バーンズ・ガーンズバック

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーンズ・ガーンズバック
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 飯塚昭三
デザイン 長谷川裕一
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
出身 木星
所属 木星帝国
クロスボーン・バンガード(鋼鉄の7人)
軍階級 大尉→なし
テンプレートを表示

バーンズ・ガーンズバックは「機動戦士クロスボーン・ガンダムシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

木星帝国のステーションの防衛部隊隊長を務めていたモビルスーツパイロット。

ジュピトリス9から脱出するトビア・アロナクスの意図を僅かな異常で見抜くなど、観察眼に優れている。息子を酸素工場の爆発事故で亡くしており、それ以来出撃時にヘルメットをかぶらないことを信条としている。

木星の過酷な生存環境に木星帝国の意義を認める一方、人命を軽んずるような規律には反発しており、トビアとの戦いでは事故により亡き息子を重ね合わせ、彼を見逃す。しかし優秀さを買われ、その行動で処刑(規律に反対したものは処刑される)されることなく、死の旋風隊に編入。防御を担当し、トトゥガを操縦する。地球におけるトビアとの戦いで敗北し、自殺しようとしたギリを止める。さらにクラックス・ドゥガチの真の目的が地球の滅亡にあることを知り、トビアらに希望を見出した彼はジュピトリス9の弱点を教えた。その後は地球に留まっており、『鋼鉄の7人』では木こりとして暮らしていた。

離反したザビーネへの拷問を見た時も眉を顰めたり、人を人とも思わないギリに対して不信を漏らすなど、木星帝国の軍人の中でも良識ある人物として描かれた。 なお、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』本編では数少ない木星帝国側の人間でファミリーネームが設定されていたキャラである(ギリやローズマリーは『鋼鉄の7人』で設定された)。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
初登場作品。小隊システムにより「死の旋風隊」が再現された。援護防御を持つので、僚機を簡単に落としにくい。同じ小隊にいるローズマリーも援護防御を持つため全体攻撃で纏めて殲滅しよう。
なお、アイビス編のみ隠し要素で仲間になる可能性があるが、最終面に近い編入なので、戦力としては換算しづらい。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

格闘防御が高めな以外は平均的なステータス。隊長のギリと比べると、格闘で1上回る以外は大きく負けている。

精神コマンド[編集]

第2次α
ド根性鉄壁気合必中熱血友情

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次α
底力L8、援護防御L3、援護攻撃L3、支援攻撃

小隊長能力(隊長効果)[編集]

ダメージ-10%

人間関係[編集]

ローズマリー・ラズベリー
死の旋風隊の1人。援護担当。
ギリ・ガデューカ・アスピス
死の旋風隊の1人。
ザビーネ・シャル
直接の会話は無いが、専用のバタラに乗り、バスターランチャーを担いだ(≒ザンバスター等が使えない)X2との近距離戦で互角に戦い唸らせる。後にザビーネに対する拷問に立ち会っている。
トビア・アロナクス
トビアに亡き息子の面影を見出だす。

名台詞[編集]

