真上遼

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
真上遼
外国語表記 Ryo Magami
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 日野聡
デザイン 伊藤岳史
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人造人間エルプスユンデ
性別
所属組織 WSOスカルフォース
所属部隊 デスカプリース隊
軍階級 特務中尉
テンプレートを表示

真上遼は『マジンカイザーSKL』の主人公の一人。

概要[編集]

マジンカイザーSKLのパイロットの一人。コードネームは「ルシファー4」。海動とは対照的にクールでニヒルな男だが、激昂すると海動以上の凶暴性を発揮しながら暴走する危険人物と化す。また、戦闘狂という意味では似た者同士。

カイザーの操縦においては銃撃戦を担当するが、いわゆる「ガン=カタ」的な戦闘スタイルにより格闘戦も十分以上にこなす。彼が操縦するカイザーは従来のマジンガーシリーズの印象を覆す軽快な動きで、曲芸じみたとてつもない機動性を発揮している。相棒の戦い方が従来のマジンガーに近い力強いモノであることも、その印象に拍車をかける。

実は、人造人間エルプスユンデ「ナンバーMK174」として生まれてきた出自を持ち、そのことから「運命」などといった言葉を強く忌み嫌う。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。真上遼役の声優である日野聡氏は、本作でスパロボ初参加。スキルパーツで自身の射撃術を直伝してくれるが、当然こちらも自分自身に直伝できる
相方と同様、過激な発言が目立つが、こちらは相方への突っ込み役も兼ねるので、比較的冷静な印象を受ける。また、人を人とも思わぬハザードのような外道には明確な怒りを示し(後述)、対話などの主義に合わない方針にも理解を示すなど、ある程度の良識も持ち合わせている。
真上の出自であるエルプスユンデオリジナル設定と大きく絡むため、同じく普通の人間とは違う存在およびその本質に絡む事が多い。
ウイングクロス時はサブパイロットで固定になってしまうが、スキルパーツは共有なので育成上の問題は少ない。強いて言うならば、撃墜数を稼ぎたい時には注意か。
スーパーロボット大戦BX
プロローグにて原作OVA第3話でのキバとの決戦が描かれ、その後相棒と乗機共々消息不明となっていたが、なんとバイストン・ウェル聖戦士候補として召喚されており、ショウ達と共に反ドレイク勢力の一員として戦っていたという驚愕の経緯を辿っており、第10話「皇の浮上」にてバイストン・ウェルの軍勢と共に地上界に浮上し、自軍に参入する。そのためユーザーからは相方と共に『聖戦士コウムイン』などとネタにされることに…。
本作では原作終了後の関係で『真マジンガー』の物語にクロスオーバーを含め関わる場面が多い他、バイストン・ウェルに召喚されてから地上に出るまでの描写されてない部分で相当暴れたらしく、ダンバイン系の敵との戦闘前会話も豊富である。
ウイングクロス時におけるステータス・スキルパーツ周りの仕様も『UX』とほぼ同様なので、熱血覚醒の分担による猛攻撃も健在。また、真上の精神コマンドが変更されて弱点が無くなったため、前作よりも強くなっている。また覚醒を自軍で早い段階で2回使えるため、バトルレコード「3回行動!?」取得にも重要である。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
本作では初のマジンガーシリーズゲッターチームジーグ等の他ダイナミック作品との共演を果たす。
スーパーロボット大戦X-Ω
2017年10月のイベント「新天地! その名は…地獄」より参戦。真上がメインとなるユニットは『マジンガーZ INFINITY』が期間限定参戦した2018年1月にイベントに合わせて実装された。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

海動とは格闘射撃技量命中防御回避が対になっている(『BX』ではこっそり回避が海動の防御より僅かに高い)。そのためリアル系パイロットに匹敵する回避能力を誇るが、防御もリアル系並である点には注意が必要。ちなみに格闘は立ち位置上低いかと思いきや、高すぎる射撃に比べれば大きく劣るというだけで普通に主人公級の値になっている。

精神コマンド[編集]

UX
直感集中鉄壁直撃覚醒
海動に無いものを一通り補う。一方、加速は無いので、そこは追風かPUでフォローしたい。覚醒を覚えると、相方の『熱血』+『覚醒』によるインフェルブラスターで超強力なボスキラーに変貌。
BX
直感集中強襲鉄壁覚醒
直撃の代わりに覚えた強襲が加速&突撃も兼ねる為、『UX』での欠点がほぼ克服された。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

