奇械島

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

奇械島(Kikai Island)とは、『マジンカイザーSKL』に登場する島。

概要[編集]

本編の主な舞台となる、日本付近太平洋上に浮かぶ島。重力カーテンで包まれている。

島の各地には八稜郭キバ軍ガラン軍の三勢力が割拠しており、互いに争っている。

この島に設置された重力炉が重力崩壊を起こしかけている事を知らせるファイナルアラートが切っ掛けとなり、『マジンカイザーSKL』の物語は幕を開ける。

OVA第3巻「Final Count」終盤において重力炉が爆発した影響で、八稜郭の近辺を除いて島は海に没した。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。フェイ・イェンHDが眠っている他、奇械島で発見されたミールがモルドヴァの基地に運び込まれていたり、オリジナル要素であるオデュサイトが発掘されたり…とかなりのクロスオーバーがなされている。
なお、『UX』のマップを見ると、「奇械島はおよそ小笠原諸島や沖ノ鳥島辺りに位置している」という設定である模様。
スーパーロボット大戦BX
『マジンカイザーSKL』が原作終了後である為、直接舞台になる事は無い。
しかし、一方でオウストラル島の住民が移住したり、EDでオーラマシンの廃棄場所になったりと、随所で名前が挙がる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle