2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

キバ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
キバ
外国語表記 Kiba
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 檜山修之
種族 地球人(エルプスユンデの末裔)
性別
所属 キバ軍
役職 頭領
テンプレートを表示

キバは『マジンカイザーSKL』の登場人物。

概要[編集]

奇械島で戦いを繰り広げている勢力の一つ「キバ軍」の頭。野蛮を絵に描いたような男で、「戦い、奪い、快楽を得る」事しか頭にない。

OVA第1巻での戦いでカイザーに敗れ、死亡した…かと思われたが、重傷を負いながらも生還を遂げており、アイアンカイザーを強奪して再びカイザーに戦いを挑む。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。概ね原作通りの活躍。今回『SKL』には色々なクロスオーバー要素が組み込まれているが、キバはその性格上そんなもの知ったことではないとばかりに振る舞うので、その濃いキャラクター性に対して、ストーリー面では他の『SKL』のキャラと比べると相対的に影が薄い感もある。
戦闘アニメでは原作OVA第1巻における健康体バージョンのカットインも、OVA第3巻における重傷を負った姿での、恐ろしくも迫力満点のカットインも共に存在。
なお、檜山修之氏の演じたキャラのお約束ということか、声優ネタを絡めた台詞(後述)もあり、中断メッセージも収録されている。
スーパーロボット大戦BX
Web番組『スパロボチャンネル』第1回において、キバが本作に登場することが告知された。なお、檜山氏による新規収録も行われた。
プロローグにていきなり原作OVA第3巻における奇械島でのマジンカイザーSKLとの最終決戦が描かれるがこの時戦死しておらず、Dr.ヘル一派の協力者となり暗躍し、度々自軍部隊の前に姿を現す。『BX』では「キバはミケーネのDNAによって生み出されたエルプスユンデ」という設定になっているため、あしゅら男爵とは別の思惑でミケーネの復活を企てており、Dr.ヘルの策により血の儀式に失敗したあしゅら男爵に代わり暗黒大将軍を降臨させ、マジンカイザーSKLブライティクスに最後の決戦を挑む。
基本的に原作再現パートのみの出番だった『UX』とは打って変わり、原作終了後設定ながら『真マジンガー』とのクロスオーバーでの出番も多く、悪役として強い存在感を発揮している。
キャンペーンマップ「悪の華」では味方として使用できる。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

BX
不屈必中ド根性気迫熱血
キャンペーンマップ「悪の華」にて使用可能。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

UX
底力 援護攻撃 全体攻撃
BX
底力L9、援護攻撃L3、全体攻撃L3、指揮L4、気力限界突破

人間関係[編集]

キバの輩
部下たち。
海動剣真上遼
彼らの駆るマジンカイザーSKLを「髑髏の野郎」と呼び、強く敵視する。
ガラン
奇械島で対立するガラン軍の総大将。『UX』では彼にトドメを刺す。
ヒミコ
彼女を殺害してアイアンカイザーを強奪する。『UX』では逆に、アイアンカイザーによる攻撃で殺害している。

他作品との人間関係[編集]

ダイナミック作品[編集]

Dr.ヘル
BX』では彼の協力者となる。
あしゅら男爵
『BX』では協力者であると共に、古代ミケーネに繋がる因縁で結ばれた存在でもある。
暗黒大将軍
『BX』ではあしゅら男爵に代わり彼を降臨させ、彼に追従してマジンカイザーSKLブライティクスに最後の決戦を挑む。
しかし、彼を復活させたのはミケーネの血を引く者としての使命感でも忠誠心でもなく、あくまでも「心行くまで戦い、宿敵である海動・真上と存分に殺し合うため」だった。
クロス
『BX』では第31話ボストンルート「devil cross kaiser」にて彼に化けて女将達を始末しようとするが、本物の彼によって返り討ちに遭う。

その他の作品[編集]

劉備ガンダム関羽ガンダム張飛ガンダム
UX』では八稜郭に与する侠たちで、因縁の相手。
孔明リ・ガズィ
『UX』では第1部の二度目の決戦にて、彼の策によって戦局を決定づけられることに。
フェイ・イェンHD
『UX』ではキバ軍のプラントの地下にて眠っていた。
その後の第2部中盤の決戦では、ガランやヒミコを殺害して暴走するキバに対して怒りを露わにする。そして、秘められていた新たな力を解放し、彼女の力に大ダメージを受ける事に。
リチャード・クルーガー
『UX』では最期は彼に道連れにされて落命する。
獅子王凱
中の人が同じキャラクターだが、性格は色々と対称的。初共演となった『BX』では互いに対し特殊戦闘台詞が用意されている。
ジェリル・クチビロニ・ガーベイ
『BX』ではDLCシナリオ「悪の華」にて彼女達に喧嘩を吹っ掛けてしまったことで、事態を更に混沌とした状況に陥らせることに。

名台詞[編集]

