ナイジェル・ギャレット

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ナイジェル・ギャレット
外国語表記 Nigel Garrett
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 中村悠一
デザイン 安彦良和(オリジナル)
高橋久美子(アニメ)
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(アースノイド
性別
年齢 27歳
所属組織 地球連邦軍
所属部隊

ロンド・ベル隊

  • トライスター
軍階級 大尉
テンプレートを表示

ナイジェル・ギャレットは『機動戦士ガンダムUC』の登場人物。

概要[編集]

ロンド・ベルのエースパイロット3人で構成される小隊「トライスター」の隊長。独特な連携攻撃で訓練記録を塗り替え、その名を広めた。

本来ならUC計画のテストパイロットになる予定だったが、計画が中断して支援用量産機ジェスタに搭乗することになった。 ラー・カイラムMS部隊に所属しており、ダカール襲撃以後ラプラスの箱を巡る争乱に巻き込まれる。

落ち着いた優男だが、自身の腕に絶大な自信を持つ傲慢さも持つ。

OVA版では3人ともマーサ・ビスト・カーバインを逮捕するべくラー・カイラムで地球へ降下した為、インダストリアル7での決戦を始め、宇宙での戦闘は無かった。代わりに、そのシャイアン基地にてグスタフ・カールやZプラスなどの連邦地上軍伏兵部隊との交戦が描かれ、これを苦もなく無力化した。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
初登場作品。中の人繋がりアルトグラハムに特殊援護台詞が存在する。
シナリオ上では、リディネェル・アーガマに推薦したのが彼であったり、敵対時のリディにも戦闘前会話があったりと、リディの上官としての一面が強く描写されている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
NPC。ELSとの決戦の際、援軍としてやって来る。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
第23話or第24話にて加入。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第3次Z天獄篇
必中閃き加速気合闘志

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次Z天獄篇
見切りガード援護攻撃L1、サイズ差補正無視L1

固有エースボーナス[編集]

所属チームの命中率+10%、回避率+10%、クリティカル率+10%
第3次Z天獄篇』で採用。

人間関係[編集]

ワッツ・ステップニーダリル・マッギネス
直属の部下。
ブライト・ノア
ロンド・ベル隊の指揮官。
バナージ・リンクス
小説版では彼を追跡していたが、のちに共闘。
リディ・マーセナス
小説版ではバンシィのパイロットとなった彼に対し、痛烈に批判している。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

グラハム・エーカー
声が同じ人。『第3次Z天獄篇』で共演し、特殊援護台詞がある。
カティ・マネキンファルク・オクラムド
『BX』では彼らと共にELSとの戦いの救援に駆け付ける。

リアル系[編集]

早乙女アルト
声が同じ人。『第3次Z天獄篇』で共演し、特殊援護台詞がある。
ミスマル・コウイチロウフクベ・ジン月臣元一朗秋山源八郎
『BX』では彼らと共に(元一朗と源八郎はフラグを満たさなかった場合のみ)ELSとの戦いの救援に駆け付ける。

名台詞[編集]

原作小説版[編集]

「待て!迂闊に近づくな。奴は――」
「あれが《ユニコーン》……!」
第7巻、ラー・カイラム護衛中にワッツのジェスタを押し飛ばしたユニコーンガンダムを見て。このシーンの流れは「ユニコーンガンダムがトレーラーから立ち上がる→ワッツ機が取り押さえようとする→バランスを崩させ、頭を掴みそのまま押し飛ばす」と、『機動戦士ガンダム』第1話のオマージュになっている。
OVA版では、バナージのユニコーン奪還に居合わせていなかったためカットされている。
「いまのおまえは、パイロットの本分を見失ってる。なにかを埋め合わせるために、財団の御用聞きになってるんじゃないかって話だ。まっとうな神経のパイロットなら、あんな化け物みたいなマシーンには乗らない。この艦に合流するにしても、《デルタプラス》を持ってきたはずだ」
「それでなきゃ《ユニコーン》に勝てないとしてもだ。そのためなら心をなくしてもいいってのは、パイロットの頭じゃない。妄執に取り憑かれた若僧の勇み足だって思えるんだが、違うかな」
第8巻、ゼネラル・レビル内で再会したリディに対し。

OVA版[編集]

「殺生はせず…か」
EP5にて、ユニコーンガンダムがアンクシャを無力化した際に。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「戦場に出れば、老いも若いも、金持ちも貧乏人も、男も女も平等だ。誰もが死ぬか、生きるかのラインに立っている」
「余計な事は考えるな。もっとシンプルに生きろ」
第3次Z天獄篇蒼の地球ルート第10話「赤い彗星の影」より、迷走するリディに対しての叱責。この時点では軍人としての自分を取り戻したリディではあったが…
「安い男に成り下がったな、リディ」
リディ「申し開きはしません! これが今の自分です、ナイジェル大尉!」
「軍人に申し開きもクソもあるかよ! 俺から見れば、お前は勝手な判断で部隊を抜けた脱走兵だ!」
「軍人らしく知り得た情報は上に報告しろ! それすら出来ないようなヒヨッコが俺の相手になると思うなよ!」
『第3次Z天獄篇』宇宙ルート第37話「暗闇のリディ」にて。飽くまでも「軍人」としてリディを糾弾する。
「一軍人が神を倒して宇宙を救う。悪くない結末だな」
聖アドヴェント「君は軍人にしてはロマンチストだな、ナイジェル」
「悪いな。俺はリアリストのつもりだ。言った事は実行する…! 覚悟してもらうぞ、アドヴェント!」
『第3次Z天獄篇』最終話「果てなき世界」より、至高神Zとの戦闘前会話。

搭乗機体[編集]

ジェスタ