提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
読み ゴウ
外国語表記 Gou
登場作品

ゲッターロボシリーズ

声優 関智一
デザイン 羽山賢二
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(クローン
性別
年齢 0歳(~3話)→13歳(4話~)
製作者 早乙女博士
外見年齢 10代後半
所属 ゲッターチーム
テンプレートを表示

は『真ゲッターロボ 世界最後の日』の主人公

概要[編集]

真・ゲッター1及び真ゲッタードラゴンのパイロット。

当初は無感情だったが、、先代ゲッターチーム達との関わりを経て、徐々に人間らしい感情を示すようになっていった。無口であるが達観した風貌で、言葉少なに確信を突いた発言や、物事の真理を告げ、ゲッターチームや竜馬に助言していた。なお、本来無口キャラなのに、戦闘時や見せ場では叫ぶという珍しいキャラである。ある意味血縁者であり、守護する事を運命付けられた渓の危機には、強く反応する。

その正体は、早乙女博士の娘・早乙女ミチルの細胞にゲッター線を浴びせて作ったゲッタークローン。その誕生目的は真ゲッタードラゴンの機動キーとなることである。その出自ゆえ、莫大なゲッターエネルギーの影響を受けた竜馬にも、勝るとも劣らない驚異的なゲッター線の力を引き出せる。

登場作品と役柄[編集]

原作では日本軍の軍服を着ているが、スパロボでは原作初期に着ていた全身タイツのカットが多い。

原作では主人公のはずなのだが、スパロボでは竜馬が主人公として扱われている場合が多く、號には主要なボス敵との戦闘前会話がなかったり、シナリオ上では不遇な扱いを受けている。『T』では、『世界最後の日』は参戦しているが何と、主人公である彼は一切登場しない。もちろん渓も凱も登場しない。今まで機体のみ参戦してキャラは登場しない例はあるものの、味方も敵もきちんと登場してストーリーでも充分出番があるのに主人公がいないのは異例である。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
今作では原作再現が3話までなので真ドラゴンの起動時などで顔見せ程度に出演するのみ。また、『再世篇』の予告にも登場している。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
真ドラゴンのメインパイロット。初の声付き参戦となる。また『D』発売から約8年ぶりの参戦でもある。中盤で真ゲッター1に搭乗して参戦する(参戦した話のみ號単独搭乗である)。残念ながらエースボーナスで戦闘力は竜馬より大幅に劣り、真ドラゴンもほぼ真ゲッターの支援的なイメージが強くなっている。さらにキャラクター事典やスタッフロールでも原作の主人公なのに名前が後ろの方に位置されている。戦闘前会話では竜馬共々主人公扱いされてはいるが、続編では…(後述)。今作では原作よりも饒舌でよく喋る印象がある(原作も全くの無口では無いのだが)。搭乗ユニットの地形適応にSはあるものの、真ゲッター1は空のみS、真ドラゴンは宇宙のみSなので養成には少々困ったことになる。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
今回は参戦時から真ドラゴンのパイロット。原作終了後にも関わらず、カットインは全身タイツ
今作では「ゲッター線の使者」としての一面が強調されており、自軍メンバーが知らないシンカに関しての知識を有すると思わしき描写やハーデス達シンカを果たした神との因縁も散見される。
『天獄篇』含めて、主要な敵との戦闘前会話が竜馬と違い用意されていない、多元宇宙迷宮の描写が竜馬メインで號は登場すらしない(他の作品は全て主人公メインの描写)と明確に脇役扱いに。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今回も参戦時から搭乗機は真ドラゴン。カットインが再びパイロットスーツになった。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
名前はカタカナで「ゴウ」表記。ほぼ原作どおりの設定。その出自故か、エンジェル・ハイロゥサイコミュ攻撃への抵抗を完全に持つ(気力減少が一切ない)数少ないキャラの一人。
当初は真ゲッターに乗り、原作再現終了後に真ドラゴンに乗り換えるが、ゲッターのシナリオが終了するとしばらく旧ゲッターチームとゲッターの取り合いになる。
真ドラゴンが復帰してからが本番だが、真ドラゴンは竜馬との相性が良い為最終話まで真ゲッターに乗っている事も(パイロットが逆でも合体攻撃は使える)。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
中盤から顔出しするものの、参戦は何と第40話とかなり遅い。乗機は最初から真ドラゴン。
今作でも戦闘中はちゃんとパイロットスーツを着ている。なお、今作も竜馬が主人公扱いされているようで主要なボス格との戦闘前会話は竜馬の担当である…。
なお、普段はずっと全身タイツである。せめて自軍参加後は何か着せてやってもいいとは思うのだが…。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
原作終了後設定で登場。真ゲッターに乗って第1章序盤から参戦する。
スーパーロボット大戦X-Ω
2017年6月のイベント「光を求める乙女の願い」でサポートユニットとして実装。2017年10月のイベント「第2回スパクロフェスティバル」で初めてシナリオ中に登場した。
2019年3月より[Ω]戦艦ユニットである真ドラゴンの艦長扱いで登場。戦艦アクション演出でボイスが入った。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド2にて登場。原作再現が序盤の段階なので、「???」名義でセリフのみの登場。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

