2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ネェル・アーガマ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ネェル・アーガマ
外国語表記 Nahel Argama
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
母艦
テンプレートを表示
スペック
異名 木馬もどき
分類 ネェル・アーガマ級機動戦艦(エゥーゴ
ネェル・アーガマ級強襲揚陸艦(ロンド・ベル
艦籍番号 SCVA-76(『ガンダムUC』以降に設定)
全長 380 m
動力 核融合炉、ソーラーエネルギーハイブリッド
開発 アナハイム・エレクトロニクス
所属 エゥーゴ
地球連邦軍ロンド・ベル
主な搭乗員
【艦長】
ブライト・ノア(ΖΖ) ⇒ ビーチャ・オーレグ(艦長代理)(ΖΖ)
オットー・ミタス(UC)
【副長】
レイアム・ボーリンネア(UC)
【オペレーター】
トーレス(ΖΖ)
ミヒロ・オイワッケン(UC)
テンプレートを表示

ネェル・アーガマは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社がグラナダにて建造した新造戦艦

ネェル・アーガマ」という名称は「アーガマに近いもの」という意味。

アーガマに比べてモビルスーツの搭載可能数が増え、カタパルトデッキは艦首に3基、艦尾に1基備えられている。武装も強化され、火力が増強されている。また、少人数でも運用可能となっている。

宇宙世紀0096時には各部をクラップ級と同じ物に変更するなど大規模な近代化改修が施された。

劇中での様相[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ』作中後半で地球に降下したアーガマに代わる旗艦としてエゥーゴに配備された。地球からラビアンローズに帰還したアーガマクルーに引き渡され、ブライト・ノアが艦長となった。しかし、ブライトは直後の戦闘で宇宙に投げ出されたシンタやクム、新たに配属されたクルーを助けるためにランチで出撃し、そのままラビアンローズに帰還。以後も補給線の確保のために合流はせず、ガンダム・チームのリーダー格であるビーチャ・オーレグが艦長代理に任命された。その後、本艦は単艦での戦闘を強いられるものの、終戦まで戦い抜いた。

宇宙世紀0096時にもロンド・ベル所属の強襲揚陸艦として運用されている。また、袖付きには「木馬もどき」というコードネームで呼ばれている。

当初、ほとんど実戦経験のないクルーで運用されていたため、初戦早々に左舷のカタパルトデッキをもぎ取られ、ユニコーンガンダムを鹵獲されるなど、散々な結果となったものの、パラオ攻略戦ではハイパーメガ粒子砲を活かしてユニコーン奪回に成功、クルーの能力も向上し、その後もラプラスの箱に纏わる動乱を単艦で生き延びた。

登場作品と操縦者[編集]

初期作品では、アーガマとラー・カイラムの間の期間に母艦として登場することが多かった。ブライト・ノアが常にいて、原作のように離脱することもないため、ビーチャ艦長が再現されたことはなかったが、VにてDLCでついにビーチャが艦長代理を行うシナリオが実現された。

