フェーダー・ゾーン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
フェーダー・ゾーン
外国語表記 Feder Zone
登場作品 わが青春のアルカディア 無限軌道SSX
声優 古谷徹
デザイン 小松原一男
初登場SRW スーパーロボット大戦T
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
愛称 Mr.ゾーン
種族 地球人
性別
所属 イルミダス軍
役職 技師
テンプレートを表示

フェーダー・ゾーンは『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』の登場人物。

概要[編集]

太陽系連合軍の技師で、艦船の設計・開発を行う眼鏡の青年。通称は「Mr.ゾーン」。かつてキャプテンハーロックに自身が造り上げた艦を手酷く言われ、失脚した過去を持つ。地球が異星人のイルミダスに占領された後は、司令官のアムスに雇用され、黒の帽子とスーツ姿でイルミダス軍に身を置く。技術者としての腕は確かであり、光子戦闘艦などの様々な艦を開発し、アムスの後任となったクルーゲル将軍にも認められたことで、イルミダス第四方面軍の指揮官にまで登り詰める。ハーロックへの恨みを晴らすため、艦隊を動かしてアルカディア号を狙う。

物語中盤、黄金の女神から接触されると、彼女を味方に付けようと企むが、うまくはいかなかった。終盤ではハーロックと共に理想郷アルカディアに招かれ、女神から超エネルギーの「聖ワルキューレの火」を渡されたことに驚喜し、ついに野心を露わにしてイルミダスに反逆する。乗艦を火の力でパワーアップさせると、地球にあるイルミダスの総司令部を破壊。自身を追ってきたアルカディア号とも戦闘に入るが、火の力が弱まってしまったことで敗北、負傷する。最後は艦橋に乗り込んできたハーロックとの会話中に、彼を背後から狙った部下のゲランの銃撃を防いで撃たれ、その場で息を引き取った。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
初登場作品。原作の敵のイルミダスが登場しないため、UNDの傘下に入る。
また、その顛末も変更されており、第50話の最終決戦時にハーロックだけでなくブライトからの説得を受けた事で心境に変化が起き、シナリオエンドデモにて自らの生命と引き換えにカギ爪の男の集団の目論見を阻止して事切れる。彼が同話で使用した聖ワルキューレの火は強化パーツとして入手できるほか、戦闘台詞も同話限りの(火の力に関連した)特別なものとなっている。

パイロットステータス[編集]

本来は技官だけあり、宿敵のハーロックに比して一段下の能力値。

だが、スキルやエースボーナスは高水準であり、それを補って余りあるものとなっている。

精神コマンド[編集]

T
分析先見不屈必中気合
分析と先見を兼ね備えており、彼の知性の高さを印象付ける内容となっている。

特殊スキル[編集]

T
底力L6、反骨心闘争心L3、ガードL3、EセーブL2、気力+(DEF)
反骨心に加え、底力とガードの相乗効果で堅牢な守りを誇る。

エースボーナス[編集]

最終命中率+20%、敵対する軍勢のフェイズ時に与えるダメージ1.3倍
T』で採用。
上記の守りと反撃時のダメージボーナスに加え、こちらでも反骨心が効果を発揮する。迂闊な対応をするとアルカディア号が轟沈しかねないので注意。

人間関係[編集]

キャプテンハーロック
宿敵。アルカディア号の艦長。執拗に彼を追い詰める。
大山トチロー
ハーロックの親友。グランド星で彼の命を狙う。
物野正
アルカディア号乗員の少年。彼を一度誘拐するが、すぐに返した。
レビ
アルカディア号乗員の少女。彼女のおもちゃを修理したことがある。
アムス
イルミダスの司令。ゾーンを軍に雇用するも、後に更迭されてしまう。
ゲラン
イルミダスの副司令。地球人のゾーンを見下す。最終的にゾーンと相撃ちになる。
クルーゲル
アムスの後任の将軍。ゲランをゾーンの部下兼監視役とする。
黄金の女神
理想郷アルカディアの女神。聖ワルキューレの火を託される。

他作品との人間関係[編集]

ブライト・ノア
T』ではハーロックがゾーンの艦を酷評した席に居合わせており、彼も(言葉は選んだものの)ゾーンの設計に反対したため、ハーロックと同じく敵視している。
ルーディー・ピーシーザルト
T』では彼女の招きに応じてUNDと契約した。
イーグル・ビジョン
T』ではUNDにおける部下だが、公然と捨て駒扱いした。

名台詞[編集]