「てめえら命拾いしたなぁ! 今度会ったら必ず決着つけてやる! 覚えてやがれぇぇ!!」
OVA第1巻にてガラン軍への対応のために海動達との戦いを中断して撤退した際に。あまりにもありがち過ぎる捨て台詞に海動も呆れていた。
なお、『UX』では、キバの捨て台詞の末尾が被撃墜時の台詞として使用されている。
「うああああああああ!! 地獄で待ってるぜぇぇぇっ!」
OVA第1巻での断末魔の叫び(と言っても生還するのだが)。この台詞から「俺たちが地獄だ!」に繋がる。
キバ「貰うぜ、あれを!」
ヒミコ「あれは、使ってはいけない…」
キバ「勿体ぶりやがって…。力とは使う為にあるんだぜぇ!」
OVA第3巻にて。まさかの復活である。この時ヒミコを手に掛け、ガラン軍が秘匿していたアイアンカイザーを奪取した。
なお、別作品のロボットアニメに登場するキバ役の声優・檜山修之氏が演じたある悪役キャラクターもまた、キバの後者の台詞と似ている趣旨の発言をしている。
「それがどうしたあぁぁ!!」
OVA第3巻で、重力炉がメルトダウンを起こして降下した事を傍受して。もっとも、その元凶であるアイアンカイザーを持ち出したキバ本人には知ったことではなかった
「てめえら……本当のバカだぁっ!!」
重力炉を対消滅させるため、死を覚悟して重力炉の前でアイアンカイザーを破壊する海動真上に、半ば呆れたのか笑みすら浮かべたキバの最期の台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「てめえの添い遂げようとしてる女も、まとめて俺のモンにしてやるぜぇぇっ!」
UX』でのジョウアルトに対しての特殊戦闘台詞。お馴染みの檜山キャラの声優ネタ
これは、別作品のロボットアニメ主人公で、愛する人と添い遂げたガンダムパイロットに因んだ台詞である。
ちなみに『BX』では、同じ声の人物に対しても発生する。
「見せてみろや! その青臭え勇気ってヤツをよぉっ!」
「そんなに仲間が大事なら、みんなまとめてあの世に送ってやるぜぇっ!」
「他人のために戦うなんざ虫唾が走るぜぇっ!」
「でけえ声で叫んでりゃ勝てると思うなよ、コラァッ!」
「暑苦しいんだよ! いちいち叫んでんじゃねぇぇっ!!」
『BX』でのに対しての特殊戦闘台詞の数々。こちらもお馴染みの檜山キャラの声優ネタ
どれも凱を皮肉っているが、4行目以降は完全にブーメラン発言である

携帯機シリーズ[編集]

「ほう…俺の気配に気づいたか…」
「失礼するぜ。もっとも招待状は持っちゃいないがな」
「俺が何者か。それはお前もよぉく分かってるはずさ。そう、俺はお前と同じ…地獄から甦った男なんだからな」
BX』第18話日本防衛ルート「愛憎!残された大切な者!」にて。自分の存在に気付いたシュトロハイム達の前に姿を現して。原作を知るプレイヤーはおそらく、ここでキバの冷静すぎる態度に疑問を抱いたであろう。
「まぁ、これから仲良くしようじゃねえか…。なぁ、トリスタンイゾルデ…」
同上。エンドデモであしゅらに協力者であると告げて。何故ここでその時点でのあしゅら自身も知らなかったであろうミケーネ人としての名前を口にしたのか、それをプレイヤーが知るのは暫く後である。
「死が現実になるんだ。虚構が現実になったっておかしくはねえだろ…?」
『BX』第21話「脅威!古代ミケーネの遺産!」にて。ジョジョの「ケドラの記憶にあった物が、どうして現実の世界に出てきてるんだ!」の問にこう返す。過去のイメージに過ぎなかった存在だったアイアンカイザーを現実に持ち込んだのはその身に流れる血によるものだろうか…。
「チッ、お粗末な事しちまったな。今度は同じ事をやる事になったら、もっとうまくやらねえとなぁ」
「あのファルセイバーとかいうおっちんだロボットに化けてみるか? ありゃ大きさ的には無理か、ハハハ!」
『BX』第31話ボストンルート「devil cross kaiser」におけるヨウタとの戦闘前会話
数話前に死亡したファルセイバーの事を持ち出して悪辣にもほどがある冗談を放つ。ブルーヴィクターは動じなかったが、ヨウタユキの方は当然キバに激怒していた。
「そう! 古代ミケーネ人のDNAだったってわけよ! もっともいっぺん死んだ事で、遺伝子に刻まれた記憶が甦るとは思わなかったがなぁ!」
『BX』第37話「降臨!大いなる神の化身!」より。上記のあしゅらに言った台詞は「同じミケーネ人として」と言う意味だろう。
もっとも後の発言から、ミケーネの事など実の所はどうでもよかったのであろうが。

搭乗機体・関連機体[編集]

爆劉鬼
悪地形でも高い機動力を誇るクローラー部を持ち、パワーにも優れているキバの専用機。
邪鬼丸
漫画「ヴァーサス」に登場した爆劉鬼以前に使っていた専用機。左腕のワイヤー付きロケットパンチで相手を拘束しつつ電撃を与えている間にブースター付きの大型斧と一体化した右腕で斬り裂く戦術を使っていたが、カイザーには通じず破壊されている。また、型式も存在している(GMZ-1)。
アイアンカイザー
マジンカイザーSKLの兄弟機。ガラン軍の本拠地で眠っていたが、キバに奪取される。

余談[編集]

  • キャラクターのモチーフは、永井豪氏の漫画作品『スバ蛮』の主人公・ズバ蛮。ズバ蛮は同じく永井氏のオールスター漫画作品『バイオレンスジャック』にも悪役として登場している。
    • どちらも野蛮かつ自由奔放な人間性は共通しているが、前者が曲がりなりにも主人公として活躍しているのに対し、後者は正真正銘の残忍極まりない悪役という位置付けであり、戦場で回収した負傷者を人肉ソーセージに加工、旨そうに食するという一面も見せている。
  • 声優の檜山修之氏は、キバの事を「ブッ飛んでいる(=バイオレンスな)キャラクター」と評しており、自身が演じた思い入れの深いキャラクターの一人として挙げている(Web番組『スパロボチャンネル』第1回より)。
    • なお、同番組において檜山氏は、「(キバを演じる際には)ブッ飛んでいる二人の主人公達以上にブッ飛んでいるキャラクターになるような演技を心掛けた」という趣旨の発言もされている。