2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

サイガス・エイロニー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
サイガス・エイロニー
登場作品

バンプレストオリジナル

種族 地球人
性別
年齢 中年
所属 地球連邦政府(→クロノ仮会員)
軍階級 准将
デザイン 大籠之仁
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の軍人。連邦軍内でも極度のタカ派として名が通っている筋金入りの地球至上主義者であり、「ティターンズの尻尾」「ロゴスの忘れ物」「地球連邦軍のガン」の通称が付いている。民間の意向を無視した軍事行動を起こしたり、異世界から飛ばされてきたガンバスターを接収しようとしたりと、軍部が中心となって全てを掌握すべきという考えを持っている。その裏ではクロノと秘密裏に接触を図っており、正会員として認められるために暗躍する。

劇中ではリリーナ・ドーリアンなどのハト派を敵軍もろとも抹殺しようとするなど強硬的な行動が多い。また、大統領との対話で極秘裏に決定した「Z-BLUE」の話を聞いては突然現われたり、接触して数時間もしないうちに艦隊を編成してガンバスターを接収に来たりと、まるで事態を先読みしたかのような異常なまでの手際の良さを見せる。

時獄戦役の最終局面で時空修復を行ったZ-BLUEの目の前に現われ、ネオ・ジオンを攻撃。しかし、突如介入したガドライト・メオンサムに乗艦ごと破壊され死亡した。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
NPC。役割としては「嫌味な士官」そのものといった単純明快なキャラクターであるが、自身と対立関係にある人物の暗殺を目論み、(失敗に終わったとはいえ)その罪をテロリストやジオン残党に擦り付ける為に送り込んだ暗殺者を偽装させるなど、卑劣かつ狡猾な行動が目立つ。その一方で、感情的になっては激昂し、負け惜しみを言い放つ場面も多々あり、小者感が漂う。

人間関係[編集]

クロノ
彼らに命令を言い渡されていた。時獄篇41話にて仮会員として組織に迎え入れられるが、「キング」からは俗物と切って捨てられおり、結局は彼らに捨て駒として使い捨てられたに過ぎなかった。
ガドライト・メオンサム
終盤に彼の逆鱗に触れ、艦隊ごと抹殺された。

版権作品との人間関係[編集]

レディ・アンカティ・マネキン
対立関係にある人物。
リリーナ・ドーリアンナナリー・ヴィ・ブリタニア
対立関係にある彼女達をマリーメイア軍諸共謀殺しようとするもZ-BLUEの奮戦により失敗する。
カガリ・ユラ・アスハ
彼女らオーブをジェミニスの襲撃を利用し見殺しにすることで壊滅を企てる。
タカヤノリコ
蒼の地球へ転移してきた彼女とガンバスターを自身の派閥の戦力に組み込もうとするが、自身の強硬な物言いで彼女の信頼を得られるはずもなく拒否される。

名台詞[編集]

「地球連邦軍総司令部はブリュッセルのテロリストに対して本日2200にN2爆雷による攻撃を決定した」
「テロに屈しない事は連邦政府の方針だ。誠に遺憾ながら、ドーリアン外務次官らには平和への犠牲となってもらう」
「地球連邦の貴重な戦力である諸君等を攻撃に巻き込むのは忍びない。死にたくなければブリュッセルには近寄らない事だな」
「通達は以上だ。…いい機会だ。お前達は身の程というものをわきまえるがいい」
時獄篇第21話より。マリーメイア軍を殲滅させるために半ば強引に強硬姿勢を正当化しているが、「身の程」という言葉を付け加えるあたり、彼がどういう人物なのかが分かる場面である。
「苦戦しているようですな、アスハ代表」
「申し訳ございませんが、太平洋支部からの救援到着は予定より遅れそうです」
「勇猛を謳われたオーブ自警団の健闘をお祈り申し上げます」
時獄篇第31話にて、オーブに地球連邦のMSの集団が現れたタイミングでカガリに通信を入れて。この後、太平洋支部が地球至上主義者の息が掛かっていることをキサカから告げられたカガリは、サイガスがオーブの襲撃に一枚噛んでいる事を確信し、憤りを顕にする。
「な、何故だ!?我々はあなたの協力者として、教義を守り、人類のシンカを…」
「そ、そんなぁぁぁぁぁっ!!」
最期の断末魔。Z-BLUEと対峙したところを介入してきたガドライトに売国奴である事を罵られた挙句、「クソ野郎」と罵倒されながら艦隊ごと消し飛ばされてしまった。

余談[編集]

  • 彼のデザインは他のオリジナルキャラと比べて微妙に異なって見えるため、『ガンダムUC』か『ガンダム00』の版権キャラであると勘違いするユーザーが続発した。