UX
底力L8、援護攻撃L1、全体攻撃L2、ガンファイトL3
BX
底力L8、援護攻撃L1、援護防御L1、全体攻撃L2、ガンファイトL3

人間関係[編集]

海動剣‎
相棒。常に行動を共にしている。いがみ合うこともあるが、戦いにおいては息の合った連携を見せる。
由木翼
スカルフォースの同僚(厳密に言うと軍の階級は、正規の中尉である彼女の方が真上より上)。海動ほどではないが、疎ましがっている。
OVA第3巻では、海動と同様に彼女の力量を認めるまでになる。
スカーレット・ヒビキ
上官。一目置いており、彼女が戦死した時は黙祷していた。
ガラン
彼との戦闘中にトラウマを刺激され、暴走してしまう。再起後は、彼に生まれた僅かなスキを突いて勝利する。
ファウスト
漫画版『マジンカイザーSKLヴァーサス』にて、人造人間エルプスユンデを造った科学者として登場。こちらの作品においては真上は彼によって造りだされた設定である。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

ダイナミック作品[編集]

兜甲児 (OVA)
剣鉄也 (OVA)
兜甲児 (真マジンガー)
同じマジンガーシリーズのキャラクターで、原作の世界観は違えどマジンガーパイロットの先輩とも言える存在。
OVA版の甲児や鉄也とは『CC』で、『真』版の甲児とは『CC』と『BX』にて共演し、マジンガーシリーズの敵を相手には度々共闘している。
BX』では『真マジンガー』版の甲児に対して先輩分として接し、やがて強い信頼関係で結ばれた戦友となり、共に「地獄」となり強大な敵に立ち向かう。
流竜馬 (OVA)
同じダイナミック作品の主人公で、キャラクター性にも色々と共通点の多い人物。
『CC』ではカイルスきっての武闘派として共に登場する場面もあり、「宇宙を守ってきた者達」では彼らと模擬戦で対決する場面も。
ローレライ・ハインリッヒ
『BX』で共演。直接の絡みは少ないが、自分と同じく、戦うために生み出された存在であるためか思うところのある様子を見せる。
兜シロー
『BX』でローレライ(ドナウα1)の生存が確定すると、それについて甲児に「お前の弟が運命に抗った結果」と伝える。

バイストン・ウェル関連作品[編集]

ショウ・ザマ
『BX』ではほぼ同じタイミングでバイストン・ウェルに召喚され、その後は共に反ドレイク勢力の一員となり戦う戦友となる。彼の聖戦士としての実力やその人間性も認めており、彼からも信頼されている。
マーベル・フローズンチャム・ファウニー・ギブンキーン・キッス
『BX』ではバイストン・ウェルより反ドレイク勢力として共に戦ってきた戦友。
シーラ・ラパーナ
『BX』ではバイストン・ウェルで反ドレイク勢力に加わった後は彼女の下で戦っており、彼女からも「地獄からの使い」「良き者」と呼ばれ信頼を得ている。
バーン・バニングス
UX』ではガランの客将となった彼と第1部中盤のヨーロッパルートにて対峙する。
BX』ではバイストン・ウェルに召喚された真上と海動をドレイク軍の一員に加えようとするも当然反抗し、以来バイストン・ウェルから地上に至るまで、何度も剣を交えている。
ドレイク・ルフトルーザ・ルフト
『BX』ではバイストン・ウェルより彼らの反抗勢力の一員として戦っており、彼らから警戒されている。特にルーザからは「ガロウ・ラン」呼ばわりされ強い嫌悪を抱かれている。

その他[編集]

劉備ガンダム関羽ガンダム張飛ガンダム
UX』では共に奇械島の敵と因縁を持つ者同士であるため、共闘する機会が多く、互いを認め合う間柄でもある。
リチャード・クルーガー
『UX』では彼が自分達に代わりキバを道連れに落命した後、海動と共に、彼の死を悼む。
サヤ・クルーガーアユル・ディラン
同じエルプスユンデ。特にアユルとは竜宮島で交戦した際に彼女の気配を感じ取っていた。
ティエリア・アーデ
同じ「造られた人間」の一人。『UX』では「造られた人間という宿命」にも「運命」にも立ち向かう事を誓う真上の言葉に、彼も大きな感銘を受ける。
ハザード・パシャ
『UX』第47話「HEAVEN AND EARTH」で彼が行った非道な作戦に激しい怒りを見せる。
ティトゥス
『UX』では直接的な絡みはあまりないが、自分が辿るかもしれない「修羅道に堕ちた者の末路」を見たのか、その死に様には複雑な表情を浮かべていた。

