ブレラ・スターン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ブレラ・スターン
外国語表記 Burera Stern
登場作品

マクロスシリーズ

声優 保志総一朗
佐々木日菜子(少年時代)
デザイン 江端里沙
初登場SRW スーパーロボット大戦L
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 不明
種族 地球人インプラント
性別
生年 2040年
年齢 19歳
髪色 金髪
瞳の色
所属組織 マクロス・ギャラクシー船団
所属部隊 アンタレス小隊
役職 隊長
軍階級 少佐
コールサイン アンタレス1
大事なもの ハーモニカ
テンプレートを表示

ブレラ・スターンは『マクロスF』の登場人物。

概要[編集]

マクロス・ギャラクシー船団に所属する最新型バルキリーVF-27γ ルシファー」のパイロット。

身体全身をインプラントしており、仕込みナイフ等並みの人間を超越する身体能力を誇る。グレイス・オコナーの直属の部下であるが、彼女とは別行動を行うことが多い。

TV版[編集]

当初は寡黙な雰囲気であったが、その最中でランカ・リーと出会い、彼女を守らんと身を挺している。そして、ランカもブレラを「さん」付けをして親しげな仲となり、自らの首に下げているハーモニカを大事にしては、ランカの前でよく吹き鳴らし、彼女の心を癒している。

そして、ランカの大事なペットあい君バジュラとして成長した出来事を切っ掛けに、あい君を逃がすためブレラは単独行動を取る。しかし、これはグレイスへの反逆行動となり、ブレラの体内に仕込まれていた思考装置によって、グレイスの尖兵として早乙女アルトと対峙する。しかし、ランカのに影響されて次第に自我を取り戻し、自分がランカの兄であることを思い出した。こうして、アルトと共同戦線を取り、バジュラクイーンと一体化したグレイスに立ち向かった。なお、ブレラのその後については、明らかにされてない。

劇場版[編集]

劇場版では『虚空歌姫』では表向きの顔としてシェリルのボディガードで登場しているが、バジュラ襲撃の際に無事を確認した時に勝手にスキャンを行う等シェリルの怒りを買う行動を行なっており『恋離飛翼』との間に解雇され、今度はランカのボディガードになっている。

その後は、マクロス・フロンティア船団によるギャラクシーの工作員の殲滅作戦を回避し電脳貴族と共に表舞台から一旦姿を消し、アルカトラズ刑務所にてシェリル抹殺のために姿を見せ実行し[1]バジュラ本星にフロンティア船団が降下した際の土壇場でバトル・フロンティアを乗っ取る為に再び表舞台に姿を現す。そして、クイーン・フロンティアに向かって飛ぶアルトのYF-29 デュランダルを迎撃するために愛機にスーパーパックを搭載して発進。壮絶な空中戦を行うもアルトの呼びかけによって自我を取り戻し、自ら脳に繋がっているインプラントを引きちぎり被弾しながらもクイーン・フロンティアに特攻して死亡した。

登場作品と役柄[編集]

