ザナルド・ベイハート

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザナルド・ベイハート
外国語表記 Zanald Beihart
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 江川央生
デザイン 千葉道徳
長野拓造(原案)
初登場SRW スーパーロボット大戦BX
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 49歳
出身 火星
所属 ヴェイガン
役職 地球侵攻作戦指揮官
テンプレートを表示

ザナルド・ベイハートは『機動戦士ガンダムAGE』の登場人物。

概要[編集]

フェザール・イゼルカントの側近を務める男。ドラゴンを模った兜と義眼である左目、そして2mを超す肥満体が特徴。TVアニメ版と小説版では、性格・言動・結末が大いに異なっているキャラクターである

TVアニメ版[編集]

一人称は「私」。戦功を第一に考える武闘派で指揮官としても優秀だが、一方で「私情から故意のフレンドリーファイアを頻繁に行い、時には友軍を躊躇無く殺害する」等、人の上に立つ者としてはいささか疑問が残る。

その後、「ゼハートをイゼルカントの後継者として認めない」事を告げて、謀反。ラ・グラミス攻防戦では大破して漂っていたディーン・アノンジルスベインをゴミ扱いにして撃墜するが、それに激怒したキオ・アスノFXバーストモードの攻撃を受けてザムドラーグを撃墜され、辛くも脱出する。

最後は乗艦のファ・ガンタに戻って指揮を執っていたところを、味方を巻き込む事も厭わないゼハートの命令で背後から発射されたディグマゼノン砲に巻き込まれ、彼への恨み言を叫びながら戦死した。

小説版[編集]

一人称は「オレ」。小説版ではTVアニメ版と打って変わって高潔な人物として描写されており、「暴力的ではあるが、粗暴ではない」と評される程の兵士達の事を思う良将である。 また、「息子をコロニーの事故で喪った過去を持つ」という設定となっている。その為か、キオに味方したディーンの撃墜も侮蔑等ではなく、「ヴェイガンの為に立ち塞がる者には容赦しない」というスタンスで、むしろ責任感の強い人物という印象を受けやすい。

最終的にはヴェイガンギア・シドが放ったシド・スレイブの集団から地球を守る為に地球連邦軍およびヴェイガンと共に奮戦。(自業自得だが)惨めな最期を遂げたTVアニメ版と異なってそのまま生存し、両国家の和平後は地球連邦政府とも和解している。

終戦後、「キャプテン・アッシュとコンビを組み、私欲の為にEXA-DBを狙う勢力と世界の為に闘い続けた」という作中屈指の「漢」となっている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。プロローグから登場し、第5話「始まりの鐘」でザムドラーグに乗って登場して以降、度々自軍部隊と交戦する。
本作ではランカを利用してバジュラをヴェイガンの生物兵器として利用する」等、TVアニメ版同様(キオ編以降の)ヴェイガンの人物の中でも最も敵役らしい面を見せるが、その一方で「ヴェイガンの民の事を真剣に案じる」「同盟組織である木連にも同情を寄せると共に理解を示す」等、キャラクター設定はTVアニメ版をベースとしながら随所に小説版を彷彿させる面も覗かせている。
最終決戦では(ゼハートが先に死亡していた場合)ヴェイガンギア・シドを切り札とし自らも出陣する。ヴェイガンギア暴走の際、フリット・アスノの呼び掛けによりヴェイガン・木連の軍人が次々に停戦していく中(文字通り)一人になってもなお連邦への敵意をむき出しにする。奥の手としてシドの直接制御を目論むが、逆にザムドラーグがシドにより操られてしまい、セカンドムーンへの直接攻撃を行ってしまう中、法術士ニュー(ゼハート生存時はゼハートとアセム)により引導を渡された。
キャンペーンマップ「悪の華」では味方として使用できる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

BX
鉄壁必中不屈熱血強襲
キャンペーンマップ「悪の華」にて使用可能。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

BX
底力L8、援護攻撃L3、全体攻撃L3、ガード指揮L3

人間関係[編集]

ヴェイガン[編集]