前後のアーガマやラー・カイラムと比べるとやや出演回数は少なかったが、新たに『機動戦士ガンダムUC』に登場した事で今後出演機会が増える事も予想される。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
ビーチャは登場せず、ブライトの3番目の戦艦となる。なお『G』では、登場しない。
第3次スーパーロボット大戦
ロンド・ベルの旗艦の1つとしてブライトが乗る。アーガマとラー・カイラムのつなぎ。
第4次スーパーロボット大戦S
やはり3番目の艦として登場。シナリオ「ロンデニオン」終了後で乗り換え、「グランゾンの謎」終了後に正式に運用可能。また、「キリマンジャロの嵐」では護衛対象のNPCアーガマとの同時参加という珍しいマップ。
なおアーガマ同様、エネルギーは1回でも改造するとラー・カイラムになった時に無駄になる。
スーパーロボット大戦F
シナリオ「オペレーション・レコンキスタ」にて護衛対象のNPCとして登場。トレーズ・クシュリナーダが乗っているが、パイロットは彼ではない。
スーパーロボット大戦F完結編
序盤早々シナリオ「ラビアンローズ」にてアーガマから乗り換え。打ち上げイベントでは3Dデモが使用された(このデモはCBでも流用されている)。また、後半の分岐DCルート「ダブル・フェイク」ではロンド・ベルの支援として2隻NPCとして登場。シリーズ初の増産である。原作ではビーチャが指揮して落とされないのに、一般兵ではあっさり撃沈されてしまうためなんとも…。何気にラー・カイラムとの一時的な同時参加が可能で、再び同時に参加するのは17年後、『第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇』にて『機動戦士ガンダムUC』が参戦するまで待つこととなる。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
ガンダムUC』の設定で登場だが、ネェル・アーガマとしては『MX』以来10年ぶりとなった。加入時点では武装がたった二つしかなく、途中からMAP兵器が追加される。レイアムの精神コマンド鉄壁を活用して、前線に出すなら耐久力を中心に強化しよう。アルゴリズムの関係で袖付きのユニットにはに真っ先に狙われることが多い。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
基本的には『時獄篇』と変わりないが、メガ粒子砲にオットー、レイアム両名のカットインが追加された。
なお、DLC「多元戦争追想」ではブライトが艦長を務めている描写があり(ユニットとしては登場しない)、これはラー・カイラム就航以前ロンド・ベルの旗艦であったという設定に由来するものと思われる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
受け取りに向かっていたアーガマナナフシに大破させられる。受け取り予定の基地もマスドライバーの直撃を受けたが、ネェル・アーガマは到着前だったので事なきを得る。
ジュドー達が加入する前に配備され、加入直前にラー・カイラムに取って代わられる為、彼らが乗る事は無いというおかしな状況。
スーパーロボット大戦R
過去の世界で登場。ブライトが最初から乗っており、名前が初登場したときはシャングリラで補給を受けていた。フリーデン改造を引き継ぐ。終盤、ラー・カイラムに乗り換え。また、マイクロウェーブ送信施設からフロスト兄弟の撃ってきたサテライトランチャーを、アムロクワトロニュータイプたちのアドバイスで、全てかわすという神業をやってのけた。
スーパーロボット大戦BX
『UC』設定。序盤のスポット参戦を経て、第25話クリア時に参入する。
Zシリーズではあまりにも寂しかった武装にミサイル・ランチャーと通常版ハイパー・メガ粒子砲が追加され通常戦もこなせるようになった。しかし、代わりにMAP版ハイパー・メガ粒子砲は直線1マス幅に弱体化してしまった。序盤で正式加入する戦艦と比べるとバリアが無いため打たれ弱い。と言っても、この艦の真髄はやはり艦長であるオットーの「脱力」だろう。更にサブパイロットのレイアムが「再動」、ミヒロが「祝福」と貴重な精神コマンドを覚えるため後方支援能力は高い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
アーガマとラー・カイラムのつなぎ。終盤でガンドールのエネルギーでムゲの宇宙に向かう。その後改修されたガンドールがムゲの宇宙にやってくるが、ネェル・アーガマを回収(搭載)することはできなかったので、そのまま放棄される。
スーパーロボット大戦MX
最初から最後までネェル・アーガマで戦い抜く。ナデシコBと比べて、武装の火力は低いが使い勝手や燃費に優れ、万能かつ継戦能力が高い。ディストーションフィールドが無い分だけ、防御面が手薄だが闇雲にENを消費しない。
ブライト、トーレスサエグサの3人乗りで、精神コマンドのバランスが良いのも魅力。ただし、お気に入りのカテゴリがメイン・サブ・機体とでバラバラである。
スーパーロボット大戦X-Ω
オットー・ミタスが艦長扱いの『UC』版。Rの戦艦ユニット。
なお、艦長スキルは紅茶愛好家であるオットーらしい「こだわりの紅茶」で、「敵軍エリア内にいる味方の攻撃力アップ」という効果となっている。
スーパーロボット大戦V
『UC』設定。但し今回『ΖΖ』が参戦しており、ボーナスシナリオではビーチャが艦長代理を行う展開がある。
通常兵器版のハイパーメガ粒子砲は健在で、マップ兵器の射程も改善。さらに戦いやすくなった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