「プレアデス星団か。宇宙的距離で言えば地球からそう遠い所じゃない。馬鹿な奴だ」
第1話。イルミダスの地球総司令部で働いていた頃。アルカディア号発見の報告を聞いて。その独り言を聞いた兵士に蹴られてしまう。
「いかがでしたか司令官。光子戦闘艦の戦いぶりをご覧になったご感想は」
第12話。開発を行った光子戦闘艦でガオス星の超戦闘艦を葬り去る。
「ハーロック、どうやら私の名前を名乗る時が来たようだな」
「私の名前はフェーダー・ゾーンだ」
ハーロック「ゾーン?…ではお前は、あの時の艦!?」
「そうだ。やっと思い出したようだな」
同話より。ハーロックに通信を繋ぎ、自身の正体を告げる。
「覚えているかハーロック。地球惑星連合がイルミダスと戦っている頃、お前は私の造った自慢の最新鋭艦の艦長に任命された」
「ところがお前は、この艦は見てくれだけで乗組員の命を守る配慮が無いと言って、艦を降りてしまった」
「おかげで設計者の私は、ポストを外されて配置転換されてしまった」
「技師としての私の生命は終わったのだ!」
同話より。ハーロックのせいで失脚した件への怒りをぶちまける。
「あの時から私は、いつかお前を見返してやろうと機会を狙ってきた」
「そしてその機会を得るためにイルミダスの下で働くことにしたのだ」
ハーロック「愚か者が…それしきの理由で人間の魂を売るとは!」
「フフフフフ…それだけではない」
ハーロック「ではイルミダスと組んで、宇宙を征服しようとでも言うのか!」
「ハハハハッ!私の野望がそんなちっぽけなものだと思うのか!」
「私にはもっともっと大きな夢がある!その夢を叶えるためにもお前を殺す!覚悟しろ…!」
同話より。ハーロックを葬り去ると宣言して通信を終えた。
「救助船がもう来ていい時間だが…」
第13話。レスト星に取り残されたゾーンだが、この時点で彼はイルミダスに見捨てられていた。
「ハーロックか…貴様に助けて貰おうとは思わん!」
ハーロック「その声はMr.ゾーン!」
同話より。無線基地のロケットで星を脱出しようとするも、事故で打ち上げができなくなるが、黄金の女神に助けられる。
「ところで司令官、私に第四方面軍を預けてもらえませんか」
「イルミダス軍が全滅してもかまわないというのなら、別にいいですがね」
第14話。クルーゲル将軍達に女神の情報を伝え、第四方面軍を寄越せと恫喝する。
ハーロック「どうしてお前がそこに?」
「わけあって艦隊を預けられてな、この方面の指揮を執ることになった」
ハーロック「お前が指揮官に?それで就任の挨拶に来たというわけか」
同話より。ウェーブ星にて対面したハーロックに、出世したことを明かす。
「流石だなハーロック、いずれまた会おう」
第15話。死の海の星でハーロックにしてやられた際に。
「くっそぉ…!なんということだ。一瞬にして17隻も失うとは」
「計られたな、ハーロックに…!」
第16話。異次元トンネルを利用したハーロックの策に敗れる。
「てっきりこの星に奴らの補給基地でもあるのかと思ったが」
「だが面白くなった。アルカディア号が手強いのはあの二人がコンビを組んでいるからだ」
「だとしたら、あいつを葬ればハーロックは片腕をもがれたも同然…!」
第17話。グランド星に取り残されたトチローを発見し、彼の命を狙う。
「いや、私は戦闘では勝ちました。ただ彼らの友情の深さを少々はかり間違えただけだ…それだけのことだ」
第18話。エメラルダスを罠に嵌めるも、トチローの必死の救援で逃げられてしまった。
「あの無法者を倒すにはマイコン惑星こそふさわしい武器。そのためにもマイコン惑星の位置を知りたいのです」
第19話。女神と会話し、ハーロック打倒にマイコン惑星を利用しようと画策する。
「ハーロック達をアルカディアへ!?」
女神「友情、という心の回路が超えられない迷路に火を灯した。私は、ハーロックを星へ迎え入れる」
「待ってください。ハーロックは宇宙の秩序を乱す無法者です!決して、決して心を許してはなりません!」
女神「その言葉を確かめよう。そなたも星へ来なさい」
「いいですとも。喜んで」
第21話。女神に理想郷アルカディアへと招かれて。
「綺麗事を言うな!お前はアルカディアを見つけてそこに自分の国を作り、ひいては宇宙全体の征服を目論むつもりだろう!」 
最終話。女神を前にしてハーロックを罵るものの…。まさに「お前が言うな」である。
「これだぁ!これさえあれば俺の夢は叶うぞ!」
同話より。聖ワルキューレの火を手に入れ、歓喜しながら走って自分の艦へと戻る。
ゲラン「ゾーン!何の真似だ!?」
「今からこの艦の指揮は私が執らせて頂きます」
ゲラン「なっ、何!?…悪い冗談はよせ」
「冗談?とんでもない。私は今までこの機会をずうっと待ち続けてきたのです」
