イーグル・ビジョン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
イーグル・ビジョン
外国語表記 Eagle Vision
登場作品 魔法騎士レイアース
声優 緒方恵美
デザイン 石田敦子
初登場SRW スーパーロボット大戦T
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 オートザム人
性別
身長 180 cm
髪色 銀色
髪型 センター分けのショート
瞳の色 茶色(原作は金色)
所属 オートザム
役職 最高司令官
好きな物 あまいもの
お茶の時間
昼寝
テンプレートを表示

イーグル・ビジョンは『魔法騎士レイアース』の登場人物

概要[編集]

第二章から登場。オートザム軍の最高司令官にしてオートザム国大統領の令息。

穏やかな物腰の美青年で、誰に対しても丁寧な態度を崩す事はない。少々抜けているところもあり、会議中に眠ってしまったり、何もない場所で躓く事もある。一方で不敵なところもあり、FTOに登場すると冷徹な性格になる。ファイターメカの扱いではオートザム最強で、ランティスと戦うまで敗北した事はなかった。

突如、セフィーロの柱システムの掌握を目論みNSXでセフィーロへ侵攻を始める。その理由は危機に瀕している祖国を救うためであった(原作では環境汚染による滅び、アニメ版では精神エネルギーの枯渇)。

また、不治の病(原作漫画版ででは永久の眠り、アニメ版では吐血)を患っており、自身に残された時間が少ないことも起因している。

獅堂光と共に柱候補の一人となる。

柱システム解明とオートザムの再生方法の共同研究を条件にセフィーロと講和をしてNSXに帰還するが、ランティスがノヴァにより魔神レガリアに囚われたことを知り、吐血しつつも「戦士として戦い抜きたい」としてジェオ・メトロに後を任せてFTOで出撃する。病状悪化に苛まれながら単身戦いつつ、光にランティスへの呼びかけを指示。覚醒したランティスの意識に応じて彼を救出するが、デボネアの攻撃から魔法騎士たちをかばい、ランティスに光を幸せにするよう言い残して戦死した。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
初登場作品。登場が大幅に前倒しされており、原作第一部の時系列にあたる20話で登場し、29話クリア後に仲間になる。
NSXの艦長兼FTOのパイロット。戦艦であるNSXは基本強制出撃の為、のせかえではなくFTOを出撃させるか否かで扱いが変わる仕様となっている
ただし、ダッシュを修得しても、NSXの艦長時には反映されない(FTOのパイロットの時のみ反映される)仕様である。ヒット&アウェイ先制攻撃などの他のスキルは反映される中、ダッシュだけが反映されない。イーグルをFTOで出撃させない場合、ダッシュは死にスキルになるので要注意。
期待といった優秀なサポート精神を習得する他、戦闘面でも勇気を習得するが、どれもSP消費が重いため、SP面を補強してやると良い。
なお、パイロットと艦長を両立している影響で、艦長としては破格の防御/回避を持っている(他作品の3人より初期値が20~30近く高い。ただしジェオには回避は大差を付けて勝っているが防御が僅差で負けている)が、逆に艦長以外のパイロットとしては防御の初期値が最下位となっている(成長タイプの関係でレベルを上げると最下位ではなくなる)ので、FTOはスーパー系としては打たれ弱くなる。
原作では指揮官としても優秀であるとされていたが、本作ではパイロットとして出撃できる関係か、指揮官技能を持っていない。
原作同様に病魔に侵されている素振りは見せるものの、最後まで死亡する事は無い。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

T
加速直感てかげん期待勇気
サポート用、戦闘用共に有用な物が揃っており、艦長としてもパイロットとしても活躍できる。期待以降に習得するものが総じて消費が重いのがネック。

特殊スキル[編集]

T
底力L4、見切りL3、気力限界突破L2、精神耐性
優先度の高い見切りが最初から最大レベルなのはお得。底力はL4と物足りないので補強しておきたいところ。
また、艦長兼任であるが指揮官を持っていない事には注意。指揮官技能は養成できないので必要と感じたのであればコマンダーターミナルに頼るしかない。
追加養成の候補としてはSP関連を優先として下記の理由から見切りの発動を早めるための闘争心や気力+系辺りが候補。

エースボーナス[編集]

T
精神コマンド『分析』が掛かっている相手に対し、与ダメージ1.2倍、最終回避率+20%
全敵に分析とかく乱を掛けるナデシコCの特殊コマンドとの相性が抜群で、使用後に敵陣に突っ込み見切りさえ発動してしまえば、FTOならほぼほぼ攻撃は当たらない。NSXでも意外と避けてくれる事も。
火力面で似たようなエースボーナスを持つアンジェラに劣るが、こちらは最終回避率が上昇するので、向こうがボスへのダメージソース向けなのに対しこちらは雑魚への殲滅に長けていると言えるだろう。