フェザール・イゼルカント
ヴェイガン指導者であり、主君。ゲーム版では「かつてザナルドは孤児だったが、イゼルカントに取り立てられて救われた過去を持つ」事が明かされている。
自分を救ってくれたイゼルカントに対して感謝の念を抱くと共に忠誠を尽くしてはいるものの、彼のやり方については懐疑的な一面も(小説版では、それが特に顕著)。
ゼハート・ガレット
年下の同僚だが、彼の存在を快く思っておらず、折り合いが悪い。最後は、ザナルドを「粛清」という形で討ち取った。
BX』ではゼハートを事故に見せかけて殺そうとし、生存フラグを満たしていない場合は(原作とは逆に)彼の謀殺に成功するが、一方で満たしていた場合は逆に法術士ニューの転移魔法で失敗、アセムとの連携で返り討ちにされる。
フラム・ナラ
ゼハートの監視役として彼女を送り込む。フラムには強引なザナルドのやり方を快く思われていなかった節がある。
ディーン・アノン
ヴェイガンの新兵。機体を大破され戦えなくなった彼を「ゴミ」と呼び、あっさりと殺害する。
ダラス・レギン
ザナルドの部下。SRW未登場。

地球連邦[編集]

キオ・アスノ
ガンダムのパイロット搭乗機ごと彼を鹵獲する。最終決戦では彼をブチ切れさせてしまった事により一方的に蹂躙されてしまう羽目に。

宇宙海賊ビシディアン[編集]

キャプテン・アッシュ
キオ救出作戦時に敵として相見える。小説版では、ヴェイガンと地球連邦政府との和平後、彼とコンビを組んで世界の平和を守る為に闘い続けた。
BX』ではゼハートの生存フラグを満たした場合、彼とゼハートの連携により引導を渡される。

他作品との人間関係[編集]

草壁春樹
BX』においては最大の同志。最終決戦でも兵士達が次々に離脱・投降していく中最後まで共闘するが…。
白鳥九十九月臣元一朗高杉三郎太秋山源八郎
『BX』では同盟関係上、度々共同戦線を張る。
彼らのゲキ・ガンガー愛と熱血にも少なからず理解を示し、実力も認めている。
ミスマル・ユリカ
『BX』ではプロローグにて火星で彼女が指揮するナデシコを追い詰めており、その後もビッグリング陥落の際に再び対峙し、その後も度々交戦する相手である。
ランカ・リー
『BX』では彼女のを解析し、バジュラを操る為に利用する。
早乙女アルト
『BX』ではバジュラを生物兵器として操った事で、彼からは激しい怒りを向けられる。
オズマ・リー
同じく、バジュラを生物兵器として操ったのみならず、妹ランカの歌を悪用した事に、彼からも激しい怒りを向けられる。
アンドレイ・スミルノフ
『BX』では第18話宇宙ルート「意思を持った生命体」冒頭にてアンドレイの率いる部隊と交戦し、彼の決死の反撃により撤退に追い込まれる。
法術士ニュー
『BX』ではゼハート死亡時、シドに制御を奪われ暴走していたザムドラーグを撃墜される形で彼に引導を渡される。
一方、ニューからは「ザナルドは形はどうあれ祖国の為に働いていた」事を評価されていた。

名台詞[編集]

