ジョウ・マヤ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョウ・マヤ
漢字表記 真野 錠
外国語表記 Joe Maya
登場作品 忍者戦士飛影
声優 井上和彦
デザイン 加藤茂
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日系人)
性別
年齢 16歳
出身 日本
身長 180 cm
体重 70 kg
血液型 O型
所属 エルシャンク
テンプレートを表示

ジョウ・マヤは『忍者戦士飛影』の主人公

概要[編集]

火星開拓民の少年で、幼い頃に父と日本から火星に移住してきた。

典型的な熱血タイプの性格で、口が悪くて短気。その性格はイルボラ・サロエルシャンクから去る引き金にもなっているが、本質的には義侠心と友情に厚い面を持ちあわせる。

火星での成人式にあたる16歳の誕生日に、エルシャンクが火星に現れるというトラブルに首を突っ込んでしまい、黒獅子にパイロットとして選ばれ、中盤からは飛影に乗り込みザ・ブーム軍と戦う。

当初こそ地球への憧憬やハザード・パシャの非道を訴える目的で地球に向かう為にエルシャンクを利用している側面があり、口の悪さもあってエルシャンク側とのトラブルも絶えなかったが、次第にロミナ・ラドリオを初めとしたクルーと信頼関係を築いていった。

ラストでは仲間達と共にラドリオ星の解放に協力する事を決意し、エルシャンクの真の力を解放した。

登場作品と役柄[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
初出演作品。黒獅子のガトリングランチャーが射程の長いP兵器なので、使い勝手はいい。一時離脱するものの最終的に自軍にいる為、主力で使っていける。特に必ず覚えるの意味合いは大きく、終盤は獣魔の攻撃力と合わせてボスキラーとなる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
ルートによっては短期間参戦。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
能力格闘回避を中心に底上げされた。終盤、イベント発生後飛影に乗り換える。しかし、を覚えるパターンが減り、飛影自体の火力のなさ、回避力の大幅低下、合体ユニットを使用するには出撃2枠と、トップエースを張るのは厳しいか。活躍させたいなら見切りと魂が使えるタイプDを取るしかない。
スーパーロボット大戦IMPACT
声が入った。また、忍者技能が追加されパイロット能力もエースクラスと遜色なくなり、最終的に搭乗する飛影も大幅パワーアップされた為、『COMPACT2』とは違って自軍最強パイロットの一角となる。グラフィックもよく合体攻撃もある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
『IMPACT』以来実に10年ぶりの参戦。PVにて黒獅子に乗っている。10年前に続いて声付き参戦となり、音声の新規収録もされている。IMPACTと同様に序盤から自軍に加入しジョウのステータスも十分に1軍を張れるほど高いので終盤まで活躍できる。
前半は黒獅子に乗るが、移動力が低めなので飛行可能なユニットと組ませた方が良い。火力面では単体だと少しきついのでレニーマイクの合体攻撃か獣魔に合体するなどしてカバーしよう。第2部中盤で飛影に乗り換える。相変わらず飛影の回避力が尋常じゃないくらい高いので集中をかければ被弾率は更に低くなる…が過去作と違い今回は連続ターゲット補正があるので飛影といえどよけまくっているといつかは被弾する。したがって、『IMPACT』の頃ほど無双はできないので、過信は禁物。更に今作の飛影は少し燃費が悪いのでEセーブは必ず習得させたほうがいい。しかし、終盤で総士が連続ターゲット補正無効という強力な戦術指揮を引っ下げて帰ってくると、無双が可能となる。
なお、今回は食べ物の話になると急に食通っぽいこと言い出したり、ロム兄さんみたいな口上を述べたり、何かと声優ネタが多い
レニーとロミナとの三角関係に関しては『マクロスF』TV版の早乙女アルトを彷彿とさせる、というかそのものな一面を見せている(後述の迷台詞も参照)。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

参戦当初の『COMPACT2』の第1部及び第2部から格闘重視リアル系の能力命中回避はやや高め。第3部、『IMPACT』では見直され全体的に能力が上げられ格闘回避が大幅強化された。

