグマン子爵
幹部。一見、旧TVシリーズのデザインから最も掛け離れているように見えるが…。
暗黒大将軍
最終回で対峙。ヘル戦の消耗があったとはいえ、まったく相手にならず一蹴された。『BX』『V』『X』では決着をつけることが出来る。

他作品との人間関係[編集]

ダイナミック系[編集]

流竜馬 (OVA)
第2次Z破界篇』ではZEXISのメンバーとして世界中を転戦する事になった為、くろがね屋一同に代わって彼から格闘術の手ほどきを受ける。
第3次Z時獄篇』ではさらに隼人弁慶からも稽古を付けられ、最後には彼ら三人と機体で戦うことに。
早乙女博士
『第3次Z』では彼の協力と助言からマジンガーZの力を引き出す事に成功する。
兜甲児 (OVA)
平行世界の同一人物。『CC』では彼と共闘する。
海動剣真上遼‎
BX』ではマジンガー乗り同士。彼らとの合体攻撃も会得する。マジンガー乗りとしては彼らが先輩だが、後輩を指導したり導いたりするタイプでは無いので、対等な戦友としての関係を築く。
マジンガーZERO
V』ではマジンガーの強さに憑りつかれ、ZをZEROに変容させてしまう。だが、その後にゲッター線の力で対話した時には和解した。
X』では終始敵対関係となるが、困難ルートではZEROを説得し、その身を甲児に委ねさせた。

スーパー系[編集]

竹尾ワッ太
第2次Z破界篇』の序盤で、パイロットとしては先輩格である彼からロボット操縦のノウハウを学ぶ。
明神タケル
『第2次Z破界篇』では直接的な描写こそ無いが、竜馬と共に彼からも格闘術を教わっていたらしい。中盤では女将に厳しく叱責される彼を庇う場面も。
赤木駿介
ワッ太と同じくパイロットの先輩格。序盤、ロボット操縦免許を持つ赤木から操縦の指導を受けている。
飯塚
操縦技術について、彼から赤木&ワッ太とセットでヒヨっ子扱いされるが、後に「仮免保持者」として認められる。
ジョニー・バーネット
『第2次Z破界篇』の暗黒大陸ルートでは竜馬カミナとの対決で獲った獲物を料理する。
碇シンジ
第3次Z』『V』のいずれでも、TV版と同様に先輩分になる。
戦部ワタル
X』では勇者特急隊と並ぶ、彼にとっての憧れのヒーロー。

リアル系[編集]

ルルーシュ・ランペルージゼロ
第2次Z再世篇』では、自分の身の危険を顧みずにシャーリーを助けた事で彼を評価し、ゼロレクイエムルートにてZEXISの敵となった彼と戦う事を憤っていた。
紅月カレン
第2次Z破界篇』序盤では、「もうひとつの日本」に対する劣等感を拭い切れない彼女へ、仲間として積極的にコミュニケーションを図る。
枢木スザク
『第2次Z破界篇』中盤でZEXISに編入された彼を気遣い、気まずい関係であるカレンとの仲裁役を買って出る。
ゲイナー・サンガ
『第2次Z破界篇』では、あしゅらへの復讐心に駆られ暴走寸前の自分を案じてくれた彼の気遣いを拒絶する。後に甲児は、その行為をサルードの牢獄内で猛省する事となる。
ハマーン・カーン
第3次Z時獄篇』では彼女を「リーダーってタイプじゃない」と評する。
小野寺孝太郎風間信二常盤恭子
第3次Z天獄篇』では中盤の日本ルートにおいて、彼ら陣代高校の生徒達に別行動中の宗介に代わって、ヒビキと共にこれまでの事を謝罪した。
フリット・アスノ
BX』でキオにゲームを通してMSの操縦に慣れさせていたことに関し、やはりというか「うちのお爺ちゃんみたいだ」と自分の境遇に重ね合わせた。

バンプレストオリジナル[編集]