基本的に原作での立ち位置上スポット参戦が多く、仲間になるのが終盤である点が痛い。アルトとの合体攻撃が再現されたのは今のところ『L』のみ。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初の声付きで登場。今作ではスポット参戦を共通ルートで1回、分岐別ルートで1回するだけで、出番は少なめ。共通ルートでのスポット参戦時、搭乗機の改造段階はアルト機のそれと共有した状態で参戦するので、改造した分だけ良い戦力となる。
なお、敵対時用の特殊台詞も収録されたが、上記のとおり、今作の時点では敵としての登場は無いため全て没データになっている。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
今回は序盤で既にPCとしてスポット参戦するステージがある。終盤で自我を取り戻した後、グレイスとの決戦に参加し、そのままZEXISに参入。声優ネタとして、敵版はキラジノの特殊セリフ対象となっている。
グレイスとの戦闘前会話と特殊セリフには兄妹を言ってるが、本作は最後までランカとZEXISの面々に正体を明かさない。最終決戦後は姿を消しており、ZEXIS解散パーティーにも未参加。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
第3次Z時獄篇』では登場しなかったが、本作で再登場。今回は早めに参入。フェイスアイコンは、新規のものに書き起こされている。
劇場版設定が加わっているためかルート次第でまた操られてしまうが、次ステージで直ぐに復帰出来る上に後顧の憂いも断たれた為、特攻死する事も無く最後まで使用可能(ちなみに、三島を殺害する役は名無しの兵士が担当)。
プレイヤーの知らない所で正体を明かしたのか、元ZEXISの面々が既に彼とランカの関係を知っており、妹を持つ兄達との会話に参加する事も多い。
ちなみに、今作では再世戦争時にアルトに対して言っていた「お前はランカに相応しくない」という言葉を撤回している。オズマとの絡みもあり、「身内」と義兄弟として扱われているなど良待遇されている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
初登場はプロローグ第2話「ギャラクシー・チェイス」で、第20話妃魅禍追撃ルート「未知との接触」および第30話宇宙ルート「リトルクイーン・リトルシスター」にて、味方NPCとして登場。
毎ターン完全回復する上に加速集中がかかり、放っておくと次々と敵を落としていく。落とされても無限に復活する。
第38話「トゥルー・ビギン」にて敵として登場するが、アルトがランカを救出すると味方になる。これ以降、NPCではなく通常の味方機として使用可能。
スーパーロボット大戦UX
『L』と同じく最初はNPCだが、敵仕様のデータを使用する為(顔とマップアイコンも右向き)、避ける上に硬い。
第23話「虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」では撃墜するとゲームオーバーになる敵にも容赦なく攻撃することがあるので(しかも、攻撃するターゲットが実妹をさらったハウンドバジュラ)、飛影はもちろんの事、ブレラの動きにも要注意である。詳しくは、余談の欄を参照。
劇場版設定なので第50話「恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」で味方になるが、隠し要素の条件を満たさないと特攻イベントを再現してしまう(逆に、条件を満たした場合は「遠距離射撃で攻撃する」)。今回も最終局面で参入だが、次のステージである第51話「STRANGE EONS」ではマスターテリオンもブレラと同じく隠しキャラとして参入する可能性がある。
なお、本作では「ミシェルが死亡してしまうループの存在」が仄めかされているので、逆説的に「ブレラが(TV版の展開で)必ず生存するループが存在する」と解釈できなくもない。
ちなみに、本作の隠しキャラの中では、条件を満たすのが一番楽(特定キャラの周回内撃墜数や、対象キャラクターの撃墜などが含まれていない)。その代わり、序盤の3ルート分岐でヨーロッパルートを通らなければならないのは彼のみのため、他の隠しキャラを優先すると加入が後回しになりがち。今のところ死亡イベントが存在する唯一の作品。
スーパーロボット大戦BX
劇場版の原作終了後なので死亡済みか…と思いきや生存しており、女王バジュラに助けられて地球へとフォールドしていた。
フォールド先で出会ったキャプテン・アッシュに助けられ、彼が率いる宇宙海賊ビシディアンの一員として「ゴースト1」のコードネームを授かり、BXとその関係者を裏から助ける。終盤で自軍にも合流する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
当初は「ランカ・リーの抹殺」という命令を与えられて行動していたが、ブロッケン伯爵の襲撃を受けるランカを見てインプラントの制御から離れ、カイルスに合流する。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

敵味方とも能力は同じで、原作最強クラスだけあって回避技量射撃がずば抜けている。NPC時は無限復活と高い能力で次々とバジュラを撃ち落としていく。

精神コマンド[編集]

移動力が高い上に加速持ち、武装の攻撃力が最高な上に魂持ちと、長所をとことん伸ばす方向にかみ合った構成。

第2次Z再世篇
偵察加速集中直感狙撃
「かく乱」の代わりに「偵察」「集中」が入った。…が、正直「偵察」は不要。この時点ならボビーフェルト、そしてエースボーナスによって出撃するだけで偵察がかかるアーニャもいる。
第3次Z天獄篇
加速集中直感狙撃
「偵察」が無くなった。
LUX
加速直感狙撃かく乱
BX
加速直感狙撃強襲

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z再世篇
見切り精神耐性Eセーブ援護攻撃L3、サイズ差補正無視
とりあえず必用なものは揃っているので、後はヒット&アウェイがあれば。
第3次Z天獄篇
見切り精神耐性援護攻撃L2、サイズ差補正無視L1
L
カウンターヒット&アウェイサイズ差補正無視援護攻撃L1、援護防御L1、アタックコンボL1
援護防御は味方になってから習得する。バルキリー乗りとして必要な技能が揃っているので、後は見切りが欲しい。
UX
敵、NPC時
援護攻撃L3、全体攻撃L3
味方時
援護攻撃L2、援護防御L1、カウンター見切り全体攻撃L1
味方になると防御関係の技能が増える…というか、NPC時に覚えていたら災難になっていたが

エースボーナス[編集]

移動力+3
第2次Z』で実装。
なお、ラジオにて杉田智和氏に正太郎のエースボーナスと比較され「スザクの次に使えない」と言われてしまった。
ついでに、声優が同じジノもまた、ブレラとエースボーナスが同じである。
敵対する軍勢のフェイズ時、回避率+15%、与ダメージ1.2倍。
こちらは『第3次Z天獄篇』で実装。

人間関係[編集]

