月臣元一朗

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
月臣元一朗
読み つきおみ げんいちろう
外国語表記 Genichiro Thukiomi
登場作品
声優 森川智之
デザイン 後藤圭二
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(遺伝子操作)
性別
出身 木星
所属組織 木連
ネルガル重工(劇場版)
所属部隊 優人部隊
シークレットサービス(劇場版)
テンプレートを表示

月臣元一朗は『機動戦艦ナデシコ』の登場人物。

概要[編集]

木連の優人部隊の一員で、白鳥九十九とは親友の間柄。戦闘においても彼とはコンビを組んでいる。遺伝子操作を受けたB級ジャンパーであり、アルストロメリアを操って瞬時に二機の積尸気を瞬時に撃破するなど、人型機動兵器の操縦は一流。また「木連式・柔」と呼ばれる体術の達人でもあるため、生身での戦闘能力も高い。

登場直後はマジンを駆り、アトモ社のボソンジャンプ研究施設やヨコスカの街を破壊、最後は街全体の相転移による消滅を目論むが、テンカワ・アキトの決死の行動で阻止される。その後は後継機のダイマジンに乗り換えるが、面ネルガルドック強襲の際に、偶然その場に居合わせたアキトの駆るエステバリス月面フレームの前に再び目的を邪魔され、ナデシコ内で虜囚となっていた九十九を救出して引き下がった。

その後、地球人との接触を経た九十九は地球との和平を望むようになり、元一朗との間に亀裂が生じ始める。元一朗の崇拝の対象であった『ゲキ・ガンガー3』のヒロイン・国分寺ナナコに対する九十九の暴言とも言える発言によってそれは決定的なものとなり、草壁春樹の命令に従って彼を暗殺するに至る。

しかし心の奥では、彼もまた九十九と同様、自身の思い描いた正義と現実の間のギャップに苦しんでおり、更に火星極冠遺跡攻防戦におけるアキトとミスマル・ユリカのラブロマンスに心を打たれた彼は、草壁ら軍主導部に対して反旗を翻すことに。「熱血とは盲信にあらず」という彼の名文に鼓舞された若手将校達の活躍により、この反乱は成功。勝利を決定づけた檄文に因んで、この反乱は後に「熱血クーデター」と呼ばれるようになる。

熱血クーデターの成功後、彼は行方不明となっていたが、続編の劇場版においてネルガルシークレットサービスに所属していたことが明らかに。彼は草壁らを中心とした火星の後継者が水面下で結成・活動を開始したことを察知し、彼らに攫われたアキトを救出、更に一部の感覚を失ったアキトに戦闘訓練や機動兵器の操縦を指南しており、その後は再び彼らの足取りを追っていた。火星の後継者の蜂起時には、亡き友人・九十九の意志を継いで兵を説得、戦いを終息させる重要な役目も果たした。

タカスギ・サブロウタとは逆ベクトルでTV版と劇場版でキャラが豹変し、飄々とした軽いノリを身に付けたサブロウタに対して寡黙で重苦しい雰囲気を纏う男になっている。SRWだと戦闘台詞の言動が違い過ぎてギャップが大きい(Wでは半年でゲキガンガーから抜け出した)。

登場作品と役柄[編集]