格闘値はトップクラスだが他の能力はそれほど高くない。防御も低い基準で安定しているため、真ドラゴンはともかくゲッター1に乗る中盤は厳しい。『OE』では竜馬には劣るもののまともに防御も高い。また真ドラゴンが戦艦扱いであるため、曲がりなりにも艦長ポジションであるのだが、当然のことながら指揮に相当する技能は覚えないのも難点といえば難点。

精神コマンド[編集]

D
不屈必中直撃熱血気合献身
見事にスーパー系のラインナップ。「献身」があるのはスタンスゆえか。
第2次Z再世篇
必中集中加速気合熱血
ややリアル寄りな構成になっている。「愛」を持つのは渓の存在によるものか(この場合は恋愛感情ではなく、姉弟愛に近いものだろうが)。真ドラゴンに乗り換えてからは「愛」を用いたMAP兵器が猛威を振るう。
第3次Z
必中加速気合熱血
OE
気合熱血感応
「感応」を取得。やはりゲッターの申し子ゆえか。「気合」も後述の精神力のおかげで戦っているうちにどんどん使って一気に気力を上げることができる。
V
信頼必中加速気迫熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

D
底力援護攻撃援護防御コンボ斬り払い
第2次Z再世篇第3次Z
底力L5、闘争心カウンターL5
OE
底力:攻撃、精神力戦意高揚
精神力は戦闘での効果がサブ二人にも及ぶため、1形態で戦っていくと精神コマンドを湯水のように使えるようになっていく。
V
底力L5、闘争心L1、援護防御L2、ヒット&アウェイ

固有エースボーナス[編集]

気力130以上で、自軍フェイズ開始時にSP+10
『第2次Z再世篇』、『第3次Z』、『V』で採用。SP回復と重ねがけできる。
撃墜エース:攻撃(気力130以上で攻撃+20%)
『OE』で採用。

人間関係[編集]

流竜馬
彼の名前を叫ぶ時の声が有名(後述)。この作品で、ブラックゲッターの操縦者が竜馬であることが、ここで明らかになる。
守るべき存在。血縁的、遺伝的には若干複雑な関係にある。
彼を真ゲッター3の操縦者に推薦する。
早乙女ミチル
クローン」としての號のオリジナル。
早乙女博士
創造主。
ゴールブライ
早乙女博士の計画では当初、號にとって兄弟になるはずが…。
シュワルツ
13年前のゲッターチーム(ゲッター線汚染の元凶の一角)本人、という事で銃口を向けられた。
一文字號
號と同じく『ゲッターロボ號』の主人公をモデルにした人物(性格はまるっきり正反対であるが)。『CC』では彼と肩を並べて戦うコトとなる。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ジュドー・アーシタ
D』では木星にてインベーダーとの決着を付ける際に遭遇する。当初彼は號達をインベーダーではないかと疑っていたが、ジュドーの優れたニュータイプ能力を感じた號の助言により、ゲッターチームがインベーダーではないと感じ取る。
マーベット・フィンガーハット
『D』では彼女を諭し、勇気付ける。
張五飛
『D』では、トレーズにリベンジを果たすべく、半月刀を片手にトレーズに挑みかかった彼を止めるように、渓から言われ素手で止めようとする。最終的には、トレーズが「待った」をかけた事によって、有耶無耶になったが…。
剣鉄也
V』ではゲッター線の申し子として「この世界を守るために」招かれる。

名台詞[編集]