「馬鹿言うんじゃねえ!まずは病院が先だろうが!」
「すまんな。軍人は融通が効かなくてな」
宇宙海賊に捕まっていた木星帝国兵を演じて潜入したトビアらに対して、宇宙海賊の居場所や戦力規模を聞き出そうとした木星帝国兵を咎めた時の台詞。すっかり騙されてしまっているバーンズだが、この台詞の後にもバーンズはトビアに対し「何か困った事があったらこのバーンズ大尉の名を出しな」とまで言ってくれた他、バーンズの一言で配下の兵士も素直に病院へ連れて行くなど、見た目は強面のバーンズの人間的な優しさとその人望を感じさせる一言である。
「独裁だと?なぜかだと?知った風な口をきくなーっ!」
「独裁者がいようがいまいが同じ事だ!戦争をやりたくてやってる奴がどこにいる!戦いを仕掛けるにはそれなりの理由があるのだ!」
「小僧っ!今、ここでコクピットを開けて走って逃げ出せるかぁっ!?どうだ、できまいっ!死んじまうからな! 外には空気がないからなぁっ!」
「息もできん!体も裂けてしまう!だがそれが宇宙だ!!」
「わかるか!?ここには何もないっ!水も空気も!地球に自然にある物は何もだっ!」
「俺の息子は酸素基地で働いていた…そして事故で死んだ! どれ程厳しくても――――例え1日でも工場を止めればおれ達は死んでしまうんだ!! それがどういう事か!地球で何の疑問も持たず、のうのうと息をしている奴らには永久にわかるめぇ!」
「常に地球を天に仰いでいたお前達には想像もつくめえ!俺達が…どれほど地球にこがれてきたか!俺達は空気ですら造らなけりゃならないほど貧しいんだっ!それが宇宙で生きるという事だ!」
「他にどうしようもねえからやるんだ! 水の分量を定め、呼吸さえ切り詰めて…もうギリギリだ!元々ここにはそんな物はないんだ!!」
「人類が元々住めもしねえ宇宙に広がりだした代償がこれだ!俺達が豊かに暮らそうと思えば…盗ってくるしか! …いや!取り戻すしかないんだっ!水を!空気を!緑を!」
「人の生きる全てを持つ母なる大地――地球をだっ!! 覚えておけ小僧!俺の息子の様な不幸な者を出さぬ為には、俺達木星人は地球圏へ侵出するしかねぇんだ!」
「どんな事をしても…妥協する余地などねえ!忘れるなっ!」
トビアとの対決時、何故独裁者の手足となって戦うのか、と聞かれての回答。人類が本来住める場所ではない宇宙に出たことの代償と、自分たち木星圏の人間が極めて過酷な環境下で生きてきた事を克明に語った。
第2次αでは地球圏木星圏共々情勢が原作とやや異なるため、一部改変・省略された形でトビア達へ木星圏の現状を叫んだほか、バーンズ程ではないにしても地球と地球以外とでの環境や待遇の差を感じていただけに隣にいたコロニー出身のニュータイプは内心同情していた。また、「戦いを仕掛けるには~」の件や「知った風な口をきくな」「妥協する余地などねえ」等が一部改変された上で戦闘時のセリフとして採用されている。
「悪いが俺はこういうのは性に合わねえ。いくら木星の為とは言えな」
「大体あのギリって子供は何なんだ?まるで人を人とも 思っちゃいねえ」
ザビーネを拷問するギリを見て沈黙した際にローズマリーに声をかけられてこう返す。上述の台詞と合わせてバーンズの人柄を示している。
「俺は・・・俺はお前の事が嫌いじゃねえ。どこか死んだ息子に似てやがるからな。だからお前は見逃してやってもいい。だがテテニス様は置いていけ!それができねえってんなら、ここで俺はお前を撃つ!」
ジュピトリス9から脱出しようとするトビアに対して。あくまでも木星帝国の兵士としての職務を全うしようとする。
「まったく…軍人なんてのはなさけねえもんだぜ」
「もうこんな戦いに何の意味もないってわかっていたのによ…たとえ勝ったって…」
「おれの…おれたちの望んでいた未来が手に入るわけじゃないってわかっていたのに…いざって時にどうしても命令にさからえねえ……へ!」
「だが!宇宙だったら確実に死んでた……3人とも…な…」
「――結局…地球に助けられたってわけか…おかしなもんだ……」
死の旋風隊壊滅後、トビアの看病を受けながら。
「…ジュピトリス9はな…外見からではわからんが…第8、第9ブロックの間が構造上弱くなっている…」
「狙うならそこだ!フフフもっとも…」
「いまさらこの情況下ですべてをひっくり返せるような……奇跡的な切りフダをおまえたちが持っているとも思えないが…な」
連邦軍が対抗手段を失っていく様子をテレビの報道で見つつ、トビアにジュピトリス9攻略のヒントを教える。そこへキンケドゥが現れ「奇跡を見せてやろうじゃないか」の台詞に繋がる。

