2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

オデュサイト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

オデュサイト(Odyssait)とは、『スーパーロボット大戦UX』に登場する鉱石。

概要[編集]

本作オリジナルの存在であるが、設定レベルでマジンカイザーSKLと密接に絡んでいる。[1]

性質・経緯[編集]

奇械島で産出される特殊鉱石であり、島の心臓たる重力炉の触媒としても利用されている。発見されたのは本編開始の200年ほど前。

「人の意志の力」を増幅させる力を持っており、島の科学者たちはこれを使用した兵器を造り出そうとした。これはつまり「意志の力を増幅し、それをエネルギーに変えるシステム」である。その一つが「粒子加速炉」であり、発展型となったのがオルフェスライラスの「レプトン・ベクトラー」、ヴィジャーヤドラウパの「ニュートリノ・ジェネレータ」である。

しかし、オデュサイトの真の力は、「増幅した意志に時空を超えさせる」ことにあった。オデュサイトは所詮鉱石であるため、意志の増幅には歯止めがかからず、無限に加速し続ける。そのような力を制御できるはずもなく、粒子加速炉は実験中に暴走を起こし、増幅された「意志」ごと時空の彼方へと消えてしまった。[2]実験の失敗を見た研究者たちは、粒子加速炉を、増幅し続ける意志を制御するため研究を重ねた結果、オデュサイトそのものに意志を宿らせ、粒子加速炉の制御キーである人造人間を造り出そうとした。それが、アイラ達の父母であり、アイラ達八稜郭の女性たちであり、島で闘争を繰り広げていたキバガランであり、そして真上遼であり、サヤ・クルーガーなのである。こちらについてはエルプスユンデの項を参照。

終盤判明したその正体は、輪廻する世界の中で積み重ねられてきた「命の結晶」。キルハシウム、龍玉髄、玉璽、リーンの翼、フォールドクォーツ、それらもまた、名と在る場所が違うだけの、同じものであった。

類似の物質[編集]

キルハシウム
シェーマ星系のメカが動力としているエネルギー源。UXの世界におけるエルシャンクは、枯渇したキルハシウムの代わりにこの鉱石を動力触媒として運用されている。UXではほぼ同質の物質だが、エルシャンククルーが同一だと気づかなかったことからすると、ある程度差異はあると思われる。
龍玉髄
劉備の兜飾りに取り付けられている宝玉。玉爾と同じ材質。
玉璽
三璃沙の至宝にして霊帝の証。正負合わせた数多の人々の意志の集合体であり、最も強い意思である四神の魂に呼応し、天玉鎧を召喚する。
リーンの翼
フォールドクォーツ

関連人物・機体[編集]

ノーヴル・ディラン
恐らく、UXでもっともこの鉱石とその作用に詳しい人物。かつて奇械島での実験を主導していた人物。
リチャード・クルーガー
ノーヴルの同志であり、粒子加速炉を搭載していた機体のテストパイロットを務めていた。実験の失敗で乗っていた機体、主導していたノーヴルと共に未来世界へと飛ばされてしまい、入れ替わりに呼ばれたのがフェイ(を呼び込んだミク)。
サヤ・クルーガーアユル・ディラン
ノーヴルの生み出したエルプスユンデ。ナイアはサヤを「なかなか惜しい」、アユルを「最低の失敗作」と評している。
アイラ他八稜郭の人間達
キバガラン
エルプスユンデの実験体たち。彼ら彼女らは粒子加速炉を制御する力を持たない。
真上遼
彼も粒子加速炉を制御する事は出来ないが、マジンカイザーSKLから無限のエネルギーを引き出している描写が見られ、オルフェス搭乗時のサヤと同様にオデュサイトの効力をフルに発揮している様子が伺える。
フェイ・イェンHD
実験初期に加速炉が消失した際、それが増幅した「意志」と入れ替わりに現れた存在。ただし、本来はこのような姿ではなく、一足先に引っ張られていた別の「意志」の影響。
初音ミク
フェイより少し前にどこかの世界から引っ張られた「意志」。電脳の存在であるため直接は現れず、フェイをUXの世界へとで導き、融合する形で登場。フェイがHDの姿で現れたのはその影響であり、「歌」と、輪廻する世界でそれを奏でることの意味を伝えている。
早瀬浩一チャム・ファウエレボスジョウ・マヤ
アレルヤ・ハプティズムソーマ・ピーリスティエリア・アーデ
皆城総士羽佐間翔子バーン・バニングス
カレン劉備ガンダムアニエス・ベルジュ
アルカトラズで、玉璽の作用により「天の声」を聴いた者達。これらは、今世において実現しなかった可能性、そこに生きた並行存在達の声であり、聞こえる条件は「時空を飛び越える意思を持つ」こと。彼ら彼女らはそれを持つ人物である。
オルフェスライラス
ヴィジャーヤドラウパ
アヴァターラ
オデュサイトを触媒とする粒子加速炉、その発展型を搭載する機動兵器。このうちヴィジャーヤだけは乗り手が「時空を超える意思」を持っておらず、真価を発揮できていない。
マジンカイザーSKLアイアンカイザー
オデュサイトによって増幅された「意志」がどこかの世界から呼び出した存在。

脚注[編集]

  1. そのため、原作未見勢は勿論、既見勢からもSKL、あるいはその漫画版の設定と勘違いする者が続出した。
  2. 実はこの時、加速炉が増幅した「意志」と入れ替わりに現れた別世界の「意志」が存在していた。それは、世界の枠を飛び越え、無限の電脳を遊歩していたVR・ファイユーヴである。加速炉と入れ替わりに現れた「意志」は彼女であるが、実体化の少し前、同時期にどこかの世界から引っ張られてきた「意志」、ボーカロイド・初音ミクと接触・融合しており、そのため本来のカラーであるピンク系統ではなく、ライトグリーンを基調とした独自の外見で実体化することになった。ただし、これらの経緯は本編では詳しく語られておらず、フェイ自身やノーヴルから示唆されている。