クロウ・ブルースト
第2次Z』での良き兄貴分。『第2次Z破界篇』中盤の日本ルートでは彼と共に、東海地区の機械獣軍団を撃破するが…。
ヒビキ・カミシロ
第3次Z』での同級生。ボランティア部として親交を深めていく。
ヨウタ・ヒイラギ
BX』では彼とも交友関係を築く。
イオリ・アイオライトアマリ・アクアマリン
X』ではオリュンポスに襲われ危機に陥った際に、さやかを逃がすように頼み込む。

名台詞[編集]

「やぁ、俺の名前は兜甲児。君と同じ、何の変わりもない普通の少年だ」
「でも、君がある日突然、人間以上の力を持ったら、君はそれをどう使う?」
「その力で、世界を滅ぼす悪魔になるか? それとも、世界を救う英雄になるか?」
「俺、兜甲児はその恐ろしい力をある日突然貰い受けてしまうのです。そしてその力とは…」
「恐るべき戦闘能力を秘めた戦闘ロボット…マジンガァーッゼェーーット!!
第1話冒頭で視聴者に問いかけた語り。これは永井豪氏の原作漫画版を踏襲している。また同時期に連載していたこちらの作品にも同様の演出がある。
「見ろこの力、地を裂き、海を割り、全てを生み出すこの拳!ビッグバン!パンチ!」
同じく第1話で暗黒大将軍にビッグバンパンチを行う際の台詞。SRWでもビッグバンパンチ時の台詞の1パターンに採用されている。
「こんな程度で日本征服なんて笑わせる…」
「うるせェ! お前も他人の顔を笑えねェようにしてやろうかあ!?ハハハ…!!」
第2話、十蔵博士の風貌を「スッゲー顔してやんの!」と侮蔑し嘲笑うボスにキレて、徹底的にブチのめし彼の顔面を踏み躙りながら、それはもう凶悪なツラ構えで発した台詞。
「輝くゼウスの名の下に!全てを原子に打ち砕け!ビッグバン!パンチ!」
第21話でメルトダウンしたエネルガーZに対してビッグバンパンチを行う際の台詞。こちらもSRWでのビッグバンパンチ時の台詞の1パターンに採用されている。
「いいかよく聞け! これからそのロケットパンチで、お前にトドメを刺してやる!」
「見ろ、お前が倒したマジンガー軍団を! これこそ、能ある鷹はパンチを隠す!!」
第26話で大破したマジンガー軍団の中に隠された大量のロケットパンチ地獄王ゴードンに炸裂して。Dr.ヘルはこの台詞に呆れて「馬鹿か!」と吐き捨てる始末だった。
おじいちゃんは言った!『このマジンガーZがあれば世界を好きにできる』って、『神にも悪魔にもなれる』って!」
「でも俺は神様になれるわけないし、悪魔になんかなりたくない!」
「でも、でも俺は戦う!世界の平和を守るために!」
ロケットパンチ100連発を放つ前に言った前口上。彼がマジンガーZを託した際の言葉に対する甲児なりの答えと言えるが、原作では…。
「輝くゼウスの名の下に!ビッグバン!パンチ!」
ロケットパンチ100連発後のビッグバンパンチ時に。こちらはSRWでのロケットパンチ100連発時に採用されている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次Z破界篇[編集]

「君がもし、ある日無敵の軍団を率いる力を持ったとしたらどう使う? その力で世界を滅ぼす悪魔になるか…。それとも世界を救ってになるか…その答えは兜甲児と一緒に探そう」
中断メッセージより。上記第1話冒頭の語りのアレンジとなっている。
「お、おい!何がどうなってんだよ、これ!?教えてくれ、おじいちゃん!」
同じく第2次Z破界篇の中断メッセージより。さやかの乙女心を全く分からない甲児を十蔵は嘆いているだろう。第3次Z時獄篇では多少はマシになったが。
(あれは悪魔なんかじゃない…! 神…全知全能の神だ…! 何故だか分からないけど、そう思うんだ!)
序盤で、出現したマジンガーZの威容を目の当たりにしてのモノローグ。暗にゼウスとの繋がりを示唆したもの。
(くろがね屋の連中と同じ空気を感じるぜ)
序盤、初対面のゲッターチームが放つ徒ならぬ雰囲気を察してのモノローグ。
「そのよ…。国同士の事をとやかく言うつもりはないが、今はそれは無しにしようぜ。今はそういうのを越えて、戦わなくちゃならない敵がいるんだ」
第30話「ストレート・フルクラム」より。ZEXISに編入されたスザクを、蟠り無く「仲間」として受け入れた際の台詞。
「覚悟しろ、あしゅら男爵! 汚い手を使ったお礼…そして、お前が襲った日本の人達の怒り、俺がこの手で返すぞ!」
海底要塞サルード戦でジェットスクランダーを得て、あしゅらへと高らかに叩き付けた逆襲の啖呵。
「郷に入れば、郷に従えだ。ヤーパン流の男の友情を深めようぜ」
「俺だって混浴の方が嬉しいけどな」
「くろがね屋」での宴席で、ゲイナーへの感謝を込めて彼の背流し役を買って出る。
「パワーは竜馬さん達のゲッターより上か…!」
「暴走マシンは心の無い悪魔と同じだ!そんな奴に負けてたまるか!」
早乙女博士ゲッターチーム追撃の為に送り込んだ新型ゲッターを前にして、闘志を奮い立たせる。