ランカ・リー
護衛対象であり、実の妹。当初はその事を忘れていたが、完全に記憶を取り戻すまでランカを守り通していった。
CC』では、「彼女の抹殺」という命令を与えられていた。
ランシェ・メイ
ランカとブレラの母。バジュラ襲撃時に死亡している。
早乙女アルト
互いにバルキリーパイロットとしての間柄。当初は立場上いがみ合っていたが、よくアルトにアドバイスを送ったりと、赤の他人とも思えない信頼関係を築いていった。
オズマ・リー
ランカの義兄。ブレラもオズマに何かを託したような発言をしている。
グレイス・オコナー
彼女の直属の部下。TV版では実質的には操り人形同然だったが、最後には反旗を翻した。
シェリル・ノーム
劇場版では彼女の護衛を務める。ブレラが任務を最優先に行動する為、いまいち反りが合わない。
電脳貴族
劇場版では彼等を道連れにする。

他作品との人間関係[編集]

リアル系[編集]

マクロスシリーズ[編集]

マクシミリアン・ジーナスミリア・ファリーナ・ジーナス
第3次Z』ではZ-BLUEと合流するまでの間、彼らを代表とするマクロス7船団の世話になっていた。

ガンダムシリーズ[編集]

キラ・ヤマト
声優が同じなためか『L』ではブレラと戦わせると特殊台詞を発する。『第2次Z再世篇』でキラ側の特殊台詞が名指するものに一新される。
グラハム・エーカー
UX』では対ブレラ用の戦闘台詞が用意されている。
キャプテン・アッシュ(アセム・アスノ)
BX』では、マクロス・ギャラクシー船団との決戦で重傷を負い地球圏に転移した直後に彼に救われ、以来彼の協力者となる。
キオ・アスノ
『BX』では第18話宇宙ルート「意思を持った生命体」にて、バジュラを操るザナルドに窮地に追い詰められたキオをゴースト部隊で救援する。
バナージ・リンクス
『BX』では袖付きによるインダストリアル7襲撃の際、彼を助けている。
オードリー・バーンミネバ・ラオ・ザビ
『BX』ではマーセナス家からビスト財団に身柄を引き渡されようとしている彼女の逃亡を手引きし、暫くの間彼女の護衛役となる。

その他のリアル系[編集]

ジノ・ヴァインベルグ
声優が同じで、特殊台詞も名前を呼ぶが、戦えるのはコードギアス勢が早期加入する『第2次Z再世篇』黒の騎士団ルートのみ。

スーパー系[編集]

森次玲二
UX』では対ブレラ用の戦闘台詞が用意されている。
ライカ・クルセイド
『UX』では生存フラグが成立した場合、ギャラクシー船団壊滅後にランカの前から立ち去ろうとしたところ、彼女の言葉に引き留められる事に。
ナイア
『UX』では第2部中盤にシェリルとグレイスの前に姿を現した彼女と対峙し、その邪悪な本性を直感的に感じ取ってかその正体を問い質すも、逆に自身の素性を揶揄される形で嘲笑される。
Dr.ヘル
CC』ではインプラント制御で洗脳された後、フロンティア船団と手を結んだ彼にも利用されてしまう。

バンプレストオリジナル[編集]

悠凪・グライフ
『L』ではギャラクシー船団壊滅後にランカの前から立ち去ろうとしたところ、彼からも説得を受ける事となる。

名台詞[編集]

TV版[編集]

貴様は、あの娘に相応しくない」
第13話「メモリー・オブ・グローバル」より。アルトに対しての台詞。
アルトとの邂逅当初は下記のランカへの台詞と合わせて、「ランカを守る」ことが先に立っていたため、ブレラはかなり刺々しい態度であった。
「ランカ、お前は俺が守る」
ランカに対して口癖のように言っている台詞。
「お前の宇宙を感じさせる。それも突き放す宇宙じゃない」
第16話「ランカ・アタック」より。ランカの歌を評して。
「歌いたくないなら、歌わなくったっていいんだぞ、ランカ」
「歌はお前の心だ。それも、お前だけのものだから」
「ランカ、望みを言え。お前の望みは俺が叶えてやる」
第21話「蒼のエーテル」より。バジュラとして成長したあい君を撃ち殺そうとしたアルトを妨害し、ランカにこう言い切る。
そして、ランカは考えた末に(敢えて)アルトに別れを告げ、ブレラのバルキリーに同乗して立ち去った。
ブレラ「お前達に繋がれていてよく分かった。どこまで行っても、人は一人だ!」
グレイス「だから我々は!」
ブレラ「だけど…!」
アルト「一人だからこそ、誰かを愛せるんだぁぁぁ!!」
最終話「アナタノオト」より。「ツインバルキリーマニューバ」でグレイスが乗っ取っていたバジュラクイーンの攻撃を掻い潜りながらの台詞。
ブレラの台詞の後に、アルトの有名な台詞に繋がる。