精神コマンド[編集]

リアル系主人公のようなラインナップだが、性格を反映してか根性系および熱血を必ず覚える。

COMPACT2
第1部・第2部では根性熱血、第3部では魂の代わりに覚醒を必ず覚える。
IMPACT
ド根性集中熱血気合奇襲覚醒
UX
ド根性集中直感熱血覚醒

特殊技能(特殊スキル)[編集]

主人公格故か援護はLv1止まり。精神コマンドが攻撃的な為、援護でなく攻撃の中心になる事が多い。

COMPACT2
防御援護
IMPACT
忍者L9、反骨心援護攻撃L1
忍者反骨心を習得。忍者Lvはさすが主人公だけあって最高の9まで上昇。反骨心は黒獅子搭乗時こそ有効であるが、飛影搭乗後は被弾する事はまずないので不要になる。
UX
忍者L9、忍者覚醒援護攻撃L1、援護防御L1、全体攻撃L1
忍者覚醒は飛影に乗り換える際に習得する。

パイロットBGM[編集]

「LOVEサバイバー」
IMPACT』で採用。

人間関係[編集]

火星[編集]

マツオ・マヤ
父。スパロボ未登場。ジョウとは対照的に真面目な人物で、ジョウの無謀を諫めたり、逆にジョウが反発する事もあったが、互いの絆は強い。
レニー・アイ
幼馴染み。ジョウに好意を持っているが、当初は彼女の想いをまともに受け止めず、あくまでもやきもち焼きのうるさい幼馴染として接し、彼女の行動に対して遊んでいる節があったが、次第に彼女の想いも受け止めるようになる。
マイク・コイル
弟分。
ダミアン
意気投合し仲間になり、後に黒獅子を彼に譲る。
ハザード・パシャ
当初から彼に反発し、最大の憎むべき敵といえる。

エルシャンク[編集]

ロミナ・ラドリオ
当初は彼女を利用していた面があったが、次第に信頼関係を築いていき、彼女から想いを寄せられる。
イルボラ・サロ
ロミナ姫の部下だったが、ザ・ブーム軍に寝返りライバルとして対立。粗暴なジョウとは味方時から反目しあっていたため、彼の寝返りの一因はジョウのせいであると言えなくもない。
シャフ
ロミナ姫と同様に信頼関係を築いていったが、ジョウとロミナ姫の接近を危惧してジョウに釘をさした事も。
ガメラン
イルボラとは違い、終止味方関係にあったが、しばしばいがみ合っていた。

地球[編集]

ローニン・サナダ
地球連邦軍に勤める友人。ハザードの策でジョウの敵方に回ることになる。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

ギャリソン時田
『COMPACT2』第1部及び『IMPACT』第一部では、彼によって、メガノイド復活の手助けをしていたのがハザードであった事を証明される。なお、自己紹介する前からジョウの事を知っていた様子だった。
藤原忍パイ・サンダー
『IMPACT』での喧嘩相手。周囲からはジョウも含め「キャラが被っている者同士」と見做されている。
ギル・バーグ
『IMPACT』のカワサキシティ戦では、ダンガイオーチームからの救出を拒んだ彼の散り際を見て「ある意味、男らしい奴なのかも」とシンパシーを寄せたが…。
ロム・ストール
ジョウと声が同じキャラクター。『UX』では、度々彼のオマージュを披露する。
飛鷹葵
『UX』第26話IMにて、水着姿となった彼女に見とれた。
大十字九郎ジョセフ・カーター・ジョーンズ
『UX』においてアル・アジフを失った怒りに燃える九郎をジョーイと共に叱咤する。その後攻勢に出るブラックロッジに対し、3人で協力して立ち向かった。
マスターテリオン
『UX』においてアーカムシティでの戦闘以来の因縁の相手。
カリグラ
『UX』にてジョーイと共にカリグラとクラウディウスの動きを妨害し、九郎がカリグラを撃破するチャンスを作った。
クラウディウス
『UX』にてジョーイと共に動きを妨害しカリグラの死因を作った。配置を見るとジョウがクラウディウスの妨害をしたようだ。そのためか、彼に「薄汚いクソ忍者」と憎悪されるがジョウはその憎悪を一蹴する。
加藤久嵩
『UX』にてラインバレルの中で眠る天児に執着する彼を天児の関係者と見抜き驚かせる。終盤に加藤機関がUXに加入してからは彼のことを「加藤の大将」と呼んでいる。