名台詞[編集]

「ここで出会った不幸を呪え。さあ、どこを撃ち抜かれたい?」
「5秒以内に答えればリクエストに応えてやる」
「時間切れだ…」
OVA第1巻より。キバ軍との決戦での台詞。どこかで聞いたような…。
「おいおい、コックピットは大事にしてくれよな」
OVA第1巻より。キバの乗る爆劉鬼海動カイザーで頭突きを行った際に。なおこの時の海動は無邪気な笑いで返している
「地獄で待っていても無駄だ」
海動・真上「「俺たちが、地獄だ!」」
OVA第1巻より。キバの「地獄で待ってるぜぇ!」という断末魔を受けて。地獄コンビの象徴と言える決め台詞。その一方で、マジンガーシリーズ初代悪役も地獄を名乗っていたりする
『UX』では牙斬刀及びブレストリガー(乱舞)のトドメ演出で地獄コンビのカットインと共に言い放つ。
実はカイザーが撃墜されてしまっても海動が言う。これはOVA第2巻ラストの再現。
海動「替われ真上、俺にやらせろ!」
真上「このまま俺にやらせてくれ」
海動「どうした?」
真上「達観した私感も人を見下した傲慢さも許せる…だが運命(さだめ)を持ち出す者だけはどうしても許せない!」
海動「てめぇがそこまで言うんなら、カイザーは預ける。だがやべぇと思ったら」
真上「あぁ、分かってる」
OVA第2巻より。ガランが運命(さだめ)と言う言葉を使用した際のパイルダー内のやり取り。
真上「俺が相手だ。付き合って貰おうか…俺達の退屈凌ぎに!」
ガラン「ほぉ、洒落たことを言う」
そして直後の戦闘開始時に。
「煩い!俺は俺だ!俺の好きなように生き、俺の好きなように死ぬ!うおぉぉぉ!俺のこの生命は、俺以外の何者の物でも無い!」
そしてヒミコがガランに自分達と同じエルプスユンデだと知らせ、それを挑発に使用したため暴走し彼に叩きのめされた際に。
「代わり…代わりなんて無いんだぁ!」
海動に操縦を替われと後ろから叫ばれてなお、ガランに立ち向かいながら…
「証明するんだ… お前が証明するんだ。生き続けろ… 生き残り続けてそれを証明するんだ…。生きている限りお前は答えに近づく…」
OVA第3巻より。気絶している時に、自身の幻影に投げかけられた言葉。これにより、真上は自身を証明するという目的を見出す。
真上「まだ、生きているのか…」
海動「あったりまえだ! 俺達がそう簡単にくたばったら、閻魔様が泣くぜ!」
真上「ふっ…」
海動「戻ったみてぇだな…」
真上「あぁ…思い出したんだ…、大切なことを…。俺は証明しなければならない、自分の存在意義を…」
海動「強く殴り過ぎたか…?」
直後に海動に殴られて現実に戻ってきた際のやり取り。
真上「まだ勝負はついていない!」
海動「第2ラウンドの始まりだ!」
ガラン「そのしぶとさだけは褒めてやる。だが、前のような戦いではお前達に万に一つの勝算も有りはせん!」
真上「確かめてみろ!」
ガラン「よかろう!」
そしてカイザーを操って地上に這い上がってきた際のやり取り。
「大義名分が何になる…所詮は人を騙し、自分を偽るだけの題目だ!」
直後の攻撃前に…。
「仲良く釜茹で地獄としゃれ込もう!」
メルトダウンした重力炉にアイアンカイザーを対消滅させるために掴んで降下しながら。『UX』でもイベント戦闘時の台詞として採用されている。
「ふっ…インフェルノォ…ブラスタァァァッ!!」
OVA第3巻より、アイアンカイザーを重力炉に固定した後にインフェルノブラスターを撃ちこむ。
キバの「てめえら、ホントの馬鹿だぁっ!」との言葉に、それに対してキレたようにも、またはそれを認めたようにも見える。
BX』でぶちかました『ダイナミックコンビネーション』でも同様だが、激烈極まる甲児の超必殺技に応える形で微笑んだ後に地獄の炎をぶちかます。このためか通常のインフェルノブラスターよりも、かなり気合が入ったシャウトになっている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