人間関係[編集]

オートザム[編集]

ジェオ・メトロ
NSXの副官であり親友。アニメ版ではランティス救出の際に全権を委譲する。
『T』においてFTO出撃時は彼にNSXの艦長代理を任せており、彼の東京でのお菓子食べ歩きに付き合っている。
ザズ・トルク
FTOの整備を任せている。

セフィーロ[編集]

獅堂光
伝説の魔法騎士。敵対する立場ながら、彼女に深く関わっていくこととなる。原作漫画版では彼女に救われたという思いがある。
『T』においてはセフィーロに戻れるまで目的を棚上げして彼女と共闘する事を決め、NSX内では彼女達とお茶会をしている。
ランティス
かつて彼がオートザムに滞在していた時に友人となる。アニメ版では魔神レガリアに囚われた彼を救出するため、病を押してFTOで出撃し命を落とす。
『T』においてはT3メンバーに彼を紹介した。
龍咲海鳳凰寺風
伝説の魔法騎士達として敬意を払いつつ、FTOで翻弄する。
『T』においてはセフィーロに戻れるまで彼女達と共闘する事を決め、NSX内で彼女達とお茶会をしている。
ザガート
友人の兄。原作ではザガートの死後の第2章登場のため特に面識はないが、『T』では譲れない物を持つ者同士故か特殊戦闘台詞が存在する。

他作品との人間関係[編集]

フェーダー・ゾーン
『T』にて一時共闘するも、すぐに袂を分かった。
トッド・ギネス
『T』ボーナスシナリオにおいて彼との会話があるが、その様子は非常にコミカルなものとなっている。
ソルダートJレイ・ラングレン雷張ジョー
『T』においては流れ者同士(トッド曰く「外様」)といった間柄である。のちに彼らはトッドから「自分の立場を認めて貰う為」と銘打つ形で共闘を持ち掛けられることとなる。

名台詞[編集]

「FTO…GO!」
FTO出撃時の台詞。囁くような言い方が特徴。スパロボでも実装されており、当時と比べて洗練されている声となっている。
「そうですねぇ。あなた方から見れば僕達オートザムの人間は、侵略者以外の何者でもないでしょう」
第23話より。セフィーロに侵攻するつもりかと問う光に不敵に答え、攻撃する。
「……理由がわかる『好き』なんて、本当の好きじゃないですよ」
第46話より。この言葉は、自身の気持ちに葛藤する光にとって大きな天啓となっていく。
「光!ランティスの名を呼んで下さい!あなたなら目覚めさせる事ができる。このままではあなたの好きな人達がみんな死ぬことになります!」
第48話より。レガリアにランティスが囚われている為、迂闊に手が出せない光に、彼の名を呼ぶよう提案する。
「お断りします!貴方が死ねば光が悲しみます。光なら愛する人と幸せになれる道を選べるはずです」
同話。ランティスにテレパシーで自分ごとレガリアを攻撃するよう交信を受けて。死をも厭わない攻撃の指示だと思った為、こう反論した。
「わかりました。FTO…GO!!」
同話。その直後に、ランティスから「誰が死ぬと言った!?俺はザガートとは違う。愛する人と死ぬ未来など選ばない!」と言われて。この直後に、イーグルは吐血しながらFTOを突進させる。この時の台詞は、今までと違う気迫のこもった台詞である。それと同時に、ランティスも魔法を放ち、レガリアから脱出した。
「ランティス・・・光を幸せにしてあげて下さい」
最期の台詞。

搭乗機体[編集]

NSX
指揮を取る巨大戦艦。
FTO
専用のファイターメカ。

余談[編集]

  • 名前の由来はクライスラー社が1993年から1997年まで生産していた「イーグル・ビジョン」から。
  • イーグル役の緒方恵美氏はエメロード姫も演じている。
    • その縁からか、OVAでのイーグルはエメロードの弟という設定になっている。
  • 原作漫画版では光と共に時間の静止した東京へ飛ばされ、新たな柱選定のための一騎打ちをするが、柱はセフィーロだけを想わねばならないのに対し、オートザムのことも想っていた彼は柱となれずにそのまま消滅しかける。しかし、エメロード姫のような自己犠牲による悲劇を繰り返すまいとした魔法騎士たちとランティスの必死の祈りを受け取った創造主が道を開いたことで、セフィーロへと帰還した。その後は予定通り長い眠りについたが、光の「願い」の力で徐々に快方に向かっており、テレパシーで会話も可能だった。また、アニメ版とは違い、原作では、セフィーロ侵攻の理由は、『ランティスを柱制度破壊の犠牲としないため、セフィーロの人々を隣国に移住させたうえで、柱となった自分がセフィーロと共に眠りに就く(ことで、柱制度と魔法騎士の伝説を終わらせる)』ためであった。