フラム・ナラ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
フラム・ナラ
外国語表記 Fram Nara
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 寿美菜子
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 18歳
出身 火星
所属 ヴェイガン
テンプレートを表示

フラム・ナラは『機動戦士ガンダムAGE』の登場人物。

概要[編集]

キオ編から登場。紫のツインテールが特徴のヴェイガンの女性士官。

ザナルド・ベイハートからゼハート・ガレットの補佐の名目で遣わされるが、監視役を真の任務としている。アセム編で登場したドール・フロストは兄であり、彼が戦死する原因となったゼハートを見極めるためにこの任務に就いた。一方のゼハートもまた、それを承知して彼女を迎え入れている。当初はゼハートに対して厳しい目を向けるが、徐々に彼が本気でヴェイガンの未来を憂いている事を知り、兄同様にゼハートのために戦うことを決意すると共に彼に惹かれていった。

Xラウンダー能力を有しており、後にフォーンファルシアを受領し、パイロットとしても戦うようになる。可憐な見た目とは裏腹に性格は実直かつ硬派そのもので、ヴェイガン軍人としての責務を全うしようとしている。年少ながら軍務能力も高く、戦艦の指揮や敵部隊の動向の把握などを正確にこなし、MSでの戦闘能力もXラウンダー能力でカバーするためかなり高い。

最終決戦ではゼハートのために死を覚悟して出撃。同僚のレイル・ライトと共にキオ・アスノオブライト・ローレイン達を追い詰めていったが、オブライトと相討ちとなり、ゼハートの幻影を見ながらディグマゼノン砲の光に包まれ戦死した。

OVA版ではザナルドが画面上に一切登場しない関係上、キオ編当初からゼハートの副官を務めているという設定に変更されている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。担当声優の寿美菜子氏は、今作がシリーズ初出演。隠し要素の条件を満たせばゼハート、レイル共々生存し、加入する。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

L8まで伸びるXラウンダー能力もあり命中・回避に関してはアスノ親子やゼハートにも迫る数値を持つものの、実践不足ゆえか技量がかなり低い。またリアル系パイロットの宿命でもある防御の低さもネックである。総じて同時に仲間になるゼハートを一回り以上弱くしたようなイメージだが、ゼハートの能力が抜きんでて高いだけであり彼女も一線で活躍するには十分な能力を持っている。

精神コマンド[編集]

BX
集中直感感応気迫
本作ではそれぞれ4人しか習得者がいない「感応」、「気迫」を習得する貴重なキャラ。
特に「感応」は彼女以外の習得者が母艦のパイロットか、養成のできないサブパイロットしかいないため、担当するにはうってつけである。そして、最後に覚える「愛」とは上官に対してのものだろう。

特殊スキル[編集]

BX
敵対時
XラウンダーL8、援護攻撃L3、援護防御L3、全体攻撃L3、ガード
味方時
XラウンダーL8、援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L2、ガード

人間関係[編集]

連邦軍[編集]

フリット・アスノ
実践経験不足の新兵と見抜かれる。小説版や『BX』では彼がかつて心を通わせた者の命を奪った機体の発展機に乗っているため、憎悪を向けられる。
オブライト・ローレイン、ジョナサン・ギスターブ
共に連邦軍のMSパイロット。最後に戦った相手であり、ジョナサンを倒すが、オブライトと相討ちになる。

ヴェイガン[編集]

ドール・フロスト
アセム編に登場した実兄。彼が命をかけて守ったゼハートを見極めるために補佐役兼監視役となる。なお、兄妹で姓が違う理由は不明。
ゼハート・ガレット
上官。当初は監視目的だったが、段々と彼に惹かれていく。
TV版ではフラムが自重していたのもあり、上司と部下以上の関係にはならなかったが、OVA『MEMORY OF EDEN』ではキスシーンがあるなど、恋人関係となる
レイル・ライト
共にゼハートを補佐する同僚。
ザナルド・ベイハート
彼からゼハートの下へ送り込まれるが終盤で事実上彼から離反。『BX』では生存フラグ成立の場合、ゼハートの目指すエデンを邪魔する存在として明確に反旗を翻す。
ジラード・スプリガン
連邦軍を裏切った軍人。ルナベースにて顔を合わせる。
アローン・シモンズ
ジラードと同じく連邦軍を裏切った軍人。一人逃げ出した彼を粛清する。
ルウ・アノン
ヴェイガンの一般市民の少女。本編で絡むことはないが、BD豪華版特典の描き下ろしイラストで共演。ルウの髪をといており、フラムの少女らしい姿を垣間見ることが出来る。

他作品との人間関係[編集]

法術士ニュー
BX』ではゼハート専任の参謀。フラム及びレイルと同格の副官として、ゼハートを補佐。
生存フラグを満たした場合、エンディングで人知れずスダ・ドアカワールドに帰ろうとしていた彼をゼハートやレイルと共に見送る。

名台詞[編集]

「ゼハート・ガレット。どれほどのものか…。」
第33話より。着任後ゼハートへの挨拶を済ませた後の独白。フラムは兄が命を賭して守りぬいた男の真価を見極めようとしていた。
フラム「これまでの戦いでどれだけの犠牲が払われたと思っているの!? 話し合いなんて、もはや不可能なのよ!」
キオ「その犠牲を無駄にしないためにも、戦いをやめなくちゃいけないんだ!」
フラム「そんなことで…死んでいった者達の命が報われるはずない!」
第41話より。戦闘中に「分かり合える道がある」と説得してきたキオに対して、フラムが返した反論。
「あなたのような汚らわしい者をゼハート様の艦に乗せるわけにはいかない!」
第43話より。ヴェイガンに寝返った身でありながら、保身のためにヴェイガンの兵士を殺して帰還しようとしたシモンズを容赦なく処刑した。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「その艦から見ているのでしょう、フリット・アスノ」
「フフ…私のフォーンファルシアはあなたに気に入ってもらえたかしら? どこか懐かしいのではなくて」
BX』第38話「たったひとつの望み」に於けるディーヴァとの戦闘前会話より。乗機がフリットにとって忌まわしい機体である事を知りながら、挑発する。
しかし半世紀も前、それもピンポイントな所を一体どのようにして知ったのだろうか?
「ザナルド様、すでにご理解しているとお思いでしょうが、私はあなたの命令の下には動いていません」
ザナルド「ゼハートにほだされたか、フラム・ナラ…!兄の復讐心があるお前ならばと思ったが、とんだ見込み違いであったな!」
レイル「フラム、お前は…」
「今の私はあの方の部下よ。誰よりも…むしろ、あなたよりも…」
レイル「ふ…ゼハート様の為に生命をかけたお前だ。その言葉、信じないわけにはいかないな!やるぞ、フラム!」
「ええ…!ゼハート様の創られる未来の為、果てなさい、ザナルド・ベイハート!」
『BX』第41話「君の中の英雄」にて、生存フラグが成立した場合のザナルドとの戦闘前会話。敬愛する上官のエデンを否定するのみならず、あまつさえ手に掛けようとした醜悪な男に対し裁きの鉄槌を下すべく、真の部下として少女が戦う。

搭乗機体[編集]

フォーンファルシア
フラム専用機。

余談[編集]

  • オーディオコメンタリーで担当声優の寿美菜子氏が明かしたところによると、当初は色気を使ってゼハートに接近する役どころだったらしいが、結局本放送で見られるような硬派な性格になったとのこと。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]