「この聖ワルキューレの火と呼ばれる超粒子の火さえあれば、イルミダスを殲滅し、全宇宙を手に入れることも可能なのですよ」
同話より。同志を集めて艦を制圧し、イルミダス人クルーを拘束して地球へ向かう。
「来たな。聖ワルキューレの火の威力を見せてやる。あの程度の艦隊なぞ、わが一艦の砲撃で十分だ。フフフハハハハ…!」
同話より。イルミダス地球総司令部に降伏勧告を行い、迎撃艦隊を火の力で強化された乗艦で殲滅する。
「くそぉ…全宇宙を支配していつか貴様を俺の前に跪かせてやりたかった…!今となってはそれも空しい夢だな…」
「さあ、撃てハーロック!この命、今更なんの未練もない。早く撃ち殺せ!」
同話より。火の力が弱まり、乗艦は大破。崩壊した艦橋に乗り込んできたハーロックと対面して。
ハーロック「何故死に急ぐ!?お前もそれだけ素晴らしい科学技術を持っているなら、それを地球再建に役立てたらどうだ!」
「何!?本気でそんなことを言ってるのか!?」
ハーロック「そうだ!本気だ!」
「しかし俺は、俺はずっと貴様の命を狙い続けてきた男だぞ」
「何故殺そうとせん…?何故だ!?」
同話より。驚いたことにハーロックはゾーンを許し、手を取り合おうと説得され、流石のゾーンも動揺してしまう。
ハーロック「ゾーン!ゾーン!しっかりしろ!お前は俺を…!」
「やっぱり、俺みたいな奴は…ここまでの人生…ッ!!」
同話より。最期の台詞。ハーロックを狙ったゲランを射殺するが自身も銃撃を受け、ゾーンは事切れた。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ガンダム…!私の手で撃墜してやろう!」
「その名を聞くと胸がざわめくな、ガンダム!」
「ガンダムを扱う腕があるか、試してやる…!」
「ガンダムも随分と種類が増えたものだな!」
ガンダムタイプ特殊戦闘台詞。ガンダムに因縁でもあるのだろうか…。
「勝負だ!アムロ・レイ!」
アムロ・レイの特殊戦闘台詞。同じ声優同士。
「光子戦闘艦は伊達ではない!」
戦闘台詞の一つ。アムロとνガンダムを元にした声優ネタ。
「来るがいい、シャア・アズナブル!私が相手をしてやろう!」
「赤い彗星を海の藻屑にしてやろう!」
シャア・アズナブルの特殊戦闘台詞。特にシャアとの接点は無いが、声優関連と思われる。
「連邦随一の名艦長と呼ばれるブライト大佐が相手か…!」
「ラー・カイラムを沈めれば、少しは私の溜飲も下がるな…!」
「失望したよ、ブライト艦長。この程度とはな」
「ちいっ!やるな、ブライト・ノア!」
ブライト・ノアの特殊戦闘台詞。ブライトを敵視しつつも、認めていることが分かる。
「優れたロボットでも、子供が操縦していてはな…!」
トライダーG7の特殊戦闘台詞。機体は褒めるが、パイロットは蔑む。
「オーラ力か…。面白い研究素材ではあるな」
オーラバトラーの特殊戦闘台詞。技術者として研究熱心といった所か。
「異世界が実在する事を証明する貴重な存在だな…!」
「科学では証明できない力か…!興味深いな!」
レイアース勢の特殊戦闘台詞。異世界の技術に目を付ける。
「地球では見られないコンセプトの兵器だな…!」
ATの特殊戦闘台詞。別銀河の兵器にも知的好奇心が刺激されるらしい。
「マジンガーを力でねじ伏せる!」
マジンガーの特殊戦闘台詞。いや、どう考えても無理だろう…。
「かつての英雄も私の艦には敵わない!」
甲児鉄也竜馬などとの特殊戦闘台詞。その強気な姿勢の変わらなさは褒めるべきか…。
「ネルガルのナデシコか…!格好の踏み台だな!」
「電子の妖精め…!お飾りの艦長ではないようだな!」
ホシノ・ルリの特殊戦闘台詞。ブライト程ではないが、ネルガルもライバル視している模様。
「ハーロック!貴様だけは、この手で倒す!」
「俺を侮辱した事を後悔させてやるぞ、ハーロック!」
「やってくれたな、アルカディア号!キャプテンハーロック!」
「ハーロックめ…!小癪な真似を!」
キャプテンハーロックの特殊戦闘台詞。原作通りの逆恨み節。
「所詮…虚しい夢だったか…」
第50話限定の撃墜台詞。聖ワルキューレの火まで利用しても勝利は掴めなかった。
「だが俺は…つまらんプライドに振り回され、取り返しのつかない事をしてきた…」
「そんな俺でも、最後に地球を救えた…。それで…満足…だ………」
『T』第50話「神の見えざる意思」より。ミハエル・ギャレットが起動した「プリズン・プラネット・デストロイヤー」を聖ワルキューレの火の力で破壊するが、爆発に巻き込まれてその命を落としたゾーン。トチローは彼なりのやり方で罪を償おうとしたんだと語り、ハーロックはその死を惜しんだ。

搭乗機体[編集]

光子戦闘艦
自身が開発した円盤型戦闘艦。
ゾーン艦
イルミダス第四方面軍の旗艦。正式艦名不明。

余談[編集]

  • 小説版での名前は「ゾーン・コレクト」となっている。