クァバーゼ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クァバーゼ
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 長谷川裕一
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 EMS-VSX1
開発 木星帝国
所属 木星帝国
パイロット ギリ・ガデューカ・アスピス
テンプレートを表示

クァバーゼは『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の登場メカ

概要[編集]

木星帝国が対クロスボーン・ガンダム用に開発した3機の試作型モビルスーツの内の1機。

当時の木星帝国には単機でクロスボーン・ガンダムを超える性能を持つMSを開発するだけの技術がなかったため、やむを得ず3機に分散しチームを組ませることで解決している。本機は攻撃担当で、敵機の間合いの外から一方的に攻撃する。可変機構も持っており、モビルアーマー形態に変形できる。

後に量産型が開発され、ニュータイプ用MSとして実戦配備された。

カラーリングは赤。

死の旋風隊(デス・ゲイルズ)」の隊長であるギリが搭乗し、キンケドゥ達を苦しめている。しかし、地球トビアクロスボーン・ガンダムX3と交戦した際、トビアがパイロットとして未熟であると侮ったことと地球の重力に不慣れだったことが原因で劣勢になり、最後は救援に駆けつけたキンケドゥのクロスボーン・ガンダムX1改に撃墜されてしまった。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
敵として登場。ギリが乗っている他、ルート次第でゾンダーが複製したり、木星帝国の一般兵強化人間)が搭乗してくる。離れたらメガ粒子砲で狙い撃ち、近付いたらビーム・ソーで切ってくる万能機。ギリの能力の高さもあってゲーム中でも中々の強敵。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

メガ粒子砲
頭部に1門内蔵。ギリがスネークハンドを好んで使っていたためか、使用頻度は少ない。原作では地球での戦いで使用したが、接近戦担当である本機がこの武器中心の戦い方に移行したことでフォーメーションが崩れ、トビアに「ギリは焦っている」と気付かれてしまった。
第2次α』では最大射程が8と結構長い。発射の際に変形するが、本来のMA形態に比べるとスネークハンドの組み合わせはしていない。意外と燃費が悪いため、少ない戦力で本機と戦う場合はガス欠にさせれば長距離戦では無力化できる。
スネークハンド
両腕部に装備している武装。先端にビーム・ソーを備え、クロスボーン・ガンダムの間合いの外から攻撃する。ビーム・ソーは射出して攻撃可能で、『ウルトラマン』の必殺技・八つ裂き光輪を彷彿とさせる。
『第2次α』では最大射程3の格闘武器だが、クロスボーン・ガンダムも換装でビームザンバーの射程が伸ばせるため、原作程のアドバンテージにはなっていない。また、ビーム・ソー射出攻撃は非採用。

特殊能力[編集]

変形
MA形態に変形する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

量産型クァバーゼ(SRW未登場)
指揮官用の量産機。右腕のスネークハンドが外され、ビームライフルを装備。
第2次α』ではギリ機と同型のクァバーゼがそのまま量産されて登場している。
アビジョ
トトゥガ
クロスボーン・ガンダム

資料リンク[編集]