携帯機シリーズ[編集]

UX[編集]

「俺たちに大義名分などない! そんなものは所詮、人を騙し、自分を偽るだけの題目だ!」
第15話ヨーロッパルート「オペレーション・オーバーロード」に於けるガランとの戦闘前会話。OVA第3巻での台詞のアレンジ。
真上「フ…なら貴様は、家畜に手を食い千切られる、間抜けなご主人様というわけだ」
ゴゴール「なにぃ…?」
海動「仮にも宇宙の支配者を名乗ってんだ! 家畜にいくらじゃれつかれても屁でもねえよなぁ!」
第44話「フェイス」に於けるゴゴールとの戦闘前会話。人間を「下等な家畜共」と嘲笑するゴゴールに対して海動と共に痛烈に切り返す。
海動「ヘッ、安心しな。お前はもう地獄まで来てるぜ!」
真上「自分の意志すら示せない者に生きている資格などない! 望み通り、地獄の底まで叩き落としてやろう!」
第47話「HEAVEN AND EARTH」に於けるとの戦闘前会話より。痛みに耐えきれなくなり、「いっそ地獄にでも落ちれば、俺たちは楽だったのかも」と弱音と諦観を吐いた操に海動と共に容赦無い一言を浴びせる。
一見容赦無く思えるが、台詞を読み解くと、「この世界に生きたいのならば、己の意志をミールに示せ」とも取れる。
特殊な出生により『運命』という言葉を強く嫌い――故に自分の意思で『運命』に抗っている真上ならではの台詞である。
「バ、バカ野郎…! アイツらだって、人間なんだぞ! 俺たちと、同じ…! 同じ人間が、ここにいるんだぞぉぉぉッ!」
同上。ハザードが脱獄時に連れてきたキバの輩ガラン軍兵士の脳波を遠隔操作して機体を操らせ、こちらに向かって特攻させるという残虐極まりない凶行と「造られた人間」達の無惨な末路に、エルプスユンデ「ナンバーMK174」が絶叫する。その場にいた海動はそんな真上の心境をただ察するしかなかった。
ベースになっているのは原作(『HAE』)のこのシーンでの溝口恭介の台詞だが、こちらは「フェストゥムを倒すために人間をも巻き添えにする」行為への憤りの台詞であり、ニュアンスが大きく異なる。
海動「話してわかり合おうなんて、甘っちょろいこと言ってやがるが…」
真上「それもまた、ひとつの戦い…騒乱に終止符を打つ最良の手段だ。その邪魔立てはさせん!」
第48話「来るべき対話」に於ける刹那出撃後のELSとの戦闘前会話より。
基本的に「戦いたいから戦う」海動と真上であるが「騒乱に終止符を打つ」事…すなわち「戦いたくない者が戦わずに済む」事の重要性を理解しており、そのための対話を「戦い」であると認めていた。
何気に、対話を求める事を「戦い」と表現するその姿勢は『機動戦士ガンダム00』1stシーズンの刹那と同じである事も興味深い。
「そういうことか…奇械島の連中が、人類軍に利用されていたのはそのための試金石だったんだ」
第49話「侵略の終焉」より。バジュラを支配することを目論む人類軍の背後にショットがいることを知って。
真上の脳裏に浮かんだのは、人類軍によって無残な最期を遂げた奇械島の連中であった。
「戦いたくないヤツは下がってろ! 汚れ役は、俺たちが引き受けてやる!」
同上。人類軍に操られるバジュラと戦う事に、が躊躇った際に。真上の義侠心を感じさせる台詞。
真上「ならば、この先の道は俺たちが案内してやろう…行き先は地球でも、火星でも、お前の望むユートピアでもないがな!」
海動「お前が行きつく先はたったひとつ…地獄だッ!」
同上。ハザードとの戦闘前会話より。己のエゴのために同じ「人間」と「異種」を利用し、その命と尊厳を悉く踏み躙った男に「骸骨の魔神」とそれを駆る二人の死神が「地獄逝き」を告げる。
そして海動や真上の台詞も珍しく「戦いたいから戦う」といった内容のものではなく、「ハザードという外道を討つ」といった旨の台詞であるのも印象的である(この会話中、海動&真上のアイコンが睨みつけているものになっている事からも、両名のハザードに対する怒りが伺える)。
海動「ってことは俺たちがやる事も変わらねえな!」
真上「ああ、奴らにも教えてやる!俺たちが地獄だということを!」
第50話「恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」にて、人類軍を壊滅させ、ハザード同様に銀河を支配しようとする電脳貴族に対して。ここでの「俺たち」はおそらくUX全体を差しているのだろう。