ガンダムシリーズ[編集]

ジェリド・メサ
『COMPACT2』第1部及び『IMPACT』第一部では、壊滅したティターンズのプライドを捨て、ネオ・ジオンに下ってまで復讐鬼と化しカミーユを執念深く追い続ける彼の姿に、イルボラと同じようなものを感じていた。ちなみに、ジョウと声が同じ。
レイン・ミカムラ
『IMPACT』では、本人に対してではないが彼女を「べっぴん」と褒め称えるだけでなく、なおかついつもドモンと一緒にいるために「ドモンの彼女」と称する。しかし、この野暮な勘繰りがアレンビーとレニーの顰蹙を買う結果に…。
孔明リ・ガズィ
UX』では当初は彼の実力に懐疑的であったが、キバ軍との戦いで見事な軍略を披露した彼を認める。

リアル系[編集]

ショウ・ザマ
UX』第26話では、彼やミハエル・ブランと一緒にスメラギと葵の水着姿に共々見とれた挙句、それぞれのパートナーから鉄拳制裁を受けてしまう。
シーラ・ラパーナエレ・ハンム
IMPACT』においてバイストン・ウェルに飛ばされた際、二人の事を女王なのに「お姫さま」と呼んでしまい、レニーに突っ込まれてしまう。
また、他人に対して常に畏まりがちなロミナ姫に対しても、若いながら圧倒的な威厳とカリスマ性を持つこの2人のようになって欲しいと漏らしていた。
ウリバタケ・セイヤ
『IMPACT』ではオモイカネへのデバッグ作業で、彼が製作したデータの飛影の登場に驚き、その手腕を評価するが最後まで本物である事には気付かなかった。
ミハエル・ブラン
『UX』第26話で彼やショウと一緒にスメラギと葵の水着姿に共々見とれた挙句、それぞれのパートナーから鉄拳制裁を受けてしまう。
早乙女アルト
『UX』では彼と目立った関わりはないが、EDにてTV版での台詞を言い放ち周囲を唖然とさせた。

バンプレストオリジナル[編集]

サヤ・クルーガー
『UX』の日本ルートでは彼女に名乗りを強引に仕込んだ。

名台詞[編集]