第2次Z再世篇[編集]

「くそっ…! くそぉぉぉっ! 許せ、シロー、ローレライ!!」
第7話日本ルート「対決!悲しみの青きドナウ!」に於けるドナウα1との戦闘前会話より。兜家とハインリッヒとの避けられない激突にやり場の無い感情を爆発させながら、ドナウα1へと挑む。
「そうだ、號! お前は渓を守るんじゃなかったのかよ! ゲッターで!」
「真ドラゴンは人類の希望なんだろ! 悪魔の力を神の力に変えろよ、お前自身が!!」
第24話暗黒大陸ルート「あなたはもう必要ないのです」より。真ドラゴンの暴走を止めるためにシモンについで叫ぶ。
「…そんなに聞きたいなら教えてやる。あそこにはが住んでるんだよ」
「ああ、そうだ。血も涙も無い鬼女が、あのくろがね屋を仕切ってるんだ」
インサラウムの皇子なんて目じゃないぜ。あいつは正真正銘の鬼だ…!」
第26話「冥府への転落」より。ZEXIS日本に向かう最中、熱海の事を教えてくれとせがむに対して。つばさへの敵愾心を剥き出しにして心情を吐露する。
「お前にそんな事を言う資格があるのか、Dr.ヘル! 俺はお前の攻撃でおじいちゃんを亡くした! きっと他にも、そういう人はいっぱい居る! それは全てお前の世界征服の野望の為だ! そんな奴に光子力を渡してたまるものか!」
第47話「死線!総攻撃Dr.ヘル!」に於けるDr.ヘルとの戦闘前会話より。あしゅら、ブロッケン、ピグマンと寵愛する部下を立て続けに失った事で、呪詛の念をぶつけてくるヘルを返す刀で斬り捨てた。
「またきっと何処かで会うだろうさ…その時は、敵か味方かは分からないけどな」
同上。ゴードン撃破のどさくさに紛れて、姿を消したあしゅらを訝しむさやか達へ発した予感。
「だったら、アッシュフォード学園で命がけでテロリストに立ち向かったお前は何なんだよ!」
「俺は信じないぞ、ゼロ! お前は何か考えがあって、こんな事をやっているんだよな!」
第57話ゼロレクイエムルート「ゼロ・レクイエム」に於ける皇帝ルルーシュとの戦闘前会話より。アッシュフォード学園の一件でゼロを信じていた事が伺えており、一方のルルーシュもまたそんな自分を信じてくれた甲児に心の中で感謝している。

第3次Z時獄篇[編集]