(いけない…! それは、いけない…。 なぜなら…!)
第1話ラスト、早乙女に銃口を向け、彼を殺した後、隼人をも殺そうとする竜馬を引き止める時の台詞。この時、號はゴールブライと共にカプセルに入っているので、テレパシーで竜馬に会話しているものと思われる。
「チェェェェェンジッ!! ゲッタァァァァアアア!! 真・ドォォォラゴォォォォンッ!!」
第2話、自力でカプセルを突き破り、猛ダッシュしながら量産型ゲッターGゲットマシンを真ドラゴンへと合体させる時の台詞。
「何もかも昔のままだ…」
第3話ラスト、ICBMを止める為に真・ゲッター1からオープンゲットし、高速移動しながら真・ゲッター2へのチェンジを試みる隼人。強度のGに耐えながらも號は静かにこの台詞を呟く。細胞内に刻み込まれたミチルの記憶が呼び起こさせたものかどうかは不明。
「お前が乗れ」
第6話、真・ベアー号のパイロットに指名する際に。
「委ねろ。お前の意識を…」
「お前の全てを…!」
真・ベアー号を操縦できず、合体する事すらできない凱へのアドバイス。口数が少ないせいか、凱でなくても「何を訳のわからん事を」と思ってしまうだろう。
「渓、お前は俺が守る…」
第7話より。物静かな號だが、を守る為に熱い心も見せる(ただこの台詞を言う時は基本的にあまり声を出さない)。
リョォォォオオオマァァァァア!!
第9話、メタルビーストを一匹残さず葬り去らんとニューヨークで暴れ狂うブラックゲッター。弁慶の声ですら届かなかったその機体を止めたのは、號の叫びだった。
(……ストナーサンシャインだ……)
(ストナーサンシャインを出すんだ…)
(三つの心をひとつにしろ…ゲッターを…ゲッターを信じろ…!)
(想いを込めて、パワーを上げるんだ…)
第11話、真ドラゴンの内部で苦戦する竜馬達に対し、動けない身の號はテレパシーで彼らに呼びかける。セリフの元ネタは漫画版『ゲッターロボ號』のメシア・タイールのものから。
(渓…!)
うわあああああああーッ!!
第12話、昏睡状態で眠り続ける號を呼び覚ましたのはインベーダーにより窮地に陥る渓の声だった。下段の號の叫びと共に真ドラゴンは雛が殻を破るかのように龍のごとき姿となる。なお、この場面で突起物からゲッター線を放出する真ドラゴンはマシーンランドを思わせる描写となっている。
「俺は『お前を守る』と言っただろう?」
最終話、渓と凱を真ドラゴン最終形態に乗せた後、彼の復活を喜ぶ渓に微笑んで。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「心に抱け。ただ、勝つことだけを。信じるんだ、自分を。マジンガーを、オレ達の力を」
D』第34話「"破滅"の意味」より。イグニス相手に逸り、「怒りや憎しみは奴らの力となる」とヒイロに忠告された甲児と鉄也に対し、復讐ではなくただ勝つためだけに戦え、と諭す。
AG「では、ワタシはいつも通りに営業をしたいと思います。今日も張り切って…」
號「商売、商売!」
第3次Z時獄篇』第45話「暗黒の神ミケーネ」のDトレーダーにおいて。ずっと黙っていただけに、一緒にいた宗介は驚いていた。
「心を忘れ、力のみに偏ったシンカに未来はない! 神々よ、それを思い知るがいい!」
(太虚……永遠の闇……生命ある者にとって最大最強の敵……)
『第3次Z天獄篇』第53話「閃光! 次元の果て!」より、コーウェン&スティンガーとの戦闘前会話の冒頭。Z世界のインベーダーがその身に宿し、力としている因子・太虚。鬼宿の力たる「消滅しようとする力」であり、死へと向かう力。その正体を號が語ることはなく、そしておそらく―――この先も語られることは、ない。
「…全てはゲッターの導きだ」
V』エーストーク時にナインから「愛とは何なのですか?」と聞かれた際の回答。若干の沈黙が動揺しているようにも見えるが、ナインからは「さっぱりわかりません…」と理解されなかった。

搭乗機体[編集]

真ゲッターロボ
真ゲッター1
中盤の搭乗機。真ゲッターロボの空戦形態。普段は真・イーグル号に乗っているが、3話でのみ真・ベアー号に搭乗している。
真ゲッタードラゴン
この機体の機動キーとなるために産み出された。
真ドラゴン
最終決戦時の搭乗機。

余談[編集]

  • キャラの原型となったのは漫画版『ゲッターロボ號』の主人公・一文字號だが、容姿以外は生い立ち、性格など多くの部分でほぼ別人と言って良い程変更されている。
  • 本編では竜馬が異常に目立つ為、影が薄いと言われる事もある(要所要所では號もそれなりに目立ってはいるが)。スパロボ関連の商品でも、例えば『スパロボ学園』や『再世篇』など公式サイトの戦闘シーンなどでは竜馬が優遇されており、スパロボ以外の作品でも『Another Century's Episode 3 THE FINAL』の公式サイトで竜馬の名前が先に出ている(渓や凱は隼人や弁慶より先に名前が出ている)。