「このロボットは俺の意志で動くフィードバックシステムになってるんだ! そうとわかれば…面白くなってきたぜ!」
第1話で黒獅子のコクピットに乗って無我夢中で応戦した際の台詞。この後水を得た魚のようにシャーマンを蹴散らしていく。
(異星人が俺たちを利用しようってんなら、こっちも利用するまでだ…俺だってそれくらいの計算はしてるんだぜ)
エルシャンクのクルーが翻訳機をまだ使えず話が通じない間、レニーが彼らに疑いの目を向けたことを受けての心理描写。
UX』では後半の台詞が回避時に使用されている。
「俺の邪魔をする奴は、みんなスクラップにしてやる!」
初めて黒獅子で反撃する際の台詞。同じ声の誰かさんも似たような台詞を言ったことがある。
「ちきしょう! 力のある奴の言う事を聞くのが大人なら俺は大人になんかなりたくねえ!」
ハザードに攫われたロミナ姫を助ける事に反対し、「良い悪いだけでは判断できない事だって世の中にはあるんだ、お前も少しは大人になれ」と言う父マツオに反発したジョウの台詞。父親として心配した故の台詞だが、ジョウはますます反発して彼から平手打ちを食らう。
「そのメッシュの利いた頭に叩き込んどけ!」
火星の事情を知らないイルボラに対して言い放った台詞。
「自分達が生き延びる為だったら、地球人の命なんか奪っても構わねえってのか! だったら、ザ・ブーム軍の奴らと同じじゃねえか!」
第6話より。ザ・ブーム軍を迎え撃つ為、武力を使ってゲリラ側の拠点を奪おうとするイルボラの強攻策に反発しての台詞。直後にマツオがたしなめたが、イルボラのジョウへの怒りが蓄積する事になる。
「無事な訳ねえだろ、救出できなかったんだから。あんた達が来てくれたおかげでこっちの生活はシッチャカメッチャカになっちまったぜ。ったくよ!」
第9話ラストでジョウ達の両親の無事を問うロミナへの台詞。
元々、口が悪いとはいえ、未だにジョウとレニーの親はハザード側に捕まっており、ジョウの偽らざる本心が表れている台詞で、ロミナも動揺する。
「戻ってこれねえんじゃねえか? 一度はザ・ブームに寝返ろうとした男だぜ、みっともなくってよ!」
ガメランが戻ってきた際、イルボラが居なかった事を尋ねるロミナの返答にガメランが窮した際の台詞。
流石にガメランの怒りを買い、元々イルボラが抜けた件で関係が悪くなっていたエルシャンクのクルーとも対立が深まってしまう。
「ロミナ姫が…一国の王女様が…兵士達に頭を下げたんだぜ…!」
「それに比べて俺達は…!」
第15話より。イルボラの裏切りやザ・ブーム側の謀略でエルシャンク内部に生じた争いを収める為にロミナ姫が兵士達に頭を下げた事に衝撃を受けたジョウの台詞。
それまであくまでもエルシャンク側を利用していた面があったジョウであったが、ここからロミナ姫らに対する感情が変わり始める。
「ちくしょう、何でみんな闘わないんだっ!!」
「みんな! 立ち上がれっ! 国が無くっても、帰る故郷はあるんだっ!!」
「ここで敵の誘いに乗ったら、宇宙の藻屑になってしまうぞ! 敵が受け入れると言いながら、こうして攻撃をしてくるのは、俺達を騙している証拠だっ! 思い出せっ! 故郷の家族を! みんなが無事に帰ってきてくれるのを、待ってるはずだっ!!」
「あきらめるな! 最後の最後まで闘うんだっ!! みんなで、ロミナ姫を守ってやってくれっ! 敵の罠に乗るんじゃないっ! みんな、闘うんだっ!」
グラサンとハザードの謀略により、エルシャンクを去っていく兵士が続出し、残った兵士もその事実やラドリオ星が征服された現実で士気がガタ落ちする中、ザ・ブーム軍の猛攻をマイク、レニーと共に必死に抑えるジョウの台詞。
これにグラサンとハザードは嘲笑するが、このジョウの必死の叫びに兵士達は心を打たれて戦う事を決意する。
「これだよ。可愛いとすぐペットにしようとする。人間の悪い癖だぜ。」
第25話で北アメリカの自然に触れ、出会ったビーバーやスカンクをペットにしてみたいと言うレニーに呆れて。
実際アライグマのように外見こそ愛らしいものの人間社会に被害をもたらす動物が存在するので、ジョウのこの発言は正しいと言える。
「バカ野郎! 後悔すんのはてめえ達だぜ! 俺達を怒らせんなよな!」
第26話でエルシャンク側に通信で降伏すべきだと通告してきたアネックス皇帝に対して。
「自分の野望のために、人の命を虫けらのように扱いやがって…きさま人間じゃねえ!!」
「叩き斬ってやる…!」
第30話より、ハザードに言い放った台詞。当時から10年ほど前の時代劇『破れ傘刀舟悪人狩り』の割と直球なパロディである。…まあこの回は全体的に『影の軍団』等の時代劇のオマージュ感が強かったのだが。
「ローニン! たとえ立場が違っても、お前は俺のかけがえのない親友だっ!」
第32話でハザードの謀略によってローニンと決闘した際、追い詰められたローニンが自身の責任から自分を殺してくれと言うのに対し、彼を討つ事が出来ずに叫んだ台詞。
「俺の名はジョウ・マヤ! お前らをこの地球から叩き出す事に命を賭けている男だ。 いくぜ!」
第34話でシャルムと対峙した際、紅影として名乗りをあげた彼女に対抗しての名乗り。