2連装メガ粒子砲
前方の上下に2基4門装備されている主砲。
近代化改修時には別種のものに換装した。
サブ・メガ粒子砲
側面に2基格納されている。
単装副砲
後方の上下に2基装備されているメガ粒子砲。アーガマ等のものと同型。
近代化改修時には下方の前後に移設された。OVA版では2連装メガ粒子砲に置き換えられた。
単装ビーム砲
左右のカタパルトデッキに2基装備されている。
ミサイルランチャー
『ZZ』劇中では使用されていない。『UC』では艦橋後方の胴体部に位置し、バンシィ・ノルンに弾幕を張った。
ハイパー・メガ粒子砲
通称「ハイメガ砲」。中央カタパルトデッキの直下に装備されている大型の高出力のメガ粒子砲で、コロニーレーザーに匹敵する威力があると言われる。しかし、一発撃つとほぼ行動不能の状態に陥ってしまうという弱点がある(この手の兵器の元ネタはやはり『宇宙戦艦ヤマト』の波動砲であると思われる)。
『UC』では元々不完全な代物で、大規模近代化改修で撤去されなかったのは単に予算の問題で出来なかったためでパラオで実際に発射されるまでは定期的な動作確認しか行われていなかった。
『第3次Z』では、横幅3マス×長さ8マスという広い攻撃範囲を持ち、うまく運用すれば精神コマンド「幸運」で稼ぎ役にもなり得る。
『BX』では通常兵器版が追加されたが、代わりにMAP版は横幅1マスに弱体化。
『V』では通常兵器版もあり、MAP兵器版も広範囲ではあるが、ナデシコCという強力なライバルがいるのがネック。

改修後の武装[編集]

2連装メガ粒子砲
近代化改修時にラー・カイラムクラップ級のものと同じものに換装し、上方の前後に装備。OVA版では単装副砲もこれに換装しさらに2基追加された。
対空機銃
近代化改修時に追加された武装。2連装の銃座が全部で16基32門。OVA版では24基48門。
SRWでは『UC』の参戦していない改修前の状態でも毎回使用可能だった。

特殊能力[編集]

搭載
母艦としての標準能力。
強化パーツ使用
母艦としての標準能力。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)

カスタムボーナス[編集]

戦艦特殊パーツの使用範囲2倍
A PORTABLE』で採用。
『ハイパー・メガ粒子砲』の消費EN-30、必要気力-10
第3次Z』『V』で採用。使い勝手がグッと上がるが、『第3次Z時獄篇』ではMAP兵器が追加されるまでは無意味である。
『V』では通常兵器版にも効果があり、Eセーブと合わせると、メイン・メガ粒子砲よりもわずかに消費ENが低くなる

機体ボーナス[編集]

BX
  • 初期段階:HP+500 射撃武器+100
  • 第二段階:HP+750 射撃武器+150 地形適応:宇A
  • 第三段階:HP+1000 射撃武器+200 地形適応:宇S
  • 最終段階:HP+1500 射撃武器+300 地形適応:宇S 照準値+5

機体BGM[編集]

「翔べ!ガンダム」
『第2次』にて。
「颯爽たるシャア」
『第3次』にて。
「アニメじゃない」
『ΖΖ』前期OP主題歌。『A』で採用。
「サイレント・ヴォイス」
『ZZ』後期OP主題歌。『第4次』で採用。
「宇宙のジュドー」
『ΖΖ』劇中BGM。『MX』で採用。
「MOBILESUIT」
『UC』劇中BGM。『第3次Z時獄篇』で採用。
「UNICORN」
『UC』劇中BGM。『BX』で採用。

関連機体[編集]

アーガマ
ホワイトベース
ΖΖガンダム
Ζガンダム
百式
ガンダムMk-II
メガライダー
百式改
ジェガン
ユニコーンガンダム
リゼル
ロト
ジェガン (エコーズ仕様)
クシャトリヤ
ギラ・ズール
終盤、ガランシェール轟沈後に同艦所属機が合流している。

余談[編集]

  • 艦籍番号「SCVA-76」は一年戦争時代のペガサス級から続いているナンバーだが、これは後付け。
    • ある個人ブログに掲載された番号がWikipediaに公式設定であるかのように書かれたのが最初で、その後から『機動戦士ガンダムUC』のアニメに番号が登場してしまい、そのまま公式設定として扱われているという経緯がある。
    • ネット上では「ロンド・ベル編入後SCVA-76に変更された」と説明されている場合もあるが、これもWikipediaに書かれた内容に基づくものらしく、実際はエゥーゴ時代から型番が変更されたかは不明。