原作では意見が食い違ったことで親友の九十九を自らの手で殺すことになってしまう彼だが、スパロボでは大抵九十九は撃たれても生還する場合がほとんどなので、そういう意味では彼も救われたといえる。基本的に味方になるのは終盤であることが多い。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
TV版準拠のため敵。敵にしては珍しく固有の精神コマンド配列で没データにダイマジンの味方版仕様があることから開発段階では自軍加入が予定されていたのかもしれない。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
TV版準拠のため敵。アキトの月面フレームとの対戦時に偶々現れたグレンダイザーに見惚れる場面も。このときはデューク・フリードの「関係ない人間を巻き込みたくない(自分がこのまま逃げているとアキトと元一朗が自分を探しているベガに巻き込まれる)」という理由に興ざめして撤退した。同話での撃墜は困難だが強力な強化パーツであるV-UPユニットを落とすため、アキトは離脱前に熱血を習得させておきたい。エンディングで熱血クーデターを起こす。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
役所は『A』と同じだが、上記のアキトとの対戦時に落とすアイテムが激レアスキルパーツSP消費ダウンになったので、意地でも落とそう。リメイク前より更に撃破困難になっているが、月面フレームは離脱前の改造を引き継ぐようになったので、エステバリス・アキト機の武装を予めフル改造しておきたい。レベルも上げて精神コマンドを豊富に使えるようにしておくとなお良い。
スーパーロボット大戦R
開始直後のナデシコルート、およびラスト3話でのみ味方、ほかでは敵として登場する。おそらく技術の前倒しによって入手可能になったと思われる乗機・アルストロメリアの性能が極悪で、フル改造すると攻撃力は5000以上、分身ありSサイズにもかかわらず運動性は全機体トップ5に入る優遇ぶりである。なお、彼の搭乗機の方が九十九機より若干性能が上。エンディングでは、熱血クーデターを成功させた後、地球圏を離れボアザン星で復興活動に勤しんでいる事が明らかになっている。
スーパーロボット大戦J
終盤にNPCとしてスポット参戦する。
スーパーロボット大戦W
本作では彼がクーデターを起こす場面に居合わせることとなる。条件を満たせば第二部後半でアカツキと共に仲間になる。今回も機体性能面では非常に優遇されており、アルストロメリアは長射程・高性能のクローを所持し、元一朗自身も直撃を覚えるため、非常に強い(同タイミングで加入するアカツキ機とは雲泥の差)。弱点はIFS技能がないため、エステバリス隊とは違い、能力値の上昇が見込めない点。ただ、機体の能力が非常に高いので気になるほどではない。
なお、第一部での九十九の暗殺は彼が間違えてガイを撃ったということになっている為九十九は健在であり、第2部では九十九の影を往く者として、共にシークレットサービスに所属することになる。
スーパーロボット大戦BX
本作では戦闘時の服装が軍服ではなくパイロットスーツが再現されている。『W』に続いてクーデターを起こす場面に居合わす事となるが、『ガンダムAGE』最終話の原作再現とのクロスオーバーが成されている。九十九との合体攻撃もあるが、隠し要素のフラグを立てていないとスポット参戦止まりになってしまう。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
劇場版設定。今作もNPC扱い。ゴートと共にエンブリヲに拉致されたカガリマリナの捜索を行っていたが、成果は上がらなかった。
スーパーロボット大戦T
劇場版設定でNPC。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
劇場版設定。ネルフ総攻撃の際、葛城ミサトを密かに救出した。なお、今回は脇役としての登場でアカツキ共々声は入っていない。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

R
必中直撃熱血気合ひらめき
W
必中直撃不屈熱血狙撃
BX
必中不屈狙撃気迫勇気

特殊技能(特殊スキル)[編集]

A
底力L8
R
底力L8、援護攻撃L1、援護防御L2、指揮L2
J
底力L8、援護攻撃L1、援護防御L2、指揮L2
W
カウンター底力L8、援護攻撃L2、援護防御L2、マルチコンボL2
BX
底力援護攻撃援護防御全体攻撃

人間関係[編集]

白鳥九十九
親友だったが、上述の通り彼を暗殺してしまう。彼が生き残った『W』では最後まで親友として彼と共に居る。
テンカワ・アキト
彼とは色々と因縁があり、火星の後継者から救出されたアキトに様々な戦闘技術を叩き込んだ。
ダイゴウジ・ガイ
『W』では九十九暗殺時に相手を見間違い、彼を撃ってしまう。ガイはこのことを「迷いを持っていた」と好意的に解釈し、根に持つことはなかった。
ミスマル・コウイチロウ秋山源八郎
BX』ではフラグを満たさなかった場合、彼らと共にELSとの戦いの救援に駆け付ける。

他作品との人間関係[編集]

ジョルジュ・ド・サンド
R』では木連の和平交渉が決裂し、地球側のメンバーを逃がそうとする九十九を射殺しようとしたところを、ジョルジュの放ったバラが腕に刺さり暗殺に失敗してしまう。
破嵐万丈
IMPACT』ではネルガル月面ドックで相対した際、彼の前口上に思わず見とれてしまう。撤退時には捨て台詞ながらも、万丈の台詞が「いちいち格好良い」と認めていた。
葛城ミサト
MX』では終盤に彼女の窮地を救う。
冬月コウゾウ
『MX』終盤、彼に瓦解寸前のNERV本部を棄て、生存したスタッフ共々ナデシコCへ退避するよう促す。
ブライト・ノアカティ・マネキンファルク・オクラムドナイジェル・ギャレットワッツ・ステップニーダリル・マッギネス
BX』ではフラグを満たさなかった場合、彼らと共にELSとの戦いの救援に駆け付ける。

名台詞[編集]

TV版[編集]

「おのれ……侵略者共め、これ以上悪魔の兵器を作らせるものか!ダイマジン・トルネード!」
第15話でネルガルの月面基地を襲撃して。この時に右腕部を変形させていたが、ロケットパンチではなかった事から小型重力波砲を使用したと思われる。何気ないがジンシリーズにおいてゲキガンガー以外の技名を叫んでいる。
「な、何ぃ?つ、九十九……それは幻の13話の事か!?」
九十九「それだけじゃない、第9話と第33話も」
「何ぃ!?マジかよ、いかすぜ、すげえよ!!」
第16話で九十九の指示で幻の回を複製したビデオを部下が持ちこんできた際に。