迷台詞[編集]

「俺達の出番は無かったな」
第9話にて、飛影一機の力により壊滅した敵部隊に対し呟いた台詞。
ジョウ「よーし、俺を女だと思うんだ。…うふ~ん♪」
マイク「わーっ!! 気持ち悪いよ、やめてくれよ、アニキぃ!」
ジョウ「バーカ、誰が本気になれっつった? 練習だよ、練習!」
ジョウが女の手ほどきをするために女装(?)したときのセリフ。『UX』でも形を変えて使われている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

「俺は火星開拓基地からきたジョウ=マヤだ! 身分証明ナンバー242-423321。火星から異星人の軍に追われてる! 力を貸してくれ!」
IMPACT』第1部地上激動篇第6話「舞い上がる翼、舞い降りた翼」より。宇宙科学研究所付近にエルシャンクごと降りてきた際にガンドール隊の指揮官である葉月長官への挨拶。DVE
……どことなく、ジョウと声が同じ彼を想起させられてしまう台詞である。
「どういうこったよ! 自習室に入ってろってえのは! 俺たちは火星から危機を知らせに来たって言ってるだろうがよ!」
「とにかく責任者を出してくれ! さっきのなんとか長官をよ! ローニンに連絡をとってくれるって話はどうなってんでえ!」
先の戦闘が終わった後、葉月長官が宇宙へ送ったHLVに搭乗したメンバーの安否を確認するべく、宇宙で活動しているロンド・ベル隊の指揮官であるブライト艦長と通信中なので、その間は自習室で待っててくれと言ったにも関わらずジョウだけは反発して、ファクリスに食って掛かって。
レニーマイクはなだめ役に入っていて「自分達は待てと言われれば待つし、騒いでいるのはジョウだけだ」と弁解すると「あ、てめえら! それじゃ俺だけ悪者かよ!」と不満げ。どうも自分がトラブルメーカーだという自覚はないらしい。
「ちょ、ちょっと待ってくれよロミナ姫! おい、あんたら、なんとも思わないのかよ! 姫さんは星を追われ、ニンジャ伝説っていう望みを賭けてここまで来たんだ! 力を貸してやりたいとは思わないのかよ!」
同上。やっと葉月長官の所用が終わり、ブリッジでエルシャンク一行が火星に現れたザ・ブーム軍火星開拓基地の長官であるハザード・パシャがグルだという事を話し、その現状を打破するために伝説のニンジャを探して地球へやってきたので、地球連邦軍のガンドール隊に力を貸してほしいと願い出るものの、葉月がどうするべきか悩んだところにロミナ姫が迷惑だったら出ていくと皆を連れて去ろうとするのを止めながら、必死で葉月達に訴えた台詞。
クリスやバーニィも「話は分かるけど、今は自分たちも地球圏の事で手一杯だ」と難色を示し、ジョウ以外のエルシャンクのメンバーもはや9割9分がた諦めムードだが…。
「待てよ、レニー。なあ、長官さんよ、ローニンには連絡とってくれたのかい?」
レニー「ちょっとジョウ、それが人に物を頼むときの態度!?」
「黙ってろ、レニー! …なぁ、頼む。ローニンならきっと力になってくれるはずだ」
『IMPACT』で上記の台詞から、レニーでさえも「そうよ、いきなり押しかけて協力しろ、もないでしょう? …行きましょ、ジョウ」と立ち去るよう促されながらも、ジョウ一人だけは決して諦めようとせず葉月長官に何度も頭を下げながらローニンに連絡を取ってもらうよう頼み込んだ台詞。態度をレニーに注意されながらも、やり取りからしてジョウも相当必死である事が伺える。
しかし、絶望的な状況下でも諦めないこのジョウの不屈の粘り強さが葉月に通じたのか、葉月の上司にあたるミスマル提督に事情を話して相談くれる事に…。
「あのデカブツも合体ロボットだったのかよ。くっ、こっちも合体できりゃあ…!」
『COMPACT2』第1部及び『IMPACT』で、新宿に現れたギル・バーグ率いる宇宙海賊バンカーを相手に戦闘が始まり、ギルの乗る巨大メカブラッディIを撃破したものの、装甲をパージして中からブラッディIIが現れたのを見て。合体ロボット繋がりなのか、対抗意識をむき出しにするが、残念ながらこのマップでは飛影は登場しない。