「この野郎! 下着泥棒は警察に突きだしてやる!」
第4話「学園都市防衛隊」での下着泥棒に対して言った最初の台詞。言われた本人は相棒の援護射撃が無かったら危なかったとの事。
「お前! 昨日の変質者!」
そして翌日転入早々の台詞。あっという間にクラスが騒然することになる。どことなくラブコメ漫画の序盤を彷彿とさせる場面。
「そういう意味では、あのハマーンって人…ちょっと怖くて、みんなの求心力となるリーダーってタイプじゃないな」
序盤でハマーンを評して。
実際、ハマーンはカリスマはあるものの『ΖΖ』にてグレミーに反乱を起こされた事を考えると、的を得ているとも言える。
「まだまだですよ。利き手を封印してた竜馬さんと互角じゃね」
「いつもとトマホークを持つ手が逆でしたからね」
DLC「ダイナミック・ウォー」クリア時に、竜馬から「立派に一人前だ」と評価されたことに対して。
シナリオ開始時のマジンガーvs真ゲッターで、敵の真ゲッターのグラフィックが味方時からそのまま反転していたことを利用したメタ的な発言。
「…どうしても聞きたいか?」
Dトレーダーでのエーストークにて自身の裏番時代の事をしつこく聞こうとするAGに対してダイナミックお馴染みの凶悪顔をしながら返した言葉。
これには流石のAGもビビり、甲児の裏番時代を聞くことを断念した。

第3次Z天獄篇[編集]

竜馬「甲児!今日はお前と二人で決めるぜ!」
「了解だ、竜馬さん! ダイナミックに行こうぜ!」
第14話「アルカトラズ大脱走」にて。
「マジンガーの真の力…」
天獄篇予告および第56話「覚醒」にて。
「無駄だ!お前が何度よみがえろうと俺達が…いや、希望を捨てない人間がいる限り、必ずお前は倒される!絶対にだ!」
天獄篇第59話「邪神降臨」にて、ハーデス神に引導を渡す際の台詞。この直後ハーデス神はある光景目の当たりにした事で絶望に呑まれ完全に暗黒に墜ちていった。

携帯機シリーズ[編集]

「自分の家族を心配して何が悪い…!」
BX』日本ルート第18話「愛憎!残された大切な者!」より。シュトロハイムの屋敷に訪問している事とシュトロハイムと自身の祖父との因縁を聞かされて、弟を助けに出ようとした所を止められた際に。逆に家族とは大きな溝が開いているショウは驚きを隠せなかった。
「あんた達、ここに来た目的を忘れちまったのか!?」
同上。潜入するためにシュトロハイム邸に来たデスカプリース隊の二人がガミアQと交戦することになった際に。ちなみに二人の返答は当然例によって「俺達に大義名分などないのさ!」。この後甲児はガミアの相手を任せて一人で突入することに。
「やっぱり幻じゃなくて、本当に巨大化しちまってるみたいだな! こっちも巨大化できりゃ苦労はないが、そんな方法あるわけもないよな…!」
BXユニオンルート第30話「灼熱のユニオン」にてハイパーライネックとの戦闘前会話。確かに、美味しい料理を食べただけで巨大化できれば世話ないであろう。
余談だが、「真マジンガー」の今川監督は「ダンバイン」においてハイパー化の演出を手掛けた事でも知られている。
しかし後に、別の世界の大人になったもう一人の自分が乗るマジンガーZが、本当に巨大化するとは彼も多くのファンやスパロボユーザーも夢にも思わなかったであろう。
甲児「俺達が!」
三人「地獄だ!」
マジンカイザーSKLとの合体攻撃「ダイナミックコンビネーション」における決め台詞。海動&真上の十八番の口上だが違和感なく馴染んでいる(と言うより、地獄コンビの方が甲児のイントネーションに合わせている)ため、プレイヤーからは地獄トリオなどと呼ばれることも。FDSを彷彿とさせる三列カットインも見所である。
…しかし甲児にこれを名乗られてしまっては、同じ地獄の名を持つ仇敵も立場が無いだろう。

VXT三部作[編集]

