トトゥガ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トトゥガ
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 長谷川裕一
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 EMS-VSX3
開発 木星帝国
所属 木星帝国
パイロット バーンズ・ガーンズバック
テンプレートを表示

トトゥガは『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の登場メカ

概要[編集]

木星帝国が対クロスボーン・ガンダム用に開発した3機の試作型モビルスーツの内の1機。

当時の木星帝国には単機でクロスボーン・ガンダムを超える性能を持つMSを開発するだけの技術がなかったため、やむを得ず、3機に分散しチームを組ませることで解決している。

本機は防御担当で、本来は重装甲、重武装の砲撃機であったものを改造し、背部には高出力のビームシールド発生装置が搭載されている。また、装甲は多重構造になっていて、内部には硬化ガスが封入されており、不用意に攻撃してきた敵機を硬化ガスで捕えることが可能である。

死の旋風隊(デス・ゲイルズ)」のメンバーであるバーンズ・ガーンズバックが搭乗し、キンケドゥ・ナウ達を苦しめている。しかし、地球トビア・アロナクスクロスボーン・ガンダムX3と交戦した際、内部の硬化ガスを逆手に取られて動きを封じられ、その隙にビームサーベルを叩き込まれて撃破されている。

続編である『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』では、地球で大破した本機をレストアし、さらに一部の砲撃武装を加えたバーラ・トトゥガが登場している。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
敵として登場。バーンズが乗っている。援護防御が厄介となるが、原作で使用していたビーム砲等を所持しておらず、ハンマーハンドが唯一の武装となっており、小隊攻撃も持っていない。また、唯一の武装であるハンマーハンドの射程が2~5なので、4体で四方を囲み隣接すると一切反撃を受けない。もっともそんな状況になること自体稀だが。
アイビスルートのみ、隠し要素の条件を満たした上でハマーン受入ルートでは52話の終了後に、ハマーン拒絶ルートでは56話のステージ中にバーンズと共に自軍に参入するが、正直遅すぎな感がある。ハンマーハンドも味方バージョンでは射程が3~6とさらに扱いにくくなっている。もっともスーパー系並の装甲を持ちシールドも装備。さらに強化パーツで補強すれば耐久力に関しては自軍最硬になり、有能な援護防御要員として割り切れば悪くはない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ハンマーハンド
両腕部に装備された武装。これで敵を殴りつけて破壊する。
第2次α』では武器はこれしかない。
ビーム砲
背部のトゲの先端からビームを発射する。
ビームシールド
背部に搭載された防御兵装。その高い出力は戦艦のビーム砲の直撃すら防ぐといわれ、クロスボーン・ガンダムのビームザンバーでも切り裂くことはできない。逆にそれを活かしてキンケドゥはX1でトトゥガに体当たりし、その勢いでトトゥガごとマザー・バンガードのマストへぶつけ、へし折ったマスト(ミノフスキードライブ…つまり光の翼付き)で敵艦に損害を与えたことがある(X1は両腕を切り落とされていたため、出力を全開にして頭からトトゥガごとマストに激突した衝撃で故障して操縦出来ない状態になったが、トトゥガは無事だった)。
硬化ガス
装甲内に封入されているガス。接近戦を仕掛けてきた敵をこれで捕らえ、ハンマーハンドで破壊する。

特殊能力[編集]

盾装備
シールド防御を発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「クロスボーン・ガンダム」
第2次α』で採用。

関連機体[編集]

クァバーゼ
アビジョ
クロスボーン・ガンダム
バーラ・トトゥガ(SRW未登場)
トトゥガの武装を一部本来の仕様に戻した機体。

資料リンク[編集]