2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

クラップ級巡洋艦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
クラップ級から転送)
移動先: 案内検索
クラップ級巡洋艦
外国語表記 Clap Class
登場作品

ガンダムシリーズ

分類 宇宙巡洋艦
生産形態 量産艦
全長 292 m
全幅 133 m
動力 熱核融合炉
搭載可能MS 6機
開発 ヴィックウェリントン社
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

クラップ級巡洋艦は『ガンダムシリーズ』に登場する軍艦の艦級。

概要[編集]

機体概要[編集]

宇宙世紀0090年頃に就役し、以降は地球連邦軍の主力巡洋艦として機能した宇宙艦艇。

旧来の巡洋艦では新造予定のラー・カイラム級戦艦に付随できる速度性能の確保が難しく、またグリプス戦役第1次ネオ・ジオン抗争の影響で戦闘艦が消耗していたため、サラミス改級の後継艦として建造される事になった。

ラー・カイラム級と同じヴィックウェリントン社で開発され、基本部分も同一のパーツで建造されており、「小型化したラー・カイラム」と言うべき外見をしている。モビルスーツデッキとカタパルトデッキを1基備えている他、ブリッジも通常用と戦闘用の2つがある。

同型艦[編集]

クラップ
逆襲のシャア』に登場。ロンド・ベル隊所属のネームシップ。
ルナツーに投降した振りをしていたネオ・ジオン艦隊に攻撃され、クェス・エアヤクト・ドーガによってブリッジを破壊されたが、撃沈は免れた。
ラー・カイム
逆襲のシャア』に登場。ロンド・ベル隊所属。
ラー・キェム
『逆襲のシャア』に登場。ロンド・ベル隊所属。名称についてはラー・ギエム、ラー・ケイムとする資料もある。
ラー・チャター
『逆襲のシャア』に登場。ロンド・ベル隊所属。最終決戦でラー・カイラムの盾となって轟沈している。
ラー・エルム
『逆襲のシャア』に登場。ロンド・ベル隊所属。
ウンカイ
機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争』に登場。シナンジュ・スタインの輸送任務に就いていたが、シナンジュを強奪したフロンタルにより、後始末として撃沈された。
ラー・デルス
機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争』に登場。上記のウンカイの護衛についていたが、ウンカイ共々、撃沈された。
キャロット
小説版 機動戦士ガンダムUC』1巻と8巻に登場。ロンド・ベル隊第2群所属。クシャトリヤと交戦したスターク・ジェガンとジェガンD型の母艦だった。その後、ロンド・ベル隊第3群に所属し、トライスターと共にガランシェールの追跡を行うものの、フロンタル率いる部隊に遭遇した末、撃沈されている。OVA版のガランシェール追跡の場面では艦名不明のクラップ級が同じ役割を担っている。
テネンバウム
小説版 機動戦士ガンダムUC』8巻に登場。ロンド・ベル隊第3群所属。キャロット共々、撃沈された。
スペース・アーク
機動戦士ガンダム F91』に登場。クラップ級を改装した練習艦である。資料によっては「クラップ級」となっていたり「スペース・アーク級」となっていたりする。
ガンダムF91を搭載しており、レアリー・エドベリが艦長代理となってフロンティアIを脱出した。SRW未登場。
リーンホース
機動戦士Vガンダム』に登場するスペース・アークと同じ近代改修艦。地球連邦軍の所属だが、リガ・ミリティアに協力している。
カイラスギリー攻防戦で大破し、鹵獲したスクイード級を使って改修された。詳しくはリーンホースJr.を参照。SRW未登場。

劇中での様相[編集]

第2次ネオ・ジオン抗争時にはロンド・ベル隊の主力艦艇として配備されている。

U.C.0123年のコスモ・バビロニア建国戦争でも主力艦として運用されており、多数の艦がクロスボーン・バンガードと交戦した。基本的にはやられ役だが、隠れていたクラップが出現と同時に艦砲の一斉発射を行い、モビルスーツの小隊を殲滅するなど活躍するシーンもある。

U.C.0153年のザンスカール戦争でも主力艦として運用されている。同時期に配備されていたラー・カイラム同様、既に一番艦の就役から60年近く経っており、完全に旧式化している(もっとも更に旧式な艦船であるサラミス改も主力艦として運用されているため、古い戦艦というイメージは別の意味で付きづらい)。ビームシールドやミノフスキークラフト搭載等の近代化改修が図られており、性能は向上している。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
逆襲のシャアシナリオ再現と共に初登場。地球連邦軍の主力巡洋艦としてのポジション。リアル系女ルート第1話は、これに乗ったベラ・ロナらがバビロニア・バンガードを奪うため戦いを挑むところから始まる。
第3次スーパーロボット大戦α
引き続き、地球連邦軍の主力巡洋艦。大気圏内で活動しているから、後期型か?

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇/天獄篇
ユニットアイコンのみの登場。サイガスカティの乗艦として使われる等、今作の連邦軍では最も普及している母艦のようだ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
ユニットアイコンのみの登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ゲームでは機関砲、ミサイル、メガ粒子砲(主砲)の三種類。

連装メガ粒子砲
艦首側面に2基。ラー・カイラムの物と同一の装備。
ミサイルランチャー
艦首先端に6基。
『αシリーズ』では長射程の全体攻撃でありながらP属性付きという意外な高性能武器になっている。
対空機銃
対空ミサイル
ダミー発射管

特殊能力[編集]

搭載

移動タイプ[編集]

ミノフスキークラフトにより、大気圏内を飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)

関連機体[編集]

ラー・カイラム
クラップ級と同時期に建造された地球連邦軍の主力戦艦。クラップ級を大型化したような外見で、基本部分も同一のパーツで設計されている。
ネェル・アーガマ
アーガマの後継艦。『UC』の時代には、クラップ級のパーツを使用してネェル・アーガマの改修が行われている。

余談[編集]