「イゼルカント様、まもなく始まります」
第29話の初登場シーン。ホログラム映像でイゼルカントに作戦準備の完了と作戦開始を報告。直後に連邦軍総司令部ビッグリングは陥落、激戦の幕開けとなった。
「奴等にはイゼルカント様直属部隊の名に恥じぬ働きを期待したいものだがな…」
第31話より。ゼハートの部隊をあまり信用していないことが伺える。
「違う。ここはヴェイガン『そのもの』だ」
第37話より。捕虜のキオを首都コロニーセカンドムーンに連行した際、キオが物々しい警備と異様なコロニー外見から「ここがヴェイガンの基地……」と呟いた事に反応して。ヴェイガンは軍政一体の軍事国家という点を端的にあらわしている。
「うぬぼれるなよ! 私は貴様をイゼルカント様の代わりなどと認めておらん! ディグマゼノン砲ももう撃てんのだ。我々は戦況に合わせて独断専行する!」
第47話より。ザナルド配下のMS隊がガンダムAGE-FXもろともゼハートフラムに対して砲撃を仕掛けた件を開き直り、さらにゼハートに対して従わない事を公言する始末。だが、ディグマゼノン砲は再チャージの手段を残しており…。
「戦えぬモビルスーツなどゴミも同然……それを排除しただけだ。むしろ貴様を倒す役に立ったのだから、ゴミとしても本望だろう」
同上。ガンダムを仕留める為に自ら出陣。戦闘不能状態のジルスベインごとガンダムAGE-FXを葬り去ろうとして、「何故味方を撃った!」と怒るキオへの反論。
挑発も兼ねているのだろうが、同胞を躊躇無く殺害するあたり、もはや「悪役ここに極まれり」といった物言いである。だが、この一言はキオの逆鱗に触れてしまう事に。
「ゼハート!? 貴様アアア!!」
ディグマゼノン砲に飲み込まれながらの最期の台詞。既にゼハートに対して言葉と行動で叛意を現していた為、彼に粛清される形でヴェイガンの暴将はこの世から消えた。

小説版[編集]

(どうもな……ガレットの兄弟は兄も弟も、ガンダム捕獲に幾度となく失敗している連中だ。こんな得体の知れないXラウンダーとやらいう輩を重用するイゼルカント様の考え、理解できぬ……)
自身の旗艦でロストロウランでの戦いに敗れたゼハートと対面し、今後の作戦について話し合いながらの心中での呟き。
この直前には彼の要求に思わず「青二才め、でしゃばりもいい加減にしろよ」と口を滑らせかけており、この時点ではTVアニメ版同様、ゼハートに対して少なからず嫌悪感と不信感を抱いているが…。
また、この呟きからもわかる通り、ザナルドはゼハートの兄・デシルに対しても快くない感情を抱いていたことも伺わせられる。もっとも、デシルについては少年だったフリット編の頃から陰で「あのガキ」呼ばわりされ、精神を病んだアセム編では「人望ゼロ」と言ってもよいぐらい誰からも厄介者と見られていたのだが。
(キオ・アスノが死んだ息子に似ているからといって、あれほどに甘いとするなら、イゼルカントというのは度し難い老害だ……! EDENの理想も何もあったものではない! 稚児趣味の老人め!)
前線の将兵に多大な混乱と苦労をかけながら達成したガンダムAGE-3とキオの拿捕の結果が「イゼルカントによるキオの厚遇という有様」に、主君イゼルカントに対して強い不信感を募らせる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「あの妙な調子は正直慣れんが…あれもまた過酷な現実を生き抜いた証。共に戦うに不足は無い!」
BX』第25話「虹を見た日」より。『熱血ロボ ゲキ・ガンガー3』劇中の台詞を引用して気勢を上げる木連を目にして。
地球人によって追放された上に過酷な環境で辛酸を舐めた者故に、共感できる部分が多々有るのだろう。余談だが、ザナルドは『BX』では精神コマンド熱血を覚える。
(見たか、ゼハート…。私は、貴様らのような非現実的な事はせん。私のやり方でヴェイガンを救ってみせる)
『BX』第41話「君の中の英雄」より。ゼハート達の生存フラグが成立していない場合、ヴェイガンギアを利用してゼハートを謀殺した後のモノローグ。
「ク、クク…地獄で見ていてやるぞ…ゼハート…お前の選択が…ヴェイガンにどんな未来をもたらすのか…! ハハハハハハハ!」
同上話にてゼハート達の生存フラグが成立した場合、アセムゼハート合体攻撃で引導を渡された際の断末魔。

搭乗機体[編集]

ザムドラーグ
ザナルド専用機。ザナルド本人に似た肥満・短足体型が特徴。
ファ・ガンタ
ザナルドの座乗艦である新型戦闘艦。

資料リンク[編集]