「子供から異星人までいるんだぜ? いまさら軍隊も何も無いもんだぜ」
『IMPACT』序盤、私設軍隊であるコープランダー隊ガンドール隊へと組み込む事に躊躇する葉月長官へ発した進言。正論ではあるが、シローからは「君達がそれを言うか…」と呆れられていた。
「まさか別の世界から飛んで来ちゃいました、なんてのじゃないだろうな」
『IMPACT』序盤で、バイストン・ウェルからオーラロードを通って東京へ出てきて、何て事情を説明しようか戸惑っているショウダンバインに向って。当初は冗談のつもりだったのだが、ドンピシャだったと知ると流石のジョウも言葉を失ってしまった。
「んなこたぁどうでもいいんだよ! どこなんだよここは!」
チャム「あ、態度悪~い! そんな人には教えてあげないもん」
「この野郎…!」
『COMPACT2』第1部で、上記のメンバーとバイストン・ウェルに飛ばされて、意識を取り戻したものの周囲が混乱する中、メンバー中で最年長のアムロシローに自分たちの現在位置とガンドールの場所を索敵するよう命令するものの、シローはただ混乱する一方でチャムだけは「わかるわけないじゃない」と真相を悟ってるような言葉に、レニーが思わずミ・フェラリオであるチャムにとって最大の禁句でもある「妖精」と呼んだ事に「だ・か・ら! ミ・フェラリオ!」と言い返した時に、いい加減痺れを切らして詰め寄った台詞。
ただでさえ、ここがどこなのか分からず混乱状態故かいつにも増して気が立っているジョウなのだが、こんな聞き方をされて素直に答えるほど可愛げのある性格ではないチャムは、ますます口を閉ざすがそんな彼女の態度が気に食わず堪忍袋の緒が切れて、危うく体長約30cmの彼女に掴みかかろうとした。ファによって静止させられ未遂に終わったものの、曲がりなりにも女の子に向かって「野郎」は行き過ぎではないろうか…。
「ったく、どうしてこう姫っていう連中はタイミングが悪いんだ!?」
ドレイク軍との戦闘開始寸前、戦場に姿を現したシーラを見て思わず吐いた悪態。
「恐竜帝国のお古は、ぞろぞろやってきてるんだぜ? あの野郎、気合いが足りねえよ」
第1部地上激動篇シーン4魂の故郷編自由選択ステージ終了後のインターミッションより。バイストン・ウェルにまで出現したメカザウルス百鬼メカに対し、救援に駆けつける気配すら見せない飛影へ悪態を吐く。ジョウ的にバイストン・ウェルは気合で行き来出来る場所らしい。
「ま、ダンガイオーチームはいろんな意味で恐ろしい格好だけどな」
異星人=恐ろしい格好という認識を抱いていた事を語るバーニィの発言を受けてのジョークだが、傍で聞いていたパイから怒りを買う事に。
「…イルボラみたいだってか? けっ、冗談じゃねえ…ん? どうしたんだ、キョウスケ、おい」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第10話「海よ、大地よ」より。憎しみのオーラ力に囚われたまま爆死した黒騎士の最期を目の当たりにして、イルボラを想起したマイクからの言葉を受け、不快感を露わにする。
「あのオッサン連中のやる事を真似してたら、命がいくつ有っても足りゃしねえぜ、ロミナ姫」
葉月ブライトに感化されたのか、自ら作戦を提案するロミナの張り切りぶりを見て苦笑する。
「けっ、こっちを惑わせようとしただけだよ。選択肢は戦うしかねえんだ。向こうが攻めてくる限りはよ!」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第17話「ブッチャーの最期」より。ブッチャーが遺した人類への揶揄に、ジョウも苛立ちを抑えきれなかった様子。
「へっ、年増のオバサンが手負いになったところでよ!」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第27話「マシンロボ・炎」より。ギャンドラー要塞内で追い詰められても尚、余裕の態度を崩さないディオンドラへの悪態。案の定、彼女の逆鱗に触れペースを乱す事に成功する。