「大地を割り、空を切り裂く拳を受けてみろ!」
V』でのZEROの「格闘」の汎用戦闘台詞。上記のビッグバンパンチの際の台詞のアレンジだが、向こうは機体全体を使った物に対して、こちらはただぶん殴るだけで同等になっている。
「神を超え、悪魔をも滅ぼす…!」
『V』でのファイナルブレストノヴァの開始時のパターンの一つ。魔神皇帝の謳われの一つでもある。
「いやいや…! あの使徒を倒した時のお前はまさに奇跡の戦士エヴァンゲリオンだったぜ!」
『V』DLC「三つの心」にて、シンジを評価して。「奇跡の戦士エヴァンゲリオン」というのは、セガサターンゲームにおいて作られた挿入歌が元ネタ。
「特大竜巻で溶けて無くなれ!」
Xマジンカイザー搭乗時のルストトルネード使用時の台詞。
「これが闇を引き裂くカイザーの力だ!」
「カイザーの炎は未来を照らす光だ!」
Xマジンカイザー搭乗時のファイヤーブラスター命中時の〆の台詞。
「魔神皇帝の怒りを思い知れ!」
『X』でカイザーノヴァ命中時の攻撃中の台詞の一つ。TV版の甲児(石丸氏)が吐き捨てるような言い方であるのに対して、真版の甲児(赤羽根氏)は魔神皇帝の怒りを代弁するかのような強い口調で叫んでいる。
「いいじゃないかよ! 世界の数だけマジンガーがいれば!」
X』通常ルート第50話、困難ルート第51話のZEROとの戦闘前会話。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次Z破界篇[編集]

「や、やっぱりさ…ニアはシモンのために作ったから、お前の口に一番合うんだろうさ」
第36話日本ルート「命の果てにあるもの」より。誰もニアの手料理を食べようとしない事を不思議がるシモンへ、咄嗟に発した出任せ。

第2次Z再世篇[編集]

「頑張れよ~アルト! シェリルランカの為にもしっかり逃げるんだぞ~!」
第18話「アッシュフォード・ラプソディ」に於けるアッシュフォード学園の一大イベント「キューピットの日」に強制参加させられ、女学生達から必死に逃げ惑うアルトを他人事と楽しんで茶化す。
「すげえ、ジャンプ力…!」
同上。ルルーシュ咲世子の変装)を見たときに。元ネタはアニメ『チャージマン研!』であろう。
「その姿って自分で想像しているよりもマヌケだぜ!」
黒の騎士団ルートED、ゼロレクイエムルート第58話IMにて仮面を被ったままストローでアイスティーを飲もうとしたゼロの姿をシン(黒の騎士団ルートではカミーユとアルトも加わる)と共に間抜けと茶化す。

第3次Z時獄篇[編集]

さやか「いいじゃない。誰も見ていないんだから」
「え…。ヒビキがいるけど…」
第44話「神と悪魔と人」において、さやかと2人で星を見ていた時の台詞。恋愛ムードを一瞬でぶち壊した。この一言がきっかけで出るタイミング窺っていた面々は去っていくので結果的にはよかったのか。
隼人「スピード自慢の敵が相手の時は?」
「音速を超えた戦いを見せてやる!」
DLC「ダイナミック・ウォー」においての隼人から出された最後の問題。直前まで出ていた『孫子』『五輪の書』に関する問題とのギャップに笑ってしまう。
ちなみに、マジンガーZはスパロボだけだと鈍足・重装甲のイメージがあるが、実は東映版準拠だと最速マッハ4.5とかなり速い

VXT三部作[編集]

「やるぞ、ZERO! 全力だ!」
V』での汎用戦闘台詞。とりあえずタロス像相手に向けるセリフではないし、そもそも全力を出したら冗談抜きで地球が大惨事になる
とか言っていたら、生スパロボチャンネルにて甲児役の赤羽根氏の参加したスパロボの紹介の〆として、本当にタロス像相手にファイナルブレストノヴァを繰り出すZEROという凄まじい絵面の戦闘アニメが映された。実際には今回のミケーネ勢ケドラを率いているため実機でZEROとタロス像が戦闘を行うのはたった一度だけで、格闘もファイナルブレストノヴァも使われない
「まずい! 脚が短すぎて逃げ遅れた!」
『V』シークレットシナリオ「想いの形」より。ゲイツの攻撃にさらされたペロリーナを見て。(知らぬこととはいえ)年頃の女の子相手に言う台詞ではない。

搭乗機体[編集]

マジンガーZ
御存知、兜甲児の愛機。本作では、ゼウス神の姿を模しているという設定。

スパロボでの搭乗機体[編集]

マジンガーZERO
真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』のマジンガー。『スーパーロボット大戦V』で搭乗。
マジンカイザー
スーパーロボット大戦X』で搭乗。
...「兜甲児 (真マジンガー)」についてさらに詳しく