レイル・ライト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイル・ライト
外国語表記 Leil Wright
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 大原崇
デザイン 千葉道徳
長野拓造(原案)
初登場SRW スーパーロボット大戦BX
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 19歳
出身 火星
所属 ヴェイガン
テンプレートを表示

レイル・ライトは『機動戦士ガンダムAGE』の登場人物。

概要[編集]

第3部・キオ編以降から登場するヴェイガンの士官。

ゼハート・ガレットの部下。額に張ったビンディーが特徴。

ロストロウランにてゼハートと共に出撃し、プラズマ粒子爆弾を設置する。その後は宇宙へ上がり、EXA-DB捜索部隊の指揮を執る。そしてゼハートへEXA-DBの予想される場所やシドの存在を報告した。

連邦とヴェイガンの最終決戦では、ゼハートのギラーガの改修機であるギラーガ改に乗り出撃する。仲間のフラム・ナラと二人で連邦軍を相手取るが、最期はオブライト・ローレインに乗機を撃墜されて戦死した。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。担当声優の大原崇氏は、今作にてシリーズ初参加。隠し要素のフラグを満たせばゼハート、フラムと共にBXに加入する。

パイロットステータス[編集]

能力[編集]

同時に加わるゼハート、フラムと違いXラウンダーではないため、能力面では2人と比べてかなり劣る。搭乗機もこれといったウリもなくいたって平凡なので、加入時期の遅さもあり使っていくには愛が必要。

精神コマンド[編集]

BX
偵察集中不屈狙撃勇気

特殊技能(特殊スキル)[編集]

BX
敵対時
援護攻撃L3、援護防御L3、全体攻撃L3
味方時
援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L2

人間関係[編集]

ゼハート・ガレット
上官。彼を補佐しており、絶対の忠誠を誓っている。
フラム・ナラ
共にゼハートを支える同僚。
ダレスト・グーン(SRW未登場)
ロストロウラン降下作戦時の同僚。二人でゼハートの補佐を行っていた。
オブライト・ローレイン
レイルを倒したアビス隊のパイロット。

他作品との人間関係[編集]

法術士ニュー
BX』ではゼハート専任の参謀。レイル及びフラムと同格の副官として、ゼハートを補佐。
生存フラグを満たした場合、エンディングで人知れずスダ・ドアカワールドに帰ろうとしていた彼をゼハートやフラムと共に見送る。

名台詞[編集]

「それを許さないゼハート様であることは、お前が一番よく知っているだろう」
「ゼハート様の力を信じるんだ…」
第45話。EXA-DBの警備システムであるシドと交戦状態になるも苦戦するゼハートをモニター越しに見守るレイルとフラム。フラムは「ゼハート様の盾にくらいならなれる」とフォーンファルシアで出撃しようとするが、レイルはそれを制止する。ゼハートに対する絶大な信頼感がうかがえるシーン。
「覚悟はできているさ…!」
第48話。連邦を壊滅させるため、敵主力であるディーヴァとガンダムを始末するため死を伴う作戦を止む無くフラムに頼むゼハート。これを了承したフラムは残存部隊の指揮をレイルに託し、ガンダムとの交戦に入っていく。しかしレイルはフラムの意に反し、自らも死を伴う作戦に付き合う。冷や汗をかきながらも覚悟を決めたのは上司であるゼハートへの忠誠心なのか、フラムに対する仲間意識なのか、本人にしかわからない。
「無様な」
同上。ラ・グラミスのディグマゼノン砲第二射でガンダム3機を撃ち漏らしてしまった際に。幻影として現れ、他の戦死したヴェイガンの将兵たちの亡霊と共にゼハートへ投げ掛けた言葉。生前の本人からは想像もつかないセリフだが、それを判断する余裕はこの時のゼハートには無かった。

搭乗機体[編集]

ウロッゾ(SRW未登場)
ロストロウランにて搭乗。レイルが搭乗していたのは灰色の指揮官機。
ギラーガ改
ラ・グラミス攻防戦時に搭乗。

SRWでの搭乗機体[編集]

ダナジン
原作では搭乗していないが、『BX』ではウロッゾが登場しないため、ロストロウランではこの機体に乗ってくる。

資料リンク[編集]