BX[編集]

「俺達の世界を土足で荒らし回るよそ者どもを叩き潰すぞ、由木中尉」
「ラパーナ女王もそれで構わんな?」
第10話「皇の浮上」で突然現れた自分達の状況の説明を求める由木翼に対し、地上で戦闘を続けるドレイク軍を自軍部隊と協力して撃退すると告げた後にシーラに許可を求めて。一応は目上の人物に許可を取る辺り、真上たちが只の戦闘狂でない事が表れている一言。
余談だが、一行目の台詞について、「(ドレイク軍相手とはいえ)向こうで暴れ回ってただろうアンタ等が言うな」と思ったプレイヤーは多いだろう。
真上「さてと…出遅れた分、少しでも獲物を撃ち落とさんとな!」
海動「ああ? 勝手に決めんな! あいつらをぶっ倒すのは、俺の剣だってもう決めてんだよ!」
真上「突っ込むだけの単細胞は黙っていろ! 誰のせいでカイザーのウイングを失ったのかもう忘れたかッ!!」
海動「人のせいにすんじゃねえ! ありゃ、キバの野郎を殺った時にとっくにぶっ壊れてただろうがッ!」
由木「戦闘の最中にまたケンカを…あのふたり、相変わらずみたいね…」
同話におけるドレイク軍との戦闘前会話より。原作終了後の設定であるのにウイングクロスが無い理由を含めたやり取りである。
「ああ。あいつの言う運命さだめ…カイザーが砕く!」
「お前の好きなように死ぬ事を否定はしない。だが!」
「避けられない運命さだめなどない! お前が証明するんだ。生き続けろ!」
第18話「愛憎!残された大切な者!」でのみ聞ける、ドナウα1ローレライ)への戦闘台詞の数々。「父の念願を晴らす」という運命さだめに縛られその命を散らそうとする彼女を前にして、熱い台詞をぶつけてくれる。
これの台詞は、劇中挿入歌(ウイングクロスのシーンで流れる)『Legend of Kaiser』二番の歌詞(避けられない運命さだめを掴みとる日まで永遠に)からの引用であろう。
「一度仕事を引き受けたのなら、最後までやり通してみせろ」
第26話「三つの星が集う時」で厨房での仕事を投げ出して逃げようとしたウィンドウ達の前に海動、船長と共に立ちはだかった際の台詞。真上の律儀な一面が表れている一幕だが、後述の台詞では…。
真上「いいところに来てくれた。監督役には少し退屈していたところでな」
海動「こうやって戦ってる方が俺たちにとっちゃよっぽど祭りだぜ! 楽しませてくれよ、モンスターさんよ!」
同ステージに於ける騎士ゼノンマンサとの戦闘前会話より。やはりこの2人には一番星コンテストは退屈なのであろう。
「フ、貴様ら原種に容赦は不要だろう?」
第27話「暗黒の大決戦」で爪原種と対峙した際の台詞。確かに、その通りである。
真上「フッ、平時ならともかく、水際に追い詰められた男が言ったところで、ただみっともないだけだぞ」
海動「テメェの戦場ぐらいテメェで見つける! お前の力なんざいらねぇんだよ、ビショットさんよぉ!」
第33話「AEU戦線」における、ビショットとの戦闘前会話での台詞。進退窮まった挙句に自分達を懐柔しようとするビショットを一笑に付す。
「ドレイクの内に野心を灯した女…。バイストン・ウェルの戦いの元凶が滅んだという事か…」
同話より。ルーザが死亡した時の台詞。向こうでの戦いに関わった事もあり、珍しく感傷的につぶやいた。
真上「フッ、お前達の造った物だ。後始末は自分でするべきだろう…?」
海動「テメエが死ぬか、俺達が先にくたばるか! こういう賭けは何度でも面白えッ!」
甲児「重力炉と一緒に消えろ、暗黒大将軍!!」
第37話「降臨!大いなる神の化身!」より。かつてアイアンカイザーに対してやったように重力炉ごと暗黒大将軍にトドメを刺す時の場面。
「避けられない運命は存在しない」
「事実、ミケーネは俺達によって倒された。予知なんてモノは意味を為さんという事だ」
同話のエンドデモより自分の未来視すら通用しない絶望的な状況から自分達が帰還したことに驚くアイラに対して。「運命」などといった言葉に否定的な真上らしい台詞である。
「あの化け物の暴走は、奴らの想定外だったという事だ。だが…思考を停止したサルにはちょうどいいカンフル剤になったらしいな」
第41話「君の中の英雄」より、ヴェイガンギアの暴走を士気高揚に用いる草壁中将にまんまと乗せられるヴェイガン木連両陣営に対して。
真上「戦う事を運命づけられた存在か…」
海動「ヘッ、テメエらしくもねえ。同情でもしちまったか、真上ぃ!?」
真上「ふん、まさか… だが、奴を見ていると不愉快になる。ヴェイガンギア…その機械の身体をバラバラにしてやろうッ!」
同話におけるゼラ・ギンスとの戦闘前会話。定められた運命にただ従うだけの存在は、真上にとって虫唾が走るのだろう。とはいえ、破壊すると宣言しているのはヴェイガンギアの方である辺りは、ゼラを救う事を望んだキオの意志を汲んでいると言える。
「ストーリーがいつも同じでは面白くあるまい。たまには正義が負けるバッドエンドも悪く無いだろうッ!?」
同話における草壁中将との戦闘前会話。ただ、原作で正義が負けるバッドエンドの作品が同部隊にいる上、更に今作ではそのバッドエンドを粉々にぶち壊してしまっているが……。
とはいえその台詞は、自分の行動や思想を「正義」と信じて疑わない草壁中将に対する皮肉と言えなくもない(相方も相方で「俺達は俺達で勝手にやらせてもらうからよ!」とやっぱりブレない)。