携帯機シリーズ[編集]

「身動きできねえ相手を一方的に痛めつけやがって……! てめえらみてえな連中をなあ、人は、外道と呼ぶんだよッ!!」
「ああん? 外道に名乗る名前が、あるわきゃねえだろうがッ!」
UX』第1部第16話日本ルート「歩みよる魂」より。阿戸炉村において、ラインバレルタリスマンを攻撃するザ・ブーム軍に対して切ったタンカ。2行目はユリアンヌに名前を聞かれての返答。言うまでもないがこの人ネタ。
ちなみに同様のネタとして、ジョウはこのルートの2話前のステージでサヤに対して例の口上を仕込んでいる。
「ああ、コイツは本物だ! このご飯は、美味の原点にして極致だぜ!」
同上。シナリオエンドデモより。から出された食事を取りながら。
このセリフは、ジョウの声優が『美味しんぼ』の主人公・山岡士郎と同じ井上和彦氏であることによる声優ネタである。
「とてもじゃねえが、スクラッグを撃退した英雄のひとりには見えねえな…」
『UX』第1部第19話「黄昏の断罪」シナリオエンドデモより。森次が開いたパーティーにてご馳走にがっつく九郎に呆れての一言。その直後レニーからは「良い勝負」と言われるが、本人いわく、「食にうるさいだけ」らしい。(迷台詞参照)
「だったら、教えてやるぜ! 守るべき誰かのために、命を懸ける…! 人はそれを…愛と呼ぶんだッ!」
『UX』第2部第39話「蒼穹-そら-」より。こちらはイドゥンに対して。
なお、元ネタの方では「あらゆる生命の源である光を絶やすまいとする心、人それを愛情という!」であり、最終回で使われた。
「飛影は、俺自身なんだ…」
『UX』第3部第48話「来るべき対話」より。ジョウ自身が明かした、『UX』における衝撃の真実。
「だから、どうした?」
「もうすでにポンコツだからとか、勝ち目があるとか無いとか、そんなことは関係ねえ」
「アイツが…イルボラが俺を待ってる。だから、行かなきゃな…」
『UX』第3部第49話「侵略の終焉」より。自身の体をの状態を知りつつも、宿敵との決着をつけるため、忍者の化身は決戦の地へと向かう。劇場版『あしたのジョー2』における、ホセ・メンドーサ戦前の矢吹丈のセリフが元になっている。
ジョウ「人は誰でも、運命を変えるほどの可能性を秘めている!」
イルボラ「そして、可能性を重ねることで、その力は無限の輝きへと姿を変える!」
ジョウ「わかるか、ハザード! 人はそれを…『命』と呼ぶんだァァッ!!」
同上。「命の始まり」に至った伝説の忍者は、己の為に「他者と異種の命」を踏み躙った外道を討滅した。
サヤに仕込んだものを含め、この作品でジョウは同一のネタを4回もやったことになる。しかも一々決まっているところが流石。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