The blank of 3 years[編集]

「熱血とは盲信にあらず!」
原作で多くの木連出身者が感銘を受けた檄文の一節。この至言には、さしもの草壁も言葉を詰まらせてしまう。『MX』では後世に残すべき言葉だと評され、『W』では実際に叫ぶ。さらに『BX』ではDVE

劇場版[編集]

「新たなる秩序、笑止なり!」
「確かに破壊と混沌の果てにこそ、新たな秩序は生まれる。それゆえに産みの苦しみ味わうは必然…しかし! 草壁に徳なし!」
劇場版での初登場時。
「木連式抜刀術は暗殺剣に非ず」
短刀を用いた木連式抜刀術で切り掛かる北辰六人衆の一人をすれ違いざまに木蓮式柔の一撃で沈めた際の一言。
本来の抜刀術の用い方ではないのか、それとも抜刀術を暗殺に用いている為か、はたまたその両方を偲んでいるのか。
「邪になりし剣、我が柔には勝てぬ」
上記の後に今度は二人が切り掛かるが、最初の一人を一瞬で投げ返して二人に命中させ、静止させてからの一言。
R』第3話ナデシコルート「再会のレシピ」における北辰との戦闘前会話にも話すが、北辰に「邪になりし柔、我が剣には勝てぬ」と全く同じ言葉を返される。
「白鳥九十九が泣いているぞ」
説得の中の一言。九十九が生存した『W』では「木連の英霊が泣いている」と言う。

迷台詞[編集]

「お前とも…生まれる星が違えば友達になれたかもしれないな」
TV版第15話。一見何ともない台詞だが、ゲキ・ガンガーの台本を読みながらの発言である。また、ここから台詞の多くをゲキ・ガンガーから引用している事が解る。
「あんな女、ナナコさんの足の裏以下ではないか」
第22話。ミナトに惚れた九十九に対しての断言。わかりやすく言えば「ナナコさんの足元にも及ばない」といったところだろうか?
BX』では女性相手の特殊戦闘台詞の元ネタとなった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

(…悪の地球人に、なぜ異星人たちがここまで…!)
IMPACT』第27話「マシンロボ・炎」に於ける「和平交渉」で、木連の包囲網からブライトらを逃がそうと奮闘するレイナダンガイオーチームの姿を目の当たりにして、困惑する。

携帯機シリーズ[編集]

「裏切りに裏切りを重ねた男が、最後にまともなことをしたくなった。それだけだ」
R』第35話「嵐の海」より。アルストロメリアで参戦してきた時の台詞。
「だが、事実だ!」
W』第1部第24話「それぞれの『自分らしく』」より。九十九が暗殺されかかったことを聞いて「そんな卑劣なマネをする人間が木連にいるものかーっ!」と叫んだ木連兵に対して。
「俺のダイマジンに臆せず向かってくるとは、敵ながらいい根性してやがる。その分の悪い賭けで攻めてくる姿、俺は嫌いじゃないぜ!」
BX』第8話「月面の邂逅」にてヨウタと対峙して。無論、あの男の名言に由来する声優ネタである。
「草壁中将、もはやあなたに徳なし!」
「もはや草壁に徳なし…大人しく投降せよ!」
「確かに破壊の混沌の果てにこそ、新たなる秩序は生まれる…しかし、貴様に徳なし!」
『BX』にて、一段目は草壁、二段目は木連兵、三段目はジスペル相手の特殊戦闘台詞。TV版設定だが、劇場版の台詞が元になっている。

単独作品[編集]

「お前達と同じ……犬だ」
MX』第53話(『MX PORTABLE』では第54話)「魂のルフラン」より。負傷したミサトを「反逆者」と詰り、止めを刺そうとする連邦兵を打ち倒した際に発した台詞。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「出たなっ! 地球のやられメカめ!」
R』第6話ナデシコルート「GEAR戦士電童」より。エクサランスに対して。ラウルを困惑させたセリフ。
(これで…ナナコさんは俺の物だ。お前は愛した女性と幸せになれ…)
BX』のエンディングにて、親友・九十九がミナトと婚約する事となり、心からの祝福を祈っている……のはいいが、「ナナコさん」は二次元の女性なので前半部分は色々と痛すぎる発言となっている。別作品で一時期ニートと化した親友とは別方向で、彼の将来が心配である。

搭乗機体[編集]

マジン
当初の搭乗機。
ダイマジン
アルストロメリア
劇場版で搭乗。