劇場版[編集]

「もう、貴様等の…操り人形ではない!!」
劇場版 マクロスF サヨナラノツバサ』より。自力でインプラントを引きちぎった事に驚愕している電脳貴族特攻を仕掛けながら。
「…ランカ…」
最期に実妹の名前を呟いて。この直後に電脳貴族にビームを放ち、彼等を道連れにした。
「裏切る……!? バカを言え! どんな時でもランカを守る! それが、オレの約束だ! 貴様らに操られる理由などは……ない!」
小説版での最後の台詞。嘗てのYF-21同様リミッターを解除した上でピンポイントバリアを纏って特攻を行い電脳貴族を道連れにした。

迷台詞[編集]

ミーナ、俺もランカと同調できるか?」
マクロス30 銀河を繋ぐ歌声』においてフロプト遺跡でランカとミーナが「互いのドキドキを感じる」と聞いてのシスコン丸出しの妄言。
これには、リオンも「どんだけランカのこと好きなんだよ…」と呆れていた。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

Zシリーズ[編集]

「何度でも言う。お前はランカに相応しくない」
第2次Z再世篇』第59話黒の騎士団ルート「大逆のインサラウム」のインターミッションで突然アルトの前に現れて。
ブレラは、オズマとは別の方向で「バカ兄貴」なのかも知れない。
「俺は……ランカのファンだ」
同話より。そして、アルトから「お前はランカの何なんだ」と訊かれて。素性を明かさず、今のままでいることを選んだようだ。
ところが、『第3次Z天獄篇』ではプレイヤーの預かり知らぬところでオズマが真実を話したのか、「ブレラがランカの兄である」事が周知されている。

携帯機シリーズ[編集]

「ランカの兄はオズマ・リー、貴様だ」
「俺は最近、そして子供の頃のランカしか知らない。貴様が持っているランカの過去を持っていない…パインケーキも作ってやれないぞ」
L』第39話「ジャーニーズ・エンド」より。バジュラクイーンとの決戦の後、ランカの義理の兄であるオズマと会い「自分はお役御免」と発した彼に対し、こう励ました。
オズマ「ほう、それは俺も聞いておかなくてはならんな」
「言っておくが、『ふたりが俺の翼だ』などという戯言は許されんぞ」
UX』エンディングより。ミシェルに「シェリルとランカのどちらを選ぶか」と問われたアルトに対して、生存しているとオズマと共にこの台詞で釘を刺した。劇場版なのでアルトはシェリルを選んでいるのだが、告白が有耶無耶になっている(もしくは通信の関係で告白が周りに聞こえなかった)ため、これにはアルトも言葉が詰まってしまうが、その直後のシーンで…。

搭乗機体[編集]

VF-27γ ルシファー

余談[編集]

  • UX』第23話「虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」において、飛影と揃ってを殺そうとする迷走っぷりから、同じく妹を平気で攻撃して殺してしまう事で有名な『ファイアーエムブレム』シリーズに登場するキャラクターであるマチスになぞらえて「バカ兄貴」と呼ばれることがある。[2]
    • 補足すると、『UX』のCPUの基本的な行動ルーチンが「最もHPが高いユニットを優先的に狙う」ものなので、上述のステージにおいて一番HPが高い(ランカをさらった)ハウンドバジュラに真っ先に接近する思考になっている。つまり、自軍がわざわざ削りに行かなくても勝手にやってくれるのである(ただし、道中にそれ以外のバジュラがいた場合は攻撃していくが)。一見便利に見えるが、EPでもハウンドバジュラはHPが高いユニットを優先的に狙うので、任せっきりにしていると「PPでブレラが削りを入れる→EPでHP4万越えのブレラにハウンドバジュラが攻撃→ブレラの反撃でクリティカルが出て撃墜」という流れも有り得てしまうのである。
    • 飛影の方は、HPが条件なので登場すらさせない事ができるのに対し、ブレラの方は確実に登場する事が拍車を掛けている。

脚注[編集]

  1. 実際にはオズマあい君に助けられて失敗に終わっている。
  2. ただし、マチスは攻撃範囲に入ってくると妹だろうが攻撃する(つまり、マチスに近づけなければ安全である。しかし、マチスを説得したい場合は、彼に近付かなければならない)だけであるのに対し、ブレラは自ら積極的にを殺しにやって来るので尚更性質が悪い。また、『UX』発売と同時期に流行していたWeb小説『ニンジャスレイヤー』になぞらえて、飛影共々「ランカスレイヤー=サン」と呼ばれる場合もある。