単独作品[編集]

海動「おいおい! ありゃあ、まるでカイザーじゃねえか!」
真上「確かにな…だが、重要なのはそこではない」
海動「ああ…アイツが、敵か、味方か、それだけだ!」
CC』第3話「魔神降臨」より。マジンカイザーを目にして。いつもどおりに聞こえるが、真上の反応が某霧に重なって見えてしまうのはなぜだろうか?
「戦いの意義を問いたいなら、他を当たれ」
『CC』第46話「魔神 が 舞い降りる 日」より。ブリタニア鉄甲龍に支配された日本においてスザクと対峙した際の彼の台詞に対する反論。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「わからん…奴らの生態は、全く理解できん!」
UX』第26話「THE SHADOW OVER INNSMOUTH」より。軽装モードの孫尚香陸遜を見ての反応。
「勘違いするな。俺たちは島に現れたフェストゥムを倒しに来ただけだ」
『UX』第29話「燈火-ともしび-」にてアルティメット・クロスが救援に現れた事に疑問を持った真矢への反応。
一般的な作品ならテンプレにもほどがあるツンデレ台詞だが、この男の事なのでおそらく本音。

搭乗機体[編集]

マジンカイザーSKL
パイロット。銃撃戦を担当。

余談[編集]

  • 真上→まがみ→魔神。名付け親は永井豪氏。
  • 真上遼のコードネームである「ルシファー4」は永井豪作の漫画デビルマン』に登場する大魔神サタンが天使だった頃の名であるルシファーから取られている。
    • この事から、「遼」という名前は『デビルマン』の登場人物である飛鳥了から取ったものと思われる。
    • 真上役の日野氏は後に『サイボーグ009VSデビルマン』にて飛鳥了を演じている(制作スタッフが『マジンカイザーSKL』と共通しており、デビルマン側のキャストは『マジンカイザーSKL』の主役となっている)。
  • 書籍『魔神大戦21』のインタビュー記事によれば、キャラクター自体の原型は『ガクエン退屈男』の主人公の一人・身堂竜馬とのこと(より厳密には『バイレオンスジャック』登場時か)。こちらの竜馬も人造人間という設定で、この設定が本作の真上遼に反映されたとも受け取れる。