ルウ・アノン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルウ・アノン
外国語表記 Lou Anon
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 伊藤かな恵
デザイン 長野拓造(原案)
千葉道徳(アニメ版)
初登場SRW スーパーロボット大戦BX
SRWでの分類 NPC
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別 女性
年齢 12歳
出身 火星
所属 ヴェイガン民間人
テンプレートを表示

ルウ・アノンは『機動戦士ガンダムAGE』の登場人物。

概要[編集]

ヴェイガンの本拠地であるコロニー「セカンドムーン」で暮らす少女。兄にディーン・アノンがいる。

マーズレイの末期症状によって苦しんでおり、ほぼ寝たきりの生活で外を出歩くことが余り出来ない。普段の生活の中で絵日記を書いている。

セカンドムーンにやって来たキオは彼女やディーンと交流し、彼の戦う理由を変える一因となる。キオがフェザール・イゼルカントから貰った薬により、一時的に外出できるほどの元気な姿を見せるが、その次の日において、彼女は息を引き取った。

OVA『機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN』(SRW未参戦)には登場しないが、エピローグにてアノン兄妹の墓が兄ディーンの望んでいた場所に建てられている(アノン兄妹の墓の隣にはゼハートおよびフラムの墓も存在する)。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場作品。概ね原作と同じ役回り。
携帯機シリーズでは基本的に死亡したキャラクターの顔グラは元の顔グラの上部に影がかかった状態になるが、ルウの場合は専用のグラフィックが用意されている。

人間関係[編集]

ディーン・アノン
兄。たった一人の肉親で、ルウの死後、彼女の墓を地球に作るため、軍に志願した。
キオ・アスノ
兄が招待してきたお客様で、すぐに打ち解け、淡い想いを寄せる。
フラム・ナラ
本編で絡むことはないが、BD豪華版特典の描き下ろしイラストで共演。彼女の髪を解いている。

他作品との人間関係[編集]

ランカ・リー
BX』では、ランカの「放課後オーバーフロウ」が大のお気に入りで、彼女とも交流を深める。
ランカはルウが息を引き取った直後の戦いにて、彼女への追悼の思いも込めて「放課後オーバーフロウ」を熱唱した。
ハルカ・ミナトメグミ・レイナード
『BX』ではキオに加えて木連によりセカンドムーンに連れ去られた彼女達とも交流を深める。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「『当たり前の毎日でも、見上げる横顔が特別』って、こういう事を言うのかなって」
ランカ「あ…それってもしかして、あたしの…」
「今って時間を大事にしたい想い。この、それが伝わってくるから…」
BX』第31話キオ救出作戦ルート「生きる願い、宇宙に流れる」より。
念願の外出を果たした際、キオの横顔を見て微笑むルウの様子に「どうしたのか?」と彼が聞いて。最初の台詞は「放課後オーバーフロウ」の歌詞からの引用である。
自分に残された時間があまり多くないことを知っているルウにとっては、刻一刻と流れる「今」の全てが大切な時間だった。

資料リンク[編集]