迷台詞[編集]

ミノル「ツンデレ?」
「ツンデレツンデレ」
鋼鉄の7人』より、「カリスト兄弟を倒すために海賊と同行するが、決して仲間になるわけではない」と豪語するギリを見ながらのミノル・スズキ(SRW未登場)とのやり取り。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「逃がさんぞ小僧!」
「やるじゃねえか若造!この俺と互角にやり合うとはな!」
ガンダム系のキャラクターとの戦闘時の台詞。トビアやキンケドゥ以外でも前者ならビーチャ等、後者ならアムロ等相手の年齢に合わせて喋ってくれる。
バーンズ「なかなかやるじゃねえか、小僧…!ジュピトリスの中でこんな大立ち回りをやるとはな!」
トビア「俺達の邪魔をするのなら、手加減はしないぞ!」
バーンズ「なかなかの覚悟だが… それは俺達も同じだ!」
『第2次α』アラドルート『弱肉強食の理』にてトビア、そしてガンダムチームと対峙して。この後上述の「戦いを仕掛けるにはそれなりの理由がある~」に続く。
「それはお前達の理屈だ! 俺達は今まで大きな犠牲を払ってきた!!地球圏のために極限の状況下でヘリウム3を採取し!命がけでそれを運び!酸素基地で働いていた俺の息子は事故で死んだんだ!だが、その見返りにお前達が俺達に与えたものは何だ!?あの超重力崩壊が起きた時、お前達は何をした!?イージス計画とやらで地球圏を守っただけだろうが!俺達は衝撃波すら自分達で何とかしなければならなかったんだっ!!」
『第2次α』にて。原作でトビアに叫んだ木星圏の現状を省略した形で語ったほか、超重力崩壊の時も地球圏は木星へ何もしてくれなかった事を叫んでいる。しかし最後の件では超重力崩壊を乗り切る策があった事を示しているが、それがどういった手段なのかは語られなかった。これが事実なら木星圏独自でイージス計画と同等の手法が取れたことになるため、木星圏の技術が原作以上に発展していることになる。
もっと遡ると超重力崩壊の遠因については全く触れていないが、それが都合の悪さから棚上げしたのか、あるいは木星へは侵攻してきていなかった事から把握していなかったのか、はたまた実態を正しく理解していなかったのは不明であるが、メタ的に言ってしまうとそもそも当該作品が第2次αには不参戦であったため、超重力崩壊の対策も含め説明のしようが無かったのだろう。
ビーチャ「…あんたらの理屈はわかったよ。だけどな、それを聞いて引き下がるぐらいなら…俺達は初めからこんな所に来てねえっての!」
バーンズ「フン…そうだな。ここまで来たら、実力で主張を通すしかねえ…!お前達にも守るべきもの、戦う理由があるのなら……ここを突破してみせろ!」
ジュドー「ああ!行くぜ!!」
トビア、そしてガンダムチームとの舌戦の締め。バーンズもジュドー達の主義主張を否定せず、いち木星帝国の軍人として真っ向から立ち向かう。
「早く行きやがれ、小僧共!俺が時間を稼ぐのにも限界がある!」
結果論とは言えベルナデットを置いていく条件を呑んだ事からバーンズは約束通りトビア達を見逃す判断を下す。その後追っ手が来なかった事についてもメガライダー内でモンドが感謝を述べていた。

搭乗機体[編集]

バタラ (バーンズ専用)
水素採取基地でMS部隊の隊長を務めていた時に搭乗。
赤く塗装されており、肩の装甲板には彼のトレードマークが入っている。
トトゥガ
死の旋風隊所属時に搭乗。「鋼鉄の7人」作戦では、レストア後に砲撃戦用に換装されたバーラ・トトゥガ(SRW未登場)に搭乗した。
ジェムズガン(SRW未登場)
『鋼鉄の7人』にて、イカロス攻防戦にて連邦軍から借り受けて搭乗。