「手裏剣もつけるぜ!」
アンカー使用時のセリフの一節。「グレンキャノンもだ!」と並んで、妙にネタにされることが多い。
「バカ野郎ッ! 飛影っ! よけいなときに来るんじゃねえ!」
『IMPACT』第1部 地上激動篇第32話「導く者、導かれるモノ」に於けるジャブロー南部戦で、飛影がアインストから発せられる音波の影響を受け敵に廻ったものと思い込み、思わず罵詈雑言を浴びせる。
状況は異なるが、登場を望んでもいない時に飛影が参上した際のプレイヤーの心情を最も代弁した台詞であるとも言えるだろう。
「さすが飛影だぜっ!」
結局、飛影がアインストから何の干渉も受けていなかった事を知るや否や、舌の根も乾かぬ内にこんな事をのたまう。そりゃレニーも呆れます。
「アルミニウムとかいう奴…あいつがおまえのコレをさらったのかよ?」
第3部銀河決戦篇第8話「鬼面の怪」より。キョウスケに対して「アルフィミィ」と言いたかったらしいが、レニーから「二文字しか合ってない」と突っ込まれる。「コレ」という表現も何気に俗っぽい。

携帯機シリーズ[編集]

「いやいやいやいや、どう考えてもおかしいだろそれ!」
「じゃあ何か? 古代の人間はガンダムだったってか? 冗談じゃねぇぜ」
UX』第1部第7話直前分岐シナリオデモより。自分達と同じ名前の人物の戦いが古代の歴史書『三国志』に記されている事を聞いた孫尚香が「未来の世界に飛ばされたってコト!?」と考えた事への反論。後に尚香の考えは当たらずとも遠からずだったことが判明するが、近代兵器であるガンダムが古代の人間の姿など、信じる方が無理であろう。
「ほれ、まずは俺を女だと思うんだ。うふ~ん」
『UX』第1部第11話「招かれざるもの」より。エイーダのファンだったマイクに対し、女の扱い方の手ほどきをしようとして。もちろんマイクに気持ち悪がられただけでなく、この事でフェイからは「ジョウはマイクを好きなのだ」と思いっきり誤解されかけ、尚香とチャムからは糾弾されるハメに。
「俺は食い意地が張ってるんじゃない。食にうるさいだけだ! こら、マイク! チリソースの料理とゴマソースの料理を一緒の皿に盛るなよ!」
『UX』第1部第19話「黄昏の断罪」シナリオエンドデモより。上述の通り、レニーに食い意地に関して突っ込まれた際に返した反論。
なお、こちらもジョウの声優が『美味しんぼ』の主人公・山岡士郎と同じ井上和彦氏であることによる声優ネタであり、元ネタは単行本第2巻に掲載された「手間の価値」からであるが、原作ではハザードの圧政下の火星で貧しい生活をしていたというのに、随分とグルメになったものである。
ちなみに、任天堂携帯機シリーズでの『美味しんぼ』の声優ネタはこれで二度目である
「いやあ、葵さんなんて現役モデルだからな。あのプロポーションはさすがだぜ!」
『UX』第2部第26話「THE SHADOW OVER INNSMOUTH」より。水着姿となったショウミシェル共々見とれてしまった挙句、(描写はされないものの)二人と一緒に鉄拳制裁を受けてしまう。
「ふたりが、俺の翼だ!」
『UX』エンディングより。レニーとロミナのどちらかを選べと言われた際に、どちらかに決められなかった為にこの台詞をいったのだが、直前にオズマ(生存していればブレラ)がアルト「ふたりが俺の翼だ」という答えを禁止した直後にコレである。当然の如く、レニーとマイクに呆れられてしまう…。
だが、この後に今度はを自分の翼にすらしない親友一途(?)な人が出てくるのでそれよりはマシという意見も……。

搭乗機体[編集]

黒獅子
エルシャンクに搭載されていた3体のロボットの一つ。ジョウが序盤から搭乗する機体で、飛影と合体して獣魔となる。
獣魔
飛影合体した形態。
飛影
ジョウ達がピンチになる度に出現する謎の忍者型ロボット。中盤からジョウが搭乗(というより合身